クリック率アップ!【記事タイトルの書き方】の裏ワザ

この記事は約3分で読めます。

検索結果の一覧がブラウザに表示されて、その中に自分の記事があってもクリックされないことがあります。

どうしたらクリックされやすい記事タイトルになるのでしょうか?

順位を上げるSEO戦略を駆使して作った記事が、失敗するか成功するかは記事のタイトルが重要なカギを握っているといっても過言ではありません。

記事タイトルの書き方のコツを1つ紹介します。

スポンサーリンク

記事タイトルでキーワードの位置は?

記事タイトルを決める時にキーワードを入れる定番の場所があります。

心理学から研究されたことは、タイトルの最初の方にキーワードを入れるのが効果的と言われています。

人は最初の方の少しだけ読んで、あとは流し読みか飛ばしてしまう習性があるからです。

そのため、記事タイトルの付け方ひとつでクリック率が大きく変わる可能性があります。

一般的によく知られていることですね。

問題は次の点にあります。

記事タイトルに解決方法をキーワードで予告?

冒頭でも書いた通り、記事タイトルの最初の部分を人はよく見ます。

例えば、今読んでいただいているこの記事にどのようにたどり着いたのでしょうか?

たぶん、「タイトルをどのように書いたら、クリック率があがるのだろうか?」と期待した方が検索してたどり着いたのではないでしょうか。

なぜ検索で目がとまったかと言えば、「この記事を読んだらクリック率が上がる方法がわかるかもしれない」という期待感がクリックすることにつながったのだと思います。

記事の検索意図は「クリック率を上げたい」ということです。

この記事のタイトルは、読者が期待する結果つまり「答え」=「クリック率アップ!」が一番最初に書いてあります。

次に、そのためには「キーワードをどこに配置するのか・・」という方法が書いてあります。

重要なことは、記事のテーマに読者が知りたい本当の部分を解析して、その答えをタイトルの最初の部分に含ませることです。

検索順位が同じでもクリック率がアップ!

SEOのスキルを使って検索順位を10位から3位に上げることは大変ですが、そこは外せませんね。

記事テーマに解決方法を含ませればクリック率が上がります。

記事タイトルの作り方の事例

例えば、ウォーターサーバーを赤ちゃんがいるお母さんに紹介したい記事があったとします。

キーワードは「赤ちゃん」「ミルク」です。

キーワード「ウォーターサーバー」は超激戦区ですがタイトルには含めます。理由は、サブのキーワードとの組み合わせで時にアクセスが化けるからです。

ウォーターサーバーで簡単に赤ちゃんミルク作りをする方法」という記事タイトルで書いたとします。

このタイトルだと、ミルクをウォーターサーバーで簡単に作る方法の紹介となります。お母さん方にはウォーターサーバーのPRでしかありません。

そこで、記事のタイトルを次のようにリライトします。

「夜中でも片手で作れる赤ちゃんミルク」おすすめのウォーターサーバー

はじめの記事タイトルは、ウォーターサーバーが左側の先頭にきています。このことは、検索するお母さんの検索意図の順位は低いです。

最もお母さんが期待している意図は、次のことです。

「夜中に眠い中、赤ちゃんが泣いてミルクを欲しがりました。しかし、お湯を沸かしてミルクを作る手間が大変なのです。その上、赤ちゃんが泣いているので抱っこしながら作るので大変。ミルク作りにつかえる温度のお湯が出るウォーターサーバーはないかな。・・・」

というお悩みの解決策を短い言葉でタイトルに含ませた事例です。

お母さんの要望の答えが先頭になっていて、さらに括弧付きで書いてあります片手でという夜中ではの悩みを解決するワードも入れて、お母さんの期待をつかむ記事タイトルにしています。

当然、クリック率はアップしました。

まとめ

わずか1行の記事タイトルですが、クリック率を左右します。

記事のタイトルに含ませるキーワードの位置、検索意図の解析、そして解決策を含ませた書き方でクリック率をアップしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました