アドセンスの始め方を解説!仕組み・収益の目安・稼ぐ方法

この記事は約12分で読めます。

アドセンス(Google AdSense)をこれから始める方に分かりやすく解説します。

この記事では

  • Googleアドセンスとは?
  • Googleアドセンスの始め方
  • Googleアドセンスの広告と収益

を知ることができます。

アドセンスを始めて実際に収益を上げるまでの流れが理解できます。

スポンサーリンク

Googleアドセンスとは?

はじめにGoogleアドセンスの仕組み、収益の目安、稼ぐまでの流れを解説します。

アドセンスの仕組み

アドセンスとは通常「Google AdSense」のことをそう呼んでいます。

A8.net、Amazon、楽天市場など様々なアフィリエイト事業者がありますが、アドセンスはGoogleが提供している唯一の仕組みです。

アフィリエイトでは商品が購入されて初めて報酬が発生しますが、アドセンスはサイトを訪れた人が、そこに表示された「広告をクリックすると収益が発生する」仕組みです。

広告が訪問者にクリックされただけで報酬が発生します。つまり表示された広告の商品が購入されたかされないかは関係なく報酬が発生します。

このような仕組みから、Googleアドセンスは「クリック報酬型広告」と呼ばれています。

初心者でも簡単に収益化できることから、ハードルが低いといわれているのが特徴です。

Googleアドセンスの広告は、全て自動的にGoogleアドセンスが配信するので、自分で広告を決めることはできません。

表示される広告は、記事の内容や訪問者の過去の閲覧履歴をもとに自動的に選ばれて表示されます。

収益を左右するものに「広告のクリック単価」があります。このクリック単価は一定ではなく、安い単価から高い単価まで幅広くあります。

記事内容によって、クリック単価は安い広告が出たり、逆にクリック単価の高い広告が表示されたりと、その時々の条件により変化します。

突然、高額なクリックが入り収益が一気にアップすることも珍しくありません。

Googleアドセンスを使う場合、広告の種類・大きさ、広告の手動配置、広告の自動配置、などをどう選んで組み合わせるかが、サイト運営者の腕の見せ所です。

アドセンスは訪問者にクリックされないと報酬が発生しないため、いかにクリックしてもらえるかが収益を左右します。訪問者の動線や途中でクリックしたい場所に広告を配置するようなスキルも大切になってきます。

アドセンスの収益の目安

Googleアドセンスの収益は、PV数に比例して増加することから予測することができます。

その指標となるのが「CTR」「CPC」です。

CTRとは「 Click Through Rate 」の略で、その意味は訪問者が表示されたアドセンス広告をクリックする率です。

一般的には1.0〜2.5%程度といわれています。

CPCとは「 Click Per Cost 」の略で、Googleアドセンス広告が1クリックされたときの収益です。

CPCは平均すると10~30円程度になります。安い時には数円だったり、高い広告では数百円の時もあります。

このことからアドセンスの収益はPVに依存していると言えます。

収益の目安は次の通り計算できます。

収益 = PV × CTR × CPC

例えは、1,000PVでCTRが1.5%、CPCが15円とします。

収益 = 1,000PV × 1.5% × 15円 なので、225円です。

PV数と収益の目安を表示してみました。

PV数に対するアドセンス収益
 PV数収益の目安
1,000100円~700円
5,000500円~3,500円
10,0001,000円~7,000円
100,0001万円~5万円
500,0005万円~30万円
1,000,00010万円~50万円

初心者が作ったブログだと、PV数は1日に100~300ほどではないでしょうか?

月に3,000~10,000PVだと、アドセンス収益は2,000円~5,000円程度だと思います。

10,000PVだと1日に約300PVをですね。例えばアフィリエイトA8.netなどでウォーターサーバーが1台売れると4,000円~14,000円の報酬になるのて、アドセンスは高い報酬とは言えません。

しかし、10,000PVを超えると安定してくるので毎月5,000円前後が収益となれば、とてもたすかります。

ジャンルの違うサイトを3つ、4つと作って、それぞれから収益がでれば合計すると結構な収入にもなります。管理が面倒になりますが、そんな方法もあります。

また、高額なジャンルへの記事を投稿すると、1クリックが高額になるので専門知識があればそのようなジャンルへのチャレンジすることで収益をアップすることも可能です。

アドセンスの弱点は、初心者にはずっと先になるのですが、100,000PVあっても1~5万円、100万PVあったとしても10万円~50万円と収益の増加は頭打ちに近くなります。

10万PVを超え始めたら、アドセンスからアフィリエイトへの転換を図るのもありです。

アドセンスで稼ぐまでの流れ

アドセンスで稼ぐまでの流れは次の通りです。

  1. アドセンス用にブログを作る
  2. 記事を書く
  3. アドセンスに登録する
  4. アドセンスの審査を受ける
  5. 審査合格したら広告を配置する
  6. 収益が1,000円を超えたら振込口座を登録
  7. 収益が累計8,000円になったら振り込まれる

初めにアドセンスで使うブログのサイトを作ります。フリーのブログでは、後々PVが伸び悩むため、ドメインを取得してレンタルサーバーを借りてブログを運営することをおすすめします。

つぎに、Googleアドセンスの登録をします。Googleのアカウントを持っていればすぐに作れます。

そして、ある程度ブログの記事(10~20本程度)が書けたら、アドセンスの審査をリクエストします。

アドセンスの審査合格となったら、、ブログにアドセンス広告を配置していよいよスタートです。

この時点で「アドセンス狩り」などに会わないように、対策をしておきましょう。初心者のブログが狙われることが多いので是非対策を施しておきましょう。

ブログに広告が表示されると、ポツポツと収益が出てきます。

そして、1,000円になるとGoogleアドセンスから収益の振込口座の案内が来ます。銀行口座の登録をします。2019年の記事ですが、流れは変わらないので参考にご覧ください。

振込先の登録が完了して、その後収益の累計が8,000円を超えると指定した口座に振り込まれます。

どのように振り込まれるのかは、以下の記事を参考にしてください。

では、具体的にGoogleアドセンスの始め方を解説します。

Googleアドセンスの始め方

Googleアドセンスで収益を上げるためのブログとはどんな仕組みなのでしょうか?

また、Googleアドセンスには審査がありますが、どの様に審査されるのでしょうか?

ブログの設計手順、Googleアドセンスの登録、アドセンスの審査について解説します。

アドセンスのブログを作る

Googleアドセンスで収益を上げるブログの作り方があります。アドセンスで収益を長期間にわたって上げていくには、それに特化したブログの設計が大切です。

どんどんブログの記事を書いていくのは大切なことです。100記事まではひたすら記事を書け!などと言われていいます。それはそれで、記事を書く練習になり、ライティングのスキルもアップします。

ぼくも現在3年間で2,500記事になりますが、最初と現在とではかなり書き方が違います。アドセンスやアフィリエイト向けのライティングが出来るようになります。

アドセンスで重要なのは、記事(コンテンツ)の内容です。トレンド記事はすぐに効果が出るのでとっつきやすいのです。

しかし、記事の鮮度が落ちると一気にPV数が減少して、1カ月も過ぎるとPVが無くなることもありっます。

アドセンスで稼ぐには、放置しても記事の鮮度が落ちない記事にすることです。

例えば、「グルメ最新情報!タピオカのおいいしお店」という記事を書いたとします。あれからブームが去って、現在は別のスウィーツが人気ですよね!

それよりも「最新グルメの探し方」という記事なら、お店が変わっても、スウィーツが変化しても、どのように探したらいいのか方法を書いているので、時間が経過しても検索されるのです。

アドセンスは、このように何年経っても検索される記事の積み重ねで、収益も安定して継続して増えていくのです。

なのでアドセンスで収益を安定して増やすには、アドセンス用の記事を書くスキルが要求されるのです。

アドセンスに登録する準備

Googleアドセンスを利用するためにサイト情報を初期登録します。

そして、アドセンスの審査が通過すればいよいよスタートとなります。

アドセンスの初期登録する時に必要な情報ですので、準備をしてください。

  • サイト(ブログ)のURL:注意参照!
  • メールアドレス:gmailのアドレス
  • 名前
  • 住所
  • 電話番号:スマホでも固定電話でもOK

注意!サイト(ブログ)のURLについて

アドセンスでは「無料ブログのドメイン」や「レンタルサーバーの初期設定のURL(サブドメイン)」での申請は、ほぼできません。

申請の裏ワザもありますが、やはり正攻法で行っておきましょう!

Googleアドセンスを利用するためには「独自ドメイン」が必須条件です。

簡単に取得できますので、実績があり初心者でも安心な「お名前.com 」で独自ドメインを取得しておきましょう。

もし、レンタルサーバーを新たに契約する場合は、ドメインとセットで申し込めるので、面倒な設定の必要がありません。

ネームサーバーの設定等詳しいことに不安な場合は、セット申込みをおすすめします。

レンタルサーバーでちょっと高めですが、サポートが抜群なのが「エックスサーバー 」です。

何度か設定で分からないことがあり、夜遅くでしたが何度も解決するまで助けてくれました。サーバーの設定は自分でやることが多いので、エックスサーバーのサポートは助かりました。

1カ月毎に支払っているのですが、月1,100円(税込)なのでサポートを考慮すると安いです。分からなくて壺にハマったら、素人には難しいです。

アドセンスの初期登録

Googleアドセンスの公式ホームページの「ご利用開始」のボタンをクリックします。

アドセンスの公式サイト

Googleアドセンスの申し込み画面から

  • 広告を掲載したいサイトのURL
  • GoogleアカウントのGmailのメールアドレス

を入力し「保存して次へ」クリックして進みます。

つぎに

  • 国または地域を選択:「日本」を選択
  • 利用規約を確認し同意のチェックボックスを有効
  • アカウントを作成をクリック

つぎに

  • 設定画面から
  • 名前、住所、電話番号を入力
  • 送信をクリック

つぎに、審査用のコードをブログに貼り付けます。

  • 表示されたGoogleアドセンスのコードを確認。
  • AdSenseコードをコピーして、ブログのヘッダー部分に貼り付ける。
WordPressの場合
管理画面の「外観」 →「テーマ編集」の中にある「header.php」を開き、ヘッダーの中から<head> 〜 </head>タグを見つけて、その間にコードを貼り付けて保存します。

header.phpのファイルを書き換えるので、初心者の場合ちょっと不安ですよね。

でも、一つずつゆっくりと落ち着いて、進めれば大丈夫です!とってもドキドキする作業です。

この一連の作業の方法は、最新の記事を見ながら進めるのも良いです。細かく説明が掲載されているので、ググってみてください。

WordPressの無料テーマ「Cocoon」をインストールして使うと、とっても簡単にできてしまします。

  • 最後に、Googleアドセンスのページに戻る。
  • 「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れる。
  • 完了ボタンを押す

これでアドセンスの審査が開始されます。

アドセンスの審査を受ける

Googleアドセンスの審査は年々、厳しくなっています。

最近は「何回も審査が通過しない」などの事例も少なくありません。

ブログのテーマをはじめ、コンテンツの内容が審査の基準に合致しているかなど審査対象となります。

  • 未完成のブログでは審査を通過することはできません。
  • 1記事の文字数:2,000〜3,000字程度が目安。
  • 記事は20本程度を公開している。

審査をリクエスト(申請)する時の目安として臨みましょう。コンテンツ量が少なかったり、記事の本数が不足している場合は審査に通過しないことがあります。

審査が通過しなかった場合

Googleアドセンスの審査は、合格するまで何回でもリクエスト(申請)ができます。

通過しなかった場合は、原因をチェックして不合格になったと思われる個所をポリシーも参考にして修正して再度挑戦しましょう!

審査にかかる時間はおよそ3日程度です。

Googleアドセンスの広告と収益

Googleアドセンスの審査を通過すると、次は広告をブログに掲載していよいよ収益を上げていくことになります。

実際にはどのように収益を上げていくのかを解説します。

アドセンス広告の種類

アドセンスには、自動広告と広告ユニットを手動で配置する方法があります。

自動広告は、アドセンスコードを一つブログに張っておくと、広告を全て自動で掲載してくれます。

さらに、効果的な場所をAIがデータから割り出して、決めてくれるので楽です。ただし、AIが決めるので、たまに「こんなところに出したくない!」ということもあります。その場合は、調整が可能です。

自動広告の管理画面
自動広告の管理画面

自分で効果のある所に手動で広告を配置することが可能です。

広告ユニットが以下の通り用意されています。それぞれ特徴があり、その特徴を生かした場所に自分で配置することができます。

実際には、どこ画効果的なのか試行錯誤しながら広告を配置して収益を上げることができます。

広告ユニット

ブログに広告を出す

アドセンスで収益を上げるブログに、広告コードを貼り付けます。

すると、読者は記事を見て興味があれば、クリックして広告を見てくれます。

この段階でクリックの報酬がカウントされます。日々、どのように収益がでているのかGoogleアドセンスの管理画面から確認することができます。

アドセンスの収益に、一喜一憂する日々がスタートするのです。

これはかなりモチベーションがアップするので、日々の楽しみにもなります。

アドセンスの収益が振り込まれる

アドセンスでは、収益の累計が8,000円になると、登録した口座に自動的に振り込まれます。

初めて振り込まれるまでには、ブログを開設してから半年~1年はかかると思います。

もちろんPVが相当あれば、別ですが、新規にドメインを取得してレンタルサーバーを借りて、アドセンスの審査合格してからだと、おそらくそれくらいはかかるでしょう。

しかし、その後はどんどん収益がアップしていくので、それはすごいことです!

まとめ

ここまで「アドセンスの始め方を解説!仕組み・収益の目安・稼ぐ方法」について紹介しました。

アドセンスで収益を上げるには、読者に有益な記事(コンテンツ)を作って公開することが大切です。

日記形式でアドセンスの収益を上げるには、相当な数のファンが欲しいですね!

でも、検索から調べてくる読者はとっても多いので、その差は歴然としてきます。

ぜひ、アドセンスで稼いでみてはいかがでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました