カラフルボックス(ColorfulBox)は選ぶべきか?利用のメリットとデメリット

レンタルサーバーのカラフルボックス(ColorfulBox)は選ぶべきか?

カラフルボックスを選ぶかどうかで悩む方は多いはず。

理由は、ハイスペックで選びたいけど、気になる口コミや評判が見え隠れするから・・・

そこで今回は、カラフルボックスを選んで利用した時のメリットとデメリットを詳しく解説します。

スポンサーリンク

カラフルボックス(ColorfulBox)は選ぶべきか?

今回はレンタルサーバーのカラフルボックス(ColorfulBox)について書きます。

そんな記事かけるの?

と言われそうなので、ちょっとだけ自己紹介。

実は、UNIX環境に携わってきたことと、

自分でもUNIXでサーバーを立ち上げた経験があり記事のベースになっています。

なので、体で覚えたことも含めて記事を書いています。

・・・・・

さて、今回調べるのは株式会社カラフルラボのレンタルサーバー。

2018年7月にサービス開始したカラフルボックスです。

  • 幅広い料金プラン
  • 柔軟なプラン変更に対応
  • 高いサーバースペック

が特徴だと言ってます。

この特徴から察して、他の大手エックスサーバーやConoHa WINGなどと比べると、

その内容はどうなのか?

カラフルボックスは選ぶべきか?

と迷う人が多いはず!

そこで、サービス、スペック、評判などを参考にしつつ、カラフルボックスの選択について解説します。

カラフルボックス(ColorfulBox)のレンタルサーバーとは?

はじめにカラフルボックスの中身をチェックしましょう。

カラフルボックスには「BOX1~BOX8」まで8つプランがあります。

勝手ではありますが、その中から、ぼくたち初心者が使う「BOX1~BOX4」あたりを選んで書きます。

  • BOX1
  • BOX2
  • BOX3
  • BOX4

各プランを1つずつ確認しましょう。

「BOX1」のプラン

  • 12ヶ月契約時 528円 /月(税込)
  • vCPU 1
  • メモリ 2GB
  • ディスク容量 150GB
  • 転送量 6TB/月
  • アダルト ×

このBOX1だけは、アダルトサイトに対応していません。その他はOKです。

「BOX2」のプラン

  • 12ヶ月契約時 968円 ➡ 581円 /月(税込)
  • vCPU 6
  • メモリ 8GB
  • ディスク容量 300GB
  • 転送量 無制限

12か月契約から、割引が発生します。おまけにドメインが無料でついてきます。

「BOX3」のプラン

  • 12ヶ月契約時 1,628円 ➡ 977円 /月(税込)
  • vCPU 8
  • メモリ 12GB
  • ディスク容量 400GB
  • 転送量 無制限

個のハイスペックが月977円(税込)だから、安さはハンパない。

「BOX4」のプラン

  • 12ヶ月契約時 2,178円➡1,307円 /月(税込)
  • vCPU 10
  • メモリ 16GB
  • ディスク容量 500GB
  • 転送量 無制限

初心者の個人使用としては、BOX4あたりでは使いきれないスペック。

各プラン共通項目

各プランに共通のスペックは以下の通り。

  • MySQL 無制限
  • WordPress等
  • 簡単自動インストール
  • マルチドメイン 無制限
  • サブドメイン 無制限
  • 無料独自SSL
  • WEBサーバー LiteSpeed 5.x.x
  • PHPバージョン PHP 5 / 7 / 8
  • PHP高速化モジュール
  • 脆弱性対策(WAF)
  • 自動バックアップ
  • サポート 電話/メール/チャット
  • 営業時間9:30~17:30(土日祝除く)

12ヶ月以上のご契約でドメイン永久無料がお得です。

カラフルボックス3つのメリット

カラフルボックスの公式HP上で公表されているサーバースペックは高く、BOX5以上のプランは企業方向けのレンタルサーバーとして推奨しています。

  1. 長期的なサイト運営に最適「柔軟なプラン移動」
  2. WordPressがとにかく速い「サイト高速化」
  3. 初心者も迷わずスタートできる「かんたん操作のコンパネ」

3つの特長を一つずつ説明します。

1.長期的なサイト運営に最適「柔軟なプラン移動」

カラフルボックスでは、申込後のプラン移動がかんたんです。

あらゆる運用規模に対応できる柔軟性をもっているから、変更もカンタン。

BOX1~8まであるプランはアップグレード、ダウングレード共に柔軟に変更できます。

契約期間が残っている分の差額はしっかりと補填されます。

特に

  • 幅広いプラン選択と先々プラン変更に魅力がある方
  • アダルトサイトを運営したい方

おすすめのレンタルサーバーだと言えます。

2.WordPressがとにかく速い「サイト高速化」

カラフルボックスの高速化へのこだわりが見えます。

  • 高速Webサーバー「LiteSpeed」
  • 全プランSSD
  • HTTP/3 表示にも対応

Webサーバーには高速な「LiteSpeed」を採用している。

つまりApache採用のレンタルサーバーよりも高速処理が期待できること。

3.初心者も迷わずスタートできる「かんたん操作のコンパネ」

使いやすく世界中で使われてるコンパネ「cPanel」の採用。

直感的なUI(ユーザーインターフェイス)で誰でもかんたん操作できるのがメリット。

カラフルボックスのセキュリティ

特にカラフルボックス のデーターの安全性はトップクラス。

大阪と東京にサーバーを持っていて、近くのサーバーが選べるメリットがあります。

最近頻発している地震や100年に一度の洪水をはじめとする自然災害はいつどこで起きるか予測がつきません。

そんな中で地域別自走バックアップで災害リスクを回避に力をいれていること。

「リージョン」と「ゾーン」という言葉

ちょっと専門的なので、こんなことがるのか~と読み流してください!

レンタルサーバーはクラウドサービスで利用する場合にデータセンターを設置します。

データセンターを設置している独立したエリアを「リージョン」と呼びます。

「リージョン内」には独立したインフラの運用区画として「ゾーン」を設置。

「ゾーン」を「アベイラビリティゾーン(AZ)」と呼ぶクラウドサービスもあります。

リージョンを分けてバックアップすることで災害リスクを分散することが可能となります。

カラフルボックスは大阪と東京にリージョンがありデータが安全に守られてます。

その他に下記のセキュリティ対策がなされています。

  • WAF・・・Webアプリケーションの脆弱性対策
  • IPS・・・不正侵入防止システム
  • IDS・・・不正侵入検知システム
  • リージョン選択・・・大阪/東京サーバーから選べる
  • サイトロック(有料)・・・監視・診断・復旧等のWebセキュリティ対策サービス

カラフルボックスの「気になる口コミ」メリットとデメリット

気になるのがカラフルボックスの評判。

メリットとデメリットのなかで特に目立つものを選びました。

メリットの口コミ

良い口コミで多く見受けられるメリットは2つ、

  • 「料金が安い」
  • 「速い」

という口コミ。

これはカラフルボックスが提供しているスペックを見ればすぐわかりますね!

問題なく、高速なスペックに間違いはありません。

一番安いプラン「BOX1」ですら高速スペックでコスパの良さから利用している方もいます。

デメリットの口コミ

一方で、悪い口コミのデメリットも気になります。

  • サポート対応が遅い
  • 土日祝日は技術面でのサポートは休み
  • 障害が多い

特に知られているのは2020年5月に発生した障害。

1日以上も障害が続くという事態が発生したことは記憶に残っています。

とは言え、現在はサーバーのメンテンスが進んでいて最近では大きな障害は確認していません。

また、メンテナンスに伴う管理パネルにログインできないという苦情もかつては確認していました。

しかし、今はあらかじめ予告してメンテナンスを実施しているので余裕をもって対処できます。

一方、先日カラフルボックスに電話で確認したことがあります。

「土日祝日に技術的サポートが必要になった時対応していますか?」の質問に、

「カラフルボックスは土日祝日は会社が休みです。」

との回答でした。

料金がリーズナブルだからこと、土日祝日はサポートもお休みということでしょうか・・・

カラフルボックスの特典

30日間の無料お試し期間がある!

カラフルボックスは30日の無料お試し期間があるので使いましょう!

1カ月も使えるレンタルサーバーは他に聞きません。

初期費用 無料(3ヶ月以上の契約の場合)

初期費用が1カ月契約では2,200円が、3ケ月契約から無料となります。

WordPress簡単インストール

面倒なWordPressのインストールが簡単にできます。初心者も安心です。

ドメイン1つが永久無料

各プランに共通しているのが、

12か月の契約で、新規ドメインが1つ無料で使えることです。

永久に使えます。

アダルトサイトの運営が可能

アダルトサイトの運用が可能です。

完全別サーバー・別IP・国内サーバーでの運用です。

カラフルボックスvs エックスサーバーの違い

新鋭の「カラフルボックス」と国内トップシェアの「エックスサーバー」違いを比較します。

どちらのサーバーも十分な機能

レンタルサーバーのスペックを比較しても初心者にはあまり影響しない位「使いきれない」ほど能力があります。

変な例ですが、500m先のコンビニにお弁当を買いに行くとします。

車を利用して買いに行くのですが「最新技術だけで作った電気自動車」で行くか「最新のエンジンを搭載して頑丈で壊れないベンツ」で行くかの違いです。

初心者にはどれほどの差が出るのでしょうか?

結論は、個人利用ではサーバーの一部の機能しか使っていないことです。

つまりスペックの違いがあっても「ブログをWordpressと独自ドメインで作る」程度であればそう大きな違いはほぼ感じないと思ます。

ただ車で言うところの「運転しやすさ」は大切です。

エンジンや車体の構造の違いや馬力などは使いきれないかもしれません。

但し、運転が慣れてきて高速道路を荷物を積んで遠くまで行くような事になった時にその差を感じると思います。

その時はサーバーのパワーアップを検討する時期です。

月に100万アクセス(PV)でも「カラフルボックス」と「エックスサーバー」は問題なく運用できるほど初心者にとってはハイスペックなのです。

ブログを独自ドメインで開設して月間1万アクセスになるまでには結構時間がかかります。

100万アクセスはずっと先の未来で待っています。

レンタル費用の比較

大事な点はランニングコストです。

初心者が満足できるプランはカラフルボックスの「BOX2」とエックスサーバーの「スタンダード(旧x10)」です。

この2つのタイプをポイントだけ比較してみましょう。

大きな費用の差はないようです。

初期設定費用

・カラフルボックス:無料(3カ月契約)*1カ月契約では2,200円(税込)
・エックスサーバー:無料

月額費用(1年契約)

・カラフルボックス(プランBOX2):700円 /月、3年契約:581円 /月
・エックスサーバー(プランスタンダード):880円/月、3年契約:693円

大きな違いは、サポート体制です。

エックスサーバーは、24時間365日、いつでも電話、メールなどで技術面でのサポートがあります。

カラフルボックスは土日、祝日はお休みです。

スペック的には初心者にとっては問題ありませんが、サポートだけが違うので注意が必要です。

手厚いサポートが必要ならエックスサーバーがおすすめです。

カラフルボックスの会社概要

  • 会社名 株式会社カラフルラボ
  • 本社所在地 大阪府大阪市西区阿波座1-3-18
  • エッグビル本町403
  • 電話番号 06-7878-6979
  • 設立 2018年1月23日

まとめ

レンタルサーバーでハイスペックの「カラフルボックス」。

最強のメリットはハイスペックなサーバーと2つのリージョンによる地域別自動バックアップで災害リスクに強いことです。

タイトルとURLをコピーしました