アドセンス審査に通るブログ記事の「5つの極意」とは?

アフィリエイト
この記事は約5分で読めます。

Googleアドセンスを始めるには審査に通過しなければなりません。

審査に合格するには、ブログの作り方を5つのポイントに基づいて記事を書くことが重要です。

それを外すと審査に通過しないことになる可能性がありますので詳しく説明します。

アドセンスのポリシーにマッチしたブログであれば、約2時間でも合格が可能です。

アドセンスに3つのブログが審査を通過しましたが、最後の1つは本当に2時間で結果をもらいました。

スポンサーリンク

2019年7月8日 審査通過したブログの概要

はじめにお手本ともいえるブログを紹介します。

2時間で合格する裏には、失敗がたくさんありました。

その失敗から学んだ5つのポイントをしっかりと生かしてブログを申請したら2時間で合格をもらうことができたのです。

審査の申請するときまでに書いた記事数

記事数:23記事、文字数:52,534字 1記事平均:2284文字

ブログ開設:2019年6月25日
申請日:2019年7月8日 午後3時 ブログ開設から12日目で申請。
審査通過:2019年7月8日 午後4時54分

内容:IT系の記事
   アフィリエイトのリンクは無し
   キャプチャーはるが、写真は無し
   IT系なので基本はテキストでのコンテンツが殆ど。

不合格だったブログから合格の極意を学ぶ。

Googleアドセンスの審査に通るために不合格だったひとつ前のブログから、合格に必要な需要項目を学びました

Googleアドセンスポリシーが基本です。

はじめに外せない項目を確認しましょう。

Googleアドセンスで収益を上げていく場合には、順守する約束があります。

それをまとめた内容が「プログラムポリシーガイドブック」として発表されていますので紹介します。

ポリシー7箇条

以下がGoogleアドセンスのプログラムポリシー7箇条です。

審査通過後の運用上のポリシー「プログラムポリシー7箇条」を参考にすれば、合格を勝ち取れると考えました。

以下の通りです。読んでみましょう。


1.自分が広告主だったら?という立場でコンテンツを見直してみましょう。
※ユーザーに有益なコンテンツを提供することが収益化のカギです。

2.自分で広告をクリックしたり人に依頼するのは絶対にやめましょう。 
※不正なクリックやトラフィックが見受けられますとアカウント無効の措置が取られる場合があります。

3.訪れたユーザーが快適にサイトを閲覧できるレイアウトを意識しましょう。
※クリックを誘導したり興味関心に基づかないクリックが発生するサイト構成はユーザー離れにつながります。

4.子供が見ても問題のないコンテンツか、見直してみましょう。 
※成人向けかどうかはサイト全体のバランスで判断されます。

5.登録時のメールアドレスはいつも受信できるようにしましょう。
※収益化に関するご案内の他、ポリシーチームから連絡がある場合も同じメールアドレスに送付されます。

6.ポリシーチームから警告のメールが来たら内容をよく確認しましょう。
※警告内容について、サイト内すべてを確認し対策をとりましょう。

7.同じ違反を繰り返さないようにしましょう。
※同じ違反を繰り返すとアカウント無効の措置が取られる場合があります。

Googleアドセンスのポログラムポリシー7箇条

以上がGoogleアドセンスを運用するためのポリシーですから、これ以上でもこれ以下でもありません。

これに準拠したブログであれば審査は楽に通ります。

特に1~4を意識してブログ記事を書いたりリライトして行きます。

審査に落ちたブログの例

審査に通らなかったブログがどの様にポシリーに沿っていなかったかを紹介します。

違反と思われる部分を修正した結果、再審査に通過しました。

つまりそこがポイントであったという事です。

リライト対策で改善したところを解説します。

リライトした5つのポイント

(1)全ての記事を3,500字~5,500字

1500字前後の9記事を全て3500字~5500字になるようにリライトしました。

ASPアフィリエイトリンク11カ所は修正しませんでした。


(2)広告表現「おすすめ」等の表記を記事から全て削除

記事タイトルから「おすすめの・・」「人気の・・」「人気の○○選!」という広告表現を全て削除しました。

その代替えとして「~の方法」「~の評価」等の表現に切り替え内容も同時に書き換えました。

(3)画像を90%削除

記事に貼ったアフィリエイト広告用の商品画像は90%を削除し、テキストリンクに置き換えました。

(4)画像を縮小表示

画像は10%程に削減して、さらに1センチ四方に小さく縮小して掲載しました。

(5)カテゴリーを追加

ユーザーに分かりやすい動線を確保することがポリシーにあるので、カテゴリーを1つ増やして、動線を見やすくしました。

おわりに

Googleアドセンスの審査に通るためには、アドセンスポリシーにしっかり準拠するだけです。

小手先のテクニックで審査が通った時代は終わり、記事が有益でありユーザーの立場に立って書かれていることが重要です。

お金を稼ぐ事を第一にしたコンテンツではないことが、しっかりと審査されています。

たとえ記事数が少なくても、ポリシーがしっかり守られていれば、審査は通ります。

是非、有益な記事を作成してGoogleアドセンスの審査を通過してください。


「プログラムポリシーガイドブック」>>>こちら

Nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました