Google「ニューラルマッチング」対応のアドセンス記事の書き方とは

新しい検査の時代が始まりました。それに伴いアドセンス記事の書き方にも注意が必要です。Googleは、Google Japan Blog (2018年9月27日木曜日)「これからの20年にむけて ~ より良い検索を目指して ~」というブログがあります。

その中で、目を奪ったことは「ユーザーが検索した意図を解釈して、その解決策に応える良質のコンテンツ内容をもったページ(記事)を上位に表示する」AIベースのシステム「ニューラルマッチング」について触れていて、すでにスタートしたのです。

Googleが発表した「ニューラルマッチング」

Google Neural matching とは、検索において「単語の理解」から「概念の理解」へと進化した手法をそう呼ぶのです。

AI(人工知能)

その手法の根源をなすAI(人工知能)は、人間と同様の知能を実現させようとする技術です。

機械学習

AIを実現する一つの分野に「機械学習」があります。機械学習は、 特定のタスクをトレーニングによって実行できるようになるAI(人口知能)で、人間が特徴を定義します。

ディープラーニング

さらに、その機械学習の一つとして「ディープラーニング」という手法があります。ここでは、機械が自分で特徴を定義するのです。

ニューラルネットワークという概念

その「ディープラーニング」こそ特殊な構造を持つ「ニューラルネットワーク」が基にあるのです。

その大本の「ニューラルネットワーク」は、人間の神経回路網を人工ニューロンという数式的なモデルで表現したものなのです。

この「ニューラルネットワーク分野」で開発されたneural embeddingという手法が重要な役割を果たすのです。このことをGoogleでは、「ニューラルマッチング」と呼んでいるのです。

「曖昧な言葉を、根本的な概念へと変換することで、検索クエリの概念と文書の概念を対応づける」

Googleでは、検索をしてくるユーザーの曖昧な言葉を概念という価値に変換することで、ユーザーが検索した言葉の概念とページ(記事)の概念を対応付けて、その結果をユーザーに返してくると考えられます。

機械学習をしながら機械は自分で特徴を定義づけていくということになります。

難しい話ですが、Googleの検索技術はこのように単語から概念へとシフトした検索を提供し始めたのです。

GoogleアドセンスとPV数アップの関係

ブロガーのレベルで考えると、Googleアドセンスでお金を稼ぐ場合、そのモデルではどうしてもPV数を多くしないと、広告が統計上クリックされないことがわかっています。

PV数を上げるには、当然ですが検索ユーザーが曖昧な言葉で検索したとしても、GoogleのAI「ニューラルマッチング」は、その曖昧な検索クエリから検索の概念を割り出して、その概念にマッチした概念を持つページ(記事)をトップに表示させてくるのです。

従来の単語から概念を理解して結果を単語で返してくる現行のAI「RankBrain」から大きく進化しているのです。

つまり、「ページにどのような単語が使われているか」ではなく、「ページに記載されている情報が検索ユーザーの意図に対応しているか」が大切になってくるのです。

PV数をアップする方法

小手先のSEO対策では対応が出来ないくらい、コンテンツ内容がAI「ニューラルマッチング」によって精査されているのです。

100記事書いて、コンテンツ量で競う時代は終焉をむかえました。いかにコンテンツの質が重要になるか、そしてユーザーが求める検索クエリの概念が一致しなければ、上位に表示されないような時が始まっているのです。

新時代の記事の書き方とは

記事タイトルに「キーワード」を含めたり、複合的にキーワードをたてて記事を構成したりすることも、暫くは続きながらも、そう遠くない時期に新しい記事の書き方に進化していくと思われます。

現在は新しい検索「 ニューラルマッチング」 による影響は30%程にまでになっているようです。

先々を見据えて、数年後にはそんな世界があるとすれば、現在書いている記事はその時代の財産となります。

コンテンツが良質であり、検索意図の概念をいかした記事をいまから作っていくことがの望ましいと思うのです。

まとめ

検索の技術はAIの進化により、単語から概念へと基本的な技法が変わっていきます。ニューラルネットワークという神経細胞モデルを使ったエンジンは今後その進歩が加速し、画僧解析から人を特定したり、自動運転への応用などにも活用されていいくでしょう。

わたしたちブロガーが書く記事は、さらに独自であり良質なコンテンツでなければ、AIがはじいてしまう可能性も秘めていますね。

nao(NAOテック)