アドセンスの収益アップは記事の量より質

アドセンス・ASP
この記事は約3分で読めます。

googleアドセンスで収益を上げる考え方を紹介します。

googleアドセンス(AdSense)で収益をアップするには、以前は記事をたくさん書いていけばそれなりに収益を得ることができました。なのでとにかく100記事書くとか毎日記事をアップするとういノウハウ記事がたくさんありました。

しかし、Googleはユーザーにとって有益な記事を評価する方向へシフトしました。つまり量から質へと評価基準をシフトさせたのです。

なので少ない記事数でもgoogleアドセンスで収益を上げている方が出てきたのもそれが理由です。

スポンサーリンク

ブログ記事の質を上げる

googleアドセンスで収益を上げるには、Googleが意図している記事の考えを知る必要があります。新しい考え方の検索にGoogleはシフトしました。

ニューラルマッチングという方法を取り入れました。ユーザーの検索意図をもとにした記事を作り込むことです。

ユーザーが検索した言葉から、ユーザーは何を求め何を期待しているのかを先読みして記事に反映することです。このことが記事のテーマと記事のコンテンツ全体とマッチしていないとGoogleは評価を落としてきます。

Google「ニューラルマッチング」対応のアドセンス記事の書き方とは

アドセンスのブログにはごみ記事を作らない

アドセンスの収益を上げるには、ブログ自体にごみ記事を作らないことです。1つ1つの記事のアクセスが少なくても全体で合計するとPV数が多くなるという構成です。キラー記事1本で数万アクセスを稼ぐよりも記事全体で稼ぐのです。その1つ1つの記事を質の高い内容で作り込むことです。

少ない記事数でも「ワンチーム」的な発想かもしれません。機関車が客車を引っ張るのではなく、客車にモーターが付いていて全客車が一体となって動くような仕組みです。

質の良い記事で作り込むことであり記事数をたくさんアップすることではなくなりました。

実際にこの手法を確認してから立ち上げたブログは、最初に作って1年半が経過した400記事のブログに対してわずか半年で100記事で収益は3倍になっています。

記事のテーマと内容

新しい時代のアドセンスは記事の質が重要です。記事の質とはユーザーが検索で知りたいことを推測して返す記事のコンテンツです。

「探していた知りたいことは、これだったんです!」とユーザーが思えることです。わずか2ワードだけでユーザーは検索したのに、その奥にあるユーザーが知りたかった本質を記事は書いてくれているというようなコンテンツです。

分かりにくいかもしれませんが、このように記事を書く練習をするといいかもしれません。辞書のように「ROAD」を調べたら「道路」と返してくるようなものではないのです。「ROAD」から何をしりたいのか、意味なのか、道路図なのか、歩むいきかたなのか・・・

おわりに

googleアドセンスで収益を上げる記事の質を上げることを紹介しました。アドセンスで収益を上げるには記事数を単に増やしても効果はあまりありません。アドセンス向けには質の高い記事を書くことで収益もアップします。

タイトルとURLをコピーしました