エックスサーバーが大人気テーマ「Cocoon」を簡単設定!業務提携のメリット

レンタルサーバー業界トップの「エックスサーバー」とWordPressテーマで大人気の「Cocoon」が業務提携したと2022年9月7日に発表しました。

両社の業務提携とはどんなことなのでしょうか?

また、これからWordPressブログを開設する方にどんなメリットがあるのか紹介します。

スポンサーリンク

エックスサーバーとCocoonはどちらも大人気!

エックスサーバー 」は「Cocoon」の開発・運営を全面的にサポートすることを発表しました。

エックスサーバー 」は2003年のサービス提供開始。

以降230万件以上のサイトが利用している国内シェアNo.1のレンタルサーバーです。

一方「Cocoon」は2018年にリリース。

無料かつシンプル多機能なテーマとして大人気です。

現在ダウンロード数が200万件を超えるWordPressテーマ。

Cocoonは無料で使えるWordPressテーマですから、ぼくのこのサイトもエックスサーバーと「Cocoon」で構築しています。

エックスサーバー は「Cocoon」の価値のさらなる向上を目指し提携。

「Cocoon」開発者のわいひら氏をエックスサーバーグループの仲間として迎え入れました。

理由は、今後のWordPressインフラサービスとしての利便性の拡大を目指すため。

●Xserver公式サイト エックスサーバー

エックスサーバーから簡単にCocoonが設定可能に!

エックスサーバーを契約すると、エックスサーバーから「Cocoon」の自動インストール機能を使い、初心者でも簡単に設定できるようになりました。

従来通りCocoonを無料で利用することができます。

さらに、いままで寄付特典であった機能が解放されて、全機能が無料でご利用できます。

寄付特典とは寄付をすると機能が使えるようになる制度です。

もともと無料で提供しているCocoon。

とはいえ運営上で寄付を募ることもあるため設けられた特典です。

エックスサーバーが「WordPressテーマインストール」開始

エックスサーバーでは、国内で人気のWordPressテーマを、

ダウンロードの手間無く直接WordPressにインストールできる機能

の提供を開始しました。

利用したいテーマを選択するだけで使えるのがメリット。

初心者でもすぐに本格的なブログやWebサイトが作成できます。

利用できるテーマは、今回のCocoonをはじめ次の3テーマとなります。

  • Cocoon」:200万DL突破の無料の大人気ブログ用テーマ
  • XWRITE」:エックスサーバー開発のブログ運営に最適な機能を多数搭載
  • Lightning」:Webサイト構築に人気の無料テーマ

実際にサブディレクトリに特化ブログを作ってみた

ぼくはエクスサーバーを使っているので、実際にサブディレクトリに特化ブログを作ってみました。

手順は以下の通り実行しました。

  1. エックスサーバーから、ドメインにサブディレクトリ「blog1」を設定
  2. WordPressを簡単インストールを利用して実行
  3. テーマ「Cocoon」を自動設定でインストール
  4. “.htaccess”の設定
  5. 各種プラグイン8つを設定
  6. Googleサーチコンソール、アナリティクス設定
  7. Googleアドセンスのコード設定
  8. Cocoonの詳細を設定
  9. ブログの運用開始

ここまでの設定をエックスサーバーで行いました。

ブログの設計を含めて全部で6時間程度で無事新しい特化ブログ開設が完了。

WordPressテーマ「Cocoon」のインストールはワンタッチ。

子テーマも同時にインストール。

子テーマを有効にするだけで設定が完了します。

実質、エックスサーバーでの設定は全部でわずか30分程度もあれば余裕で完了します。

エックスサーバーは、ユーザーファーストのレンタルサーバーだと感じました。

エックスサーバーの公式サイトはこちらエックスサーバー
タイトルとURLをコピーしました