アドセンスで稼ぐ記事の特徴と書くポイント

アドセンス・ASP
この記事は約3分で読めます。

アドセンスで稼ごうと記事を投稿記事しても、なかなか収益が上がらない時は、記事の書き方やポイントを見直す必要があります。その方法を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンスで稼ぐ記事の特徴

アドセンスはクリック報酬型のアフィリエイトです。記事が読まれてそこに表示される広告がクリックされると収益になる仕組みです。

そのため、ブログ記事を書いて投稿するのですが、一人でも多くに人に閲覧してもらうことが大切です。つまりアクセスをアップすることです。

単純ですがアクセスアップ(PV数)のための記事を作成することです。一言にアクセスアップといいますが、2種類の記事があります。

一つはトレンド記事で即効性はありますが長く続かない特徴があります。もう一つは悩みを解決する記事です。このタイプは、検索者が多く自然検索(Googleやyahoo)から記事にアクセスするルートです。

アドセンスで稼ぐにはどちらでも可能です。しかし、トレンド記事は記事の投稿をやめたらそこで収益は止まります。しかし、悩みを解決する記事は、途中でほっぽらかしでもアクセスがある限り収益を上げるので、生命の長い記事となります。

どちらを選ぶかは自由です。

アドセンスで稼ぐ記事の書き方

アドセンスで稼ぐにはPV数を多くすることが収益に直結します。PV数を獲得するにはどんな記事の書き方をすればいいのでしょうか?

記事の書き方にはWebライティングという基本的なスキルが必要です。ですからその基本を学ぶことでPV数はアップしていきます。

Webライティングは簡単に身に付くものではありません。ユーザーの視点をしっかりと把握して、だれに書く記事なのか、記事を読むメリットは何か、記事を読むとどうなるのか、その結果得られることは何か、その根拠はなにか、自分の経験などを取入れて書く事です。

Webライティングを学ぶ良い本があるので紹介します。読んでから記事を書くのと、自己流宇で書くのでは結果に雲泥の差が出ます。

わたしの書いた記事数は少ないのですが約1,400本書きました、というか今も記事を増やしています。その中で気づく事は、下調べをして記事の構成をしっかり決めて、先ほどのポイントを織り込んで書いた記事は、長生きしていることです。

ブログには、そのようにして書いた記事が多数あっても、さらにそこから数記事が最後までのこって稼ぎ頭となるのです。

その他の記事は日に数件のアクセスはありますが、長期的な目でみればブログトータルのPV数アップに寄与してくれるのです。

たまに、その記事がリライトして化けることもあります。

アドセンスで稼ぐポイント

アドセンスは簡単に収益が上がる仕組みではありません。記事をある程度投稿していくのですがそこまでは1年かかると思います。

安定的に収益が月5000円に到達する時間は役8カ月~1年という期間がかかります。それは記事のライティングスキルとSEOスキルの蓄積に時間が掛かるからです。

一度、成功と失敗を繰り返しながら1年間が過ぎると、相当なレベルアップになっていることに気付くはずです。

ブログは作家の様なものです。読者の心を文字を使っていかにひきつけるかのスキルが必要なのです。自分の書きたいことを書いてもPV数はあがりません。ブログが集まっているコミュニティーだと日記形式や面白い話題で盛り上がりますが、それはトレンド記事と同じでその時が過ぎてしますと、ただの自分だけの記録としては価値がでます。

しかし、一般ユーザーのためになるかどうかは別ものです。

おわりに

アドセンスで稼ごうと記事を投稿記事しても、なかなか収益が上がらない時は、記事の書き方やポイントを見直す必要があります。その方法を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました