「当ブログはアフィリエイト広告を利用しています」

Googleアドセンス収益「月10万円」を目指すガイド!広告戦略からサイト最適化まで解説

Googleアドセンスで、月10万円稼ぐのは大変なのでしょうか?

アドセンスで月10万円は、夢のような目標と感じますよね。

そんな悩みをお持ちの方も少なくありません。

Googleアドセンス収益10万円を達成するための、広告戦略からサイト最適化まで詳しく解説します。

「PR」

Googleアドセンスで月10万円稼ぐのは難しい?

Googleアドセンスには、最初に収益の「2つの壁」があります。

  1. 収益8,000円の壁
  2. 収益10,000円の壁

Googleアドセンスを初めて運営する初心者が、8,000円のカベを超えるのは難しいといえます。

なぜ8,000円が一つ目の壁なのでしょうか?

理由は、アドセンス収益が8,000円を超えると、指定の口座に振り込まれるためです。

つまり、なかなか8,000円まで収益が到達しないので、一般的にに8,000円の壁と言います。

8,000円の壁を越えるには、2年以上かかる方もいます。

もう一つの壁は、月10,000円の収益を得る壁です。

8,000円の壁を超えることができると、次は月1万円を超える目標ができます。

理由は、特に無いのですが、1万円を超えるとモチベーションが違います。

5桁の収入は、10,000円~99,999円まで、幅広い世界です。

その入口に到達したいというのが、本音ではないでしょうか。

これが、なかなか難しい、と言われています。

しかし、月1万円の壁を越えると、そのあとは意外と収益が増えることが分かっています。

3万円、5万円、そして10万円を目指すのは、決して無理なことではありません。

どうしたら、10万円を達成できるのか、そのノウハウを当記事では、詳しく解説しますので、がんばって読んでください!

今回は10万円の壁について説明するのですが、もし、1万円の壁を乗り越える方法を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。8,000円の壁と、10,000円の壁を乗り越えるには、どんなコツがあるのか知ることができます。

2024年に変更されたGoogleアドセンスの収益の仕組み

それには、Googleアドセンスの仕組みを、もう一度確認しておきましょう!

今までのアドセンスは、以下のように「クリック型報酬」を採用していました。

(旧方式)
Googleアドセンスはブログやwebサイトに広告を表示して、ユーザーがその広告をクリックするとサイト運営者が報酬を得ることができるプログラムです。

ところが、2024年2月から、クリック型収益から、インプレッション型に、大きな変更をしました。

この変更について、詳しい記事を書きましたので、参考にしてください。

これにより、ユーザーはアドセンス広告をクリックしてくれなくても、広告が表示されただけで収益が発生する仕組みになりました。

そのため、それまでの常識を変える影響も確認しています。

たとえば、アドセンスでは収益が出ないと言われてきた技術ブログが、今回の変更により、収益が大きく増加しています。

詳しくは、以下の記事で説明していますので、よかったらご覧ください。

2024年2月から、アドセンスは広告の収益がインプレッション型になった。

この大変更により、これまでのクリック数を基にした、収益を上げるノウハウは、ここで大きくかわることになります。

しかし、記事に自動で表示されるアドセンス広告は、今まで通り表示されます。

自分が作成したコンテンツに関連性の高い広告が表示されたり、あるいはユーザーの興味にマッチした広告を表示されて収益を上げることができる仕組みです。

収益が発生する仕組みは、企業(広告主)がGoogleに広告を出稿し、審査を経てサイト運営者のサイトに表示されます。

その広告が表示されると、広告主が設定した広告料金の一部が、ウェブサイト運営者に支払われます。

Googleアドセンス収益「月10万円の壁」を超えるために

Googleアドセンスを活用して収益を上げるために重要なことがあります。

それはユーザーのニーズを、徹底して理解することが重要なポイントです。

つまりユーザーが、どんな情報やコンテンツを求めているのか、をしっかり把握すること。

この一点がずれていると、Googleアドセンスの収益は難しくなります。

理由は、Googleアドセンスの収益の基盤となるPV数が、アップしないからです。

PV数と相関関係にあるアドセンス収益だから、クリック型でもインプレッション型でも、やはりPV数は重要です。

ユーザーのニーズに応えるような、良質のコンテンツを提供することにあります。

そのためには、キーワードの選定とユーザーの検索意図を分析することが重要となります。

もちろん、市場調査は不可欠であり、さらに専門知識や調査力を身につけることが必須です。

ユーザーが満足するようなコンテンツを提供することにより、Googleアドセンスを通じて収益を上げることができます。

そのための、記事を作成するには、ある程度のスキルが必要です。

10万円の収益を上げるための、記事の書き方を紹介していますので、参考にしてみてください。

アドセンスの収益計算について

具体的に収益はどのようなことになるのでしょうか?

2024年2月には、その変化がでています。

こうした進化の一環として Google AdSense は、来週初旬に、収益分配の構造を更新します。料金を購入側と販売側に分けて設定し、すべての広告枠についてインプレッションごとにお支払いを行ないます。出典:GoogleAdSenseからのメール 2023/11/08 5:15

Googleアドセンスは、Webサイトに配置して広告がクリックされると収益が発生する「クリック単価型」で支払う収益分配方法でした。

つまり、今まではアドセンスの広告が表示されても、クリックされないと収益が得られませんでした。

しかし、2024年2月からはクリック型から「インプレッション型」による収益支払いに更新されています。

つまり、「広告が表示されると報酬が発生する」ことに変更されました。

更新されたのを確認したは2024年2月29日で、クリック単価からインプレッションにほぼ変わりました。

「インプレッション収益」という指標をご覧になっていると思います。

アドセンスのパブリッシャー側での意味は、「広告1,000回表示に対する収益見込み」として、CPM(Cost Per Miles)という指標を用いて計算します。

結果として、Googleアドセンスを利用しているブログでは、広告が表示されるごとに収益が発生するように変更されます。

つまり、広告表示回数が多いと収益も増えるということです。

しかし、これには注意が必要です。広告表示回数を増やすために記事を書くと、本来のGoogleの意図に反することから、サイト評価を下げかねません。

これについては、2024年3月に行われた「Googleコアアップデート」で、詳しく述べられています。

参考に、記事を作成したので、よかったらご覧ください。

さらに、Googleでは、スパム的なコンテンツを識別するスパムポリシーもアップデートしました。

それまで、トラフィックを集めるためのスパム的なコンテンツ作成は、評価をおとすことになります。

参考に、以下の記事を紹介します。

スパムアップデートも知っておきたい知識です。

アドセンス収益月10万円を目指す広告戦略

Googleアドセンスを利用して月10万円を稼ぐためには、最新のアドセンス広告を知ることが重要です。

すでにGoogleアドセンスを活用している方を対象に、記事を書いています。

なので、Googleアドセンスの広告の基礎知識を、ある程度持っていることを前提にします。

アドセンス広告で、新しいポイントは次の5つです。

  • 自動広告の進化
  • 広告最適化テスト
  • アンカー広告の進化
  • 全面広告「Vignette ads」
  • 広告インテント

自動広告の進化

アドセンスの自動広告は、サイトデザインをくずしたり、意図しないエリアに広告が表示されたり、敬遠する方も少なくありませんでした。

実は、ぼくもその一人で、3年以上「手動広告」だけでアドセンスを運用してきました。

ところが、2024年になり、久しぶりの自動広告を利用したら、収益がバク上がりという経験をしました。

推測ですが、GoogleアドセンスのAIの進化ではないかと、思っています。

なので、アドセンスで10万円の収益を目指すなら、自動広告を利用することを、おすすめします。

尚、自動広告の効果については、以下の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

広告最適化テスト

Googleアドセンスには、広告の収益が最適かどうかをテストする「広告最適化テスト」があります。

これは、自分が現在配置しているアドセンス広告から得られる収益と、アドセンスが自動広告をかぶせて利用したパターンと比較して、収益が95%の確率で多くなる方をAIがテストして選んでくれます。

実は、ぼくがこの方法を試したら、3月の収益が「42%」もアップしたことを経験しました。

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

アンカー広告の進化

公開した記事の上部、あるいは、下部に、自動で表示される「アンカー広告」があります。

自動広告のひとつで、新しいタイプの広告です。

この広告は、邪魔にならないように進化しているようで、実際に運用してみたら、ユーザーが閲覧する回数が多いことに気付きました。

その結果、アンカー広告の収益は、広告全体の20%以上を底上げする効果を得ています。

アンカー広告は、それまでのイメージとは違うし、ユーザーも慣れてきたことが効果を押し上げていると推測しています。

アンカー広告については、以下の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

全面広告「Vignette ads」

アドセンスの自動広告のひとつ「全面広告」で、「Vignette ads」といいます。

サイトを閲覧する時、ページをまたぐ合間に、画面全体に広告が表示される仕組みです。

これは、実際にテストしてみましたが、効果がいまいちでした。

理由は、全面広告が表示されると、完全に記事の閲覧をストップさせ、ユーザーに表示を消す作業をさせることになり、手間を取らせる結果となるため。

ぼくは、全面広告で効果があるのは、特化ブログではなく、雑記ブログでしたので、そちらだけで利用しています。

全面広告の効果について、詳細を以下の記事にまとめましたので、ご覧ください。

広告インテント

広告インテントは、2024年4月に公開された、新しい自動広告です。

記事に中に、アドセンス広告に関連するテキストがあると、その部分がアンカーリンクに自動で変わる仕組み。

そのアンカーリンクを、閲覧者がクリックすると、関連情報とともに広告が表示されます。

その広告を閲覧者がクリックすると、広告収益になり仕組みです。

詳細を以下の記事にまとめていますので、ご覧ください。

10万円を目指すには、自動広告の最適化がおすすめ

これらの新しい広告ツールを活用して、効果的なアドセンス広告を配置することで、より高い収益を得ることが可能になります。

アドセンスで収益10万円を目指すには、Googleアドセンスの自動広告と広告最適化テストを利用して、サイトから最大減の収益を発生することが重要なポイントとなります。

アドセンス収益に向けたサイトの最適化

Googleアドセンスを、最適に活用するためには、広告の配置とサイトのデザイン最適化が重要です。

最適化とは、Googleアドセンスの広告から、最大の収益を上げるサイトにする方法です。

まず、Googleアドセンスのターゲット広告と自分のコンテンツと関連性を知ることは大切です。

ユーザーの興味関心に、マッチした広告が表示されることで、広告表示回数が増え、その結果、収益の向上が期待できるからです。

つまりユーザーが検索で見つけたコンテンツに、関連性のあるターゲット広告が表示されること、あるいはユーザーの興味にマッチした広告が表示されること。

これは、Googleアドセンス側が、AIを使ってマッチングさせるため、こちらで選ぶことは困難といえます。

できることは、「ユーザーの検索意図に応えるコンテンツ」を提供することにつきます。

Googleの検索意図とランキングシステムとは?

検索意図「intent」について、詳しく解説していますので、以下の記事をご覧ください。

検索意図については、Googleのランキングシステムでも、そのことを公開しています。

Googleのランキングシステムを知ることで、アドセンスの収益と直結する知識なので、ぜひ学んでほしい内容です。

以下の記事にまとめているので、ぜひご覧ください。

次に、広告の配置とデザインの最適化です。

広告を配置する際には、読者の注意を引きやすい場所に設置することが効果的です。

一般的には、記事の上部やサイドバーなどがよく利用されます。

広告配置の場所を選定するのは、自動広告ではAIがテストを繰り返し筒、最適な場所を見つけてくれます。

一方、自分で試行錯誤して、新しい発見をすることを望むのも、ありだと言えます。

理由は、人間にしか感じられない、広告の感性があるから、AIが発見できない場所もあるかもしれません。

実際に、ぼくが配置していて、自動広告と併用して使っていて、効果を上げています。

参考に以下の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

上記のポイントを抑えながら、アドセンスを最適に活用して収益を向上させましょう。

品質の高いコンテンツを作る

今回のGoogleコアアップデートでは、コンテンツの品質を重視しています。

低品質のコンテンツは、検索ランキングが圏外に飛ぶこともあります。

事実、ぼくのアフィリエイトサイトでは、それまで高順位だった記事が、一気に90位~圏外へと消えました。

理由は、ASPアフィリエイト記事が多く、内容が伴っていなかったからだと推測します。

そのため、アドセンスは商品を売るASPアフィリエイト記事とは、違うため、高品質の記事を作ることが可能です。広告に左右されないのがメリットです。

そのため、低品質な記事をリライトするか、あるいは非表示、下書きにして、サイト全体の評価を上げる必要があります。

低品質の記事を整理することは、重要で、Googleが公開している説明でも確認できます。

参考に、記事を削除することについて書いた記事を紹介しますので、ご覧ください。

Googleアドセンスの長期的な戦略を解説

Googleアドセンスを利用して収益10万円を目指すためには、単に広告収入だけに頼るのではなく、複数の収益源を活用することが重要です。

例えばGoogleアドセを利用する複数のブログを運営することで、1つのブログの収益が低くても複数の収益を合わせて増やすことができます。

次の記事では、実際に複数のブログでGoogleアドセンスを運用した収益について紹介しています。

例えば、アフィリエイトなどの他の広告プラットフォームを組み合わせることで、より多くの収益を得ることができるようになります。

次の記事では、GoogleアドセンスとASPアフィリエイトを組み合わせて、収益を増やす仕組みを紹介しています。

さらに、SEO対策やアクセス解析のスキルを学び活用することで、より効果的なコンテンツを提供し、アクセス数を増やすことができます。

具体的なSEO対策としては、適切なキーワードの使用やメタタグの最適化、内部リンクの設定などがあります。

アクセス解析では訪問者の動向や傾向を把握することができ、コンテンツの改善による最適化に役立ちます。

Googleアドセンスで長期的な収益を上げるためには地道な努力が必要ですが、これらの戦略を活用することで、より大きな成果を得ることが期待できます。

Googleコアアップデートに強いアドセンスサイト

2024年3月のGoogleコアアップデートで、トラフィックを失った方は、少なくありません。

Googleコアアップデートで、品質の低いコンテンツが、40%は消えるとも、公開している、今回の大きなアップデート。

しかし、ASPアフィリエイト記事とは違い、アドセンスのコンテンツは、人のために役立つ記事を書くことで、アクセスを上げていることから、今回のコアアップデートの影響は受けていません。

むしろ、収益がアップしているほどです。

アドセンスで月10万円の収益を目指すなら、ユーザーファーストのコンテンツを作成することを、おすすめします。

必ず、10万円の壁はクリアできるはずです!

頑張ってチャレンジしましょう。

Googleアドセンスで月10万円を目指す(まとめ)

Googleアドセンスの収益が、月10万円を超えるための方法を解説しました。

アドセンスで、月10万円は、夢のような目標ではないでしょうか。

しかし、Googleが公開しているコンテンツのポリシーに準ずれは、可能性があります。

Googleアドセンスは、ユーザーの検索意図に基づいた良質のコンテンツを作ることが大切です。

この基本をマスターして、月10万円の収益を目指してください。

「PR」
アドセンス収益
この記事を書いた人
NAO@naoテック

このサイトの運営者NAOと申します!ブログ歴2006年から18年目、ブログ、WordPress、Googleアドセンス、アフィリエイトのノウハウを提供するWebサイト『naoテック』の運営者。これまでの豊富な経験と積み重ねた実践的なノウハウで分かりやすく解説します!初級システムアドミニストレータ。

NAO@naoテックをフォローする
アドセンスとブログを快適に!

当ブログでは、Googleアドセンスをメインに記事を作成しています。アドセンスの広告、収益、コンテンツなどのスキルアップを目指しています。また、アドセンスを運用するブログのWindows、セキュリティ、サイト最適化、SEOについてもノウハウを書き留めています。ぜひ、皆様のお役に立てていただければと思います。

NAO@naoテックをフォローする
★ブログランキング参加中!
タイトルとURLをコピーしました