ブログ【アドセンスの収益】が減少する原因とは!

(公開:2019年7月27日、更新:2019年11月6日)

開設して7カ月目の趣味のブログがあります。開設後の2カ月目からアドセンスを開始しました。

順調だったアドセンス収益が減少傾向に?

徐々に収益が増加していたのですが、7月はPV数の増加のわりにクリック率や単価が低いのです。

なにがあったのでしょうか?

PV数が多いのに、これはどういう事か?

アドセンスのデータの増減幅が大き、全体として収益が減少傾向なのです。

原因はいろいろ考えられます。あたまに浮かんだ原因を並べてみました。

その1.7月初めに記事の整理をした。

これは、大きな整理でした。ゴミ記事を100本整理したのです。

それに伴い、カテゴリーが2つ消失し、新規に2つ追加した影響は確かに大きかったのです。

しかし、その後10日くらいでもとに戻ったと思われたのですが、その後、若干影響を引きずっているのかもしれません。

その2.アドセンスの広告配置が合わない

広告配置の場所を改善すると効果があるとの記事があり、その通りやってみました。

アドバイスの通りにアドセンスの広告を貼ったら、効果はありませんでした。ブログの種類が違うからでしょう。

なので、新たに考えた場所に配置したら広告のクリックされるようになりました。時期や閲覧対象者の変動により、広告の配置場所もかわるのですね。

年間通して同じ場所の広告配置では、効果が持続するとは思えないのです。

その3.ミスクリックが多いのか?

ある記事で、効果が期待できるという「ブログの目次下」に横長リンク広告をはることをやってみました。

実は、この場所はスマホからの閲覧者には、ミスクリックしやすい配置の場所だったのです。

このミスクリックが多発すると、クリック単価が自動的に下落して収益に影響することがあると言われています。

スマホには、表示されない配置にしました。

その4、趣味の分野の落ち込みか

この影響はありですね。夏休みに入った週からサイドバー広告のクリック率が上がってきました。ネットサーフィン系のアクセスが増加したのだと思います。

趣味のブログは、アウトドア系なのですでに現場ではピークになりつつあり、ネット検索のピークは過ぎたのではないかと想像しています。

いまから狙うのは秋から冬にかけての記事を投稿して3カ月後に効果が出る様に調整しなくてはなりません。

その5.記事アップ本数の減少が影響か?

記事の内容を充実させるため量産をやめました。コンテンツを充実させるために書けるのは数日にⅠ本程度です。

記事の減少が収益に影響しているのでしょうか。

しかし、Googleのサイト評価は、コンテンツ内容を評価する精度がかなり高くなっているので、記事の本数よりも内容が大事になってきています。

小手先のSEO対策は、もはや過去の対策になってきています。

気にする落ち込みではない。

Googleのアルゴリズムアップデート、パンダの動きなども影響しているかもしれません。7月下旬から、変動が大きくなっているのです。7月18日あたりのパンダの影響を被っているのかもしれません。

ブログは、まだ開設から7カ月目なのでこれから成長すると思われます。

現段階での増減は誤差の範囲です。これからも長い目で見守っていきたいと思います。

追記:2019年11月6日

その後の経過を追記します。

結局、このブログでアドセンスの収益が減少したのは、誤差に近い変動でした。11月に入り、安定して収益を上げています。

季節の影響は受けているようですが、PV数が減っても収益が大きく落ち込むことは無く、安定しています。

知りたいことを本気で調べたい人が訪問しているようです。

nao(NAOテック)