アドセンスがアフィリエイトと違うのは?安定性について

アドセンス・ASP
この記事は約3分で読めます。

Googleアドセンス(AdSense)とアフィリエイトで最も違うところについて説明します。放置してもずっと稼げるアドセンスと絶えずリライトが必要なアフィリエイトの大きな違いはなにか?

スポンサーリンク

アドセンスの特徴

アドセンス(AdSense)は広告をクリックされると収入になります。だから一般的な口コミではアクセス数を集めないと輸入にならないといわれてきました。

例えば月に3万円を稼ぐのには、1クリック15円とすると月に2000クリックが必要です。そして2000クリックしてもらうにはCTR0.5%として月に40万PVが必要になるのです。

もしCTRが1%と良くなっても20万PVが必要だからかもしれません。このことからPVを稼がないと収益にはならないのであまり魅力がないと言う人もいます。

このアドセンスが実は安定した収益を継続して生むことになることを最後に紹介します。

アフィリエイトの特徴

物を販売して販売手数料を稼ぐのがアフィリエイトだとします。この場合、最後に物を買ってもらうためにクリックしてもらう(コンバージョン)ことまでしないと販売されないので当然販売手数料がはいりません。

だから記事を書いて投稿すれば広告がクリックされて収入が入るアドセンスとは違う点です。販売手数料は、1つ売れれば数千円から1万円台までありますが、アドセンスの1クリック15円とは額がちがいます。

月3万円稼ぐには1つ売れた販売手数料が1万円とすれば3個売れればいいし、3クリックで3万円が収益になるというメリットがあります。

アフィリエイトは品物を扱うので、商品の製造が打ち切られたら終わりで記事は使えなくなるか別の商品に変更してリライトする必要があります。それだけではなく、商品の内容変更などがあれば速やかに記事をリライトしないと古い情報のままになるのでユーザーからの信頼を落とします。

このような記事をいくつも管理する必要がアフィリエイトにはあるのです。

アドセンスで安定した収入

アドセンンスとアフィリエイトの特徴を説明しました。アフィリエイトをやる場合は、書いた記事を放置すると古くなるため絶えずリライトをしてアップデートすることが重要になります。でもPV数を何十万も集める必要はなく、PV数が少なくてもコンバージョンにつながればいいのです。

一方アドセンスは、その記事が読まれてそこに表示された広告をクリックされれば収入になります。アフィリエイトのように同じクリックでも収入額がとても安いです。

しかし、よく考えると長期戦で差が出てきます。5年も10年も安定して稼ぎ続けるのがアドセンスです。記事のリライトは必要なくあくまでもそこに表示された広告をクリックしてくれるだけでいいのです。その広告はGoogleアドセンスが見た人にふさわしい広告を選んで表示してくれるので自分で考える必要はないのです。

つまり何年先でも読まれる記事を書きさえすればリライト無しに「放置」しておいてもずっと稼ぎ続けるのです。

アフィリエイトのように1カ月で100万円稼いだという短距離走か、アドセンスのマラソンかという比較になるかもしれません。

アドセンスの質の高い時代の変化を受けない記事を書いていけば放置しても収益につながり続けるのですから、トータルな金額で行くと書いた記事分、すたれることがなく3年、5年、10年と役に立つので収益も出続けるということです。

おわりに

Googleアドセンス(AdSense)とアフィリエイトで最も違うところについて説明しました。放置してもずっと稼げるアドセンスと絶えずリライトが必要なアフィリエイトの大きな違いは安定性でした。

タイトルとURLをコピーしました