PV数の増加による『平均ページ滞在時間の減少』原因と対策

SEO対策
この記事は約3分で読めます。

記事を作成し投稿間もない時はGoogleアナリティクスを見ると「平均ページ滞在時間」がある程度あるのですが、次第にPV数が増加していくにつれ滞在時間は減少していきます。

記事の評価をアップするためには平均ページ滞在時間をアップすることが重要です。その方法の一つを紹介します。

スポンサーリンク

平均ページ滞在時間の増減

ユーザーが記事を開いていた時間で長ければ記事をじっくり読んでくれていると思っています。

なので屁金ページ滞在時間は長い方が、記事を読んでいる時間が長いことになるので、良い記事という評価がGoogleからされます。結果、検索順位のアップにつながることになります。

逆に短いと記事を開いたのにすぐに別のところへ行ってしまった可能性があります。この数字が0の時があります。これはそのページだけ見て直帰すると0になります。

次のページに進んだときに記録として時間が記録されるようになっています。

PV数が増加すると平均滞在時間が減少する

PV数が少ない頃は、平均滞在時間が3分、5分、8分などと長かったのに、PV数が増加するにつれて平均滞在時間が減少することがあります。

これはページを検索して開いた人が増えると起きるのです。PV数が増えるということは、様々な人が増えるということです。なのでちょっと見るだけで帰ってしまう人も増えるので、平均時間を押し下げていると思われます。

PV数が増えても平均滞在時間を維持あるいは増加させるには、記事の魅力がないと滞在してくれませんので、この時間をなるべく長くなるように、記事をリライトあるいは作成することになります。

ユーザーにとって必要であり全部読むことに価値がある内容で書くことが大切です。

平均滞在時間をアップする方法

わたしは経験から最低3分は滞在してもらうように記事を構成します。この記事が大体3分の記事です。途中で読みたくない!ということになれば、30秒も持たないかもしれません。

それには書きたいことを書くのではなく、ユーザーが知りたいことや興味のある内容にしなければ離脱してしまいます。離脱どころか直帰して、サイトに二度と訪問してくれなくなるかもしれません。

自分が検索して到達した記事を見たときに、これは疲れるとか、構成がバラバラだとか、タイトルと内容が違うとか、期待外れだとか、そんな記事だとすぐに閉じてしまいます。時間がもったいないからです。

相手の立場に立って記事の構成をしていくことが大切です。

どのように記事の流れを作り、どのようにゴールを設け、それにはどのような内容にすることが効果を上げるのかを最低5W1Hを元に考えることです。

記事の作り方に定番はありません。定番があるとしてそのスタイルで書いたら他にもそのスタイルの気jがあるということで、検索から埋もれてしまします。

オリジナルな視点から描いた記事は短くてもGoogleから評価を受けます。

800字程度の短い記事ですが2Wordで1位になっていることから、オリジナリティも重要です。コピペ・リライトでは、評価は上がりません。

GoogleのAIも進化しているので見抜かれてしまします^^

おわりに

記事を作成し投稿間もない時はGoogleアナリティクスを見ると「平均ページ滞在時間」がある程度あるのですが、次第にPV数が増加していくにつれ滞在時間は減少していきます。その原因と増加する方法を紹介しました。

↓どれか一つクリックいただけると、うれしいです。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村
SEO対策
スポンサーリンク
naoテック
タイトルとURLをコピーしました