何年も自動で稼ぐGoogleアドセンス向けブログの作り方

アドセンス・ASP
この記事は約3分で読めます。

Googleアドセンスで稼ぐにはどんなブログを作ったらいいのでしょうか?

物を販売するアフィリエイト(affiliate)ブログとは性質が異なるGoogleアドセンスのブログ。その作り方の骨ぐみを紹介します。

スポンサーリンク

Googleアドセンスの仕組み

アドセンスは広告をクリックされると収入になるビジネスモデルです。書いた記事にアドセンスが自動配信した広告をユーザーが見てクリックしてくれるだけで収入になるシンプルなモデルです。

つまり、ユーザーが記事を見つけることとユーザーにマッチした広告が表示されないと収入にならないのです。ユーザーが記事を見つけるにはGoogleから高い順位で評価されることが大前提です。

もう一つはユーザーがクリックする広告の単価が高いほど稼ぐブログになることです。

放置しても自動で稼ぐアドセンンスのブログ

アドセンスのブログは放置しても自動でアクセスを集め、メンテナンス無しでも自動で何年も稼ぐブログを作ることです。このブログのモデルは「自動販売機」です。自動販売機をアドセンスのブログに変えただけの考えです。

人通りの多い場所に自動販売機を置くと、人は自分に必要なものが自動販売機で売っていれば買います。自動販売機は販売員が不要で電気さえあれば24時間自動で物を売り続けることができます。

アドセンスのブログの究極のビジネスモデルだと考えています。

自動販売機の性能が良く、人通りの多い絶好な場所に設置したとしても、通りがかりの人が買いたいものが自動販売機に入っていなければ買いませんので売り上げにはつながらないのです。

重要なのはどんなものを設置した場所で販売するかをしっかり検討しないと収益を上げる自動販売機にならないのです。

Googleアドセンスのブログにはユーザーが買い求めたい、あるいは買いたくなる商品を並べておく必要があります。

Googleアドセンスのブログは質の高い記事

アドセンスのブログは、自動で24時間働いて収益を上げることを目指して作りこむことが重要です。さらに、自動で稼ぐブログに並べる記事はユーザーが求める質の高いものでないと売れません。

また、自動で売れ続くためには何年もそのままで売れる商品(記事)を書くことで、商品に手を加えなくてもいいものを並べる事です。

つまり、品質が高く時の流れに影響を受けない記事を作ってブログに置いておくことです。

例えば釣りが趣味なのでアジ釣りを例にします。

「アジを釣るための仕掛けの作り方」という記事では、アジの習性や釣れる場所、時間帯によってさまざまな仕掛けが必要で具体的に書いたら相当な種類の仕掛け作りの記事が必要になります。

また、時代の流れで仕掛けを作るための材料もどんどん新しいものが開発されるので、その度に記事をリライトして新しくすることが求められます。

しかし自動で働くブログの記事を作るなら「アジがどんどん釣れる仕掛けの仕組み」という内容で書けば外部からの影響はあまり受けません。つまり仕掛けを作る設計図を記事にするので、その時代時代にマッチした仕掛けを設計図に基づいて作ればいいような記事の内容にします。

そもそもアジはどのようにして釣れるのか、アジが釣れる習性なども記事にすれば、そのこと自体は生物が進化して変わらない限りいつまでも使える内容となります。

自動販売機という仕組みは、乗車券自動販売機、ジュースの自動販売機、証明書の自動販販売機、駐車場の駐車券精算機など自動販売機の設計図の応用範囲は広いのです。何かを入れると何かを返してくるという自動販売機の仕組みです。

Googleアドセンスのブログの醍醐味は、放置しても自動でアクセスを集めて自動でいつまでも稼ぎ続ける収益モデルであることだと思っています。

おわりに

Googleアドセンスで稼ぐにはどんなブログを作ったらいいのかを紹介しました。

アドセンスで稼ぐならポイントは質が高く自動で稼ぐブログを作ることです。

タイトルとURLをコピーしました