アドセンス広告「効果的な配置場所」を作り出す方法

この記事は約3分で読めます。

Googleアドセンスの広告をどこに配置するのがいいのか、だれしもカット&トライしながら探し求めています。

アドセンス広告の効果的な配置場所をどのように探したらいいのでしょうか?

↑ この様な疑問にお答えします。

この記事では、

・アドセンス広告は少しだけ
・アドセンス広告の効果的な場所
・効果的な配置を作る理由

について紹介します。

能動的にアドセンス広告を配置する場所を作り方法がわかります。

スポンサーリンク

アドセンス広告は少しだけがいい?

ブログのジャンルによっても配置はかわるし、行動心理学的な検証から最適な場所を見出すことも研究されています。

また、Googleが自信をもっておすすめしている「自動広告」と手動による広告ユニットをハイブリッドで配置する方法もまた効果的だと言われています。

広告配置の理論はいろいろあります。

仕事で広告媒体関連をずっとやってきたので、広告理論はいろいろ研究してきました。

たどり着いたことは、「広告は少しだけ」という単純なことです。

広告がベタベタと張り巡らされた記事に、ユーザーは避けるように記事を読まなければなりません。

とってもうざく感じるのが広告の存在なのです。

なので、ちょっとだけ「そっと置く」という感じが効果的だと思うのです。

アドセンス広告の効果的な場所

その効果的なアドセンス広告の配置をテストしているなかで、意図的に配置する方法を1つ紹介したいと思います。

アドセンス広告の一般的な配置は、自動広告を使っている人と手動で配置する人により変わります。

この記事では、広告ユニットを手動で配置する場合について紹介します。

ご存じのように、「ここが最高の場所」というのがあるとは言われています。

目線が動く動線上です。

ページの上の左右の端や、本文下、関連記事下あたりです。

見出しH2の1,2番目の配置も定番ですね。

その辺の配置は、もうすでに実施しているのではないかと思います。

では、これ以外にどのように配置するのでしょうか?

この方法は、意図的に広告を配置するという方法です。

相手がクリックしてくれるまで「待つ」という方法から、

こちらから「ここでどうですか?」と配置して、

読者がクリックするタイミングを設定することです。

それには、記事の書き方と合わせて設計することが大切になります。

記事を設計する時に、大きく2~3つのブロックに分けて書くことです。

例えばH2見出しを3つ設けて、3つの内容がそれぞれの見出しの中で完結するように書く方法です。

「ここまで読んだら、その内容はそれで完結する」という方法です。

そして、3つの見出し上の離脱しそうな場所に1つだけ広告を配置します。

途中の見出しで離脱する読者が出てきたとしも、そこで広告をクリックしてくれる可能性が出てきます。

理由は、満足するところまで記事を読んだら読者は広告を必ずみてから離脱するからです。

離脱する場所に意図的に広告を配置しておきます。

読者は、離脱する時に広告を見てから帰っていくように考慮することです。

効果的な配置を作る理由

読者が「これ以上もう記事を読む必要はない」と思う場所に、能動的に広告を配置する方法です。

もし、そこに広告が無かったら、そこで離脱します。

しかし、そこに広告がタイミングよくあれは、

広告を踏んでから離脱していく可能性が大きくなります。

途中で読みたくなくなった記事を、本文末まで目を通して本文下にあるアドセンス広告をクリックしてくれるでしょうか。

このタイミングを読者目線で予測して配置することです。

この方法を現在テストしていますが、収益はそれ以前よりも多少改善されているようです。

広告配置でテストしている方は、トライしてみると効果がわかります。

タイトルとURLをコピーしました