エックスサーバーの月額料金と3つのプランを徹底解説

エックスサーバー(Xserver)は3つのプランと月額料金を選ぶことができます。

また、初期費用は2022年8月から無料になりました。

アフィリエイトのブログ開設で必須の独自ドメインは1つ無料でもらえます。

ブロガーに大人気のWordPressテーマ「Cocoon」と子テーマが無料で簡単にインストール可能。

これらのお得なサービスとプランを利用するには条件があります。

そこで今回はエックスサーバーの月額料金と3つのプランを徹底解説します。

スポンサーリンク

エックスサーバーの月額料金はいくら?

エックスサーバー (Xserver)の最新のプランはとってもシンプルです。

大きく分けると個人向けレンタルサーバーと法人向けにはレンタルサーバーと専用サーバーがあります。

はじめに個人向けレンタルサーバーを解説します。

2022年12月現在エックスサーバーの個人向けレンタルサーバーには以下の3つのプランを設定。

  1. スタンダード:コスパに優れた人気プラン。個人利用はもちろん商用利用も可能。
  2. プレミアム:大規模サイトの運営などにおすすめ。
  3. ビジネス:抜群の安定性を誇る最上位プラン。ビジネス利用におすすめ。

もっとも一般的な契約の「スタンダード」は36か月契約で月額990円(税込)から。

プラン、契約年数で月額料金の割引額が変ります。

エックスサーバーの3つのプランと月額料金

エックスサーバー には、スタンダード、プレミアム、ビジネスの3プランがあります。

プランの違いは、「ディスク容量」と「最低保証されるCPU・メモリ量」の2つ。

*金額は全て税込表示です。

  1. スタンダード
    NVMeSSD 300GB、vCPU/メモリ6コア/8GB、36ヵ月契約 月額料金990円
  2. プレミアム
    NVMeSSD 400GB、vCPU/メモリ8コア/12GB、36ヵ月契約 月額料金1,980円
  3. ビジネス
    NVMeSSD 500GB、vCPU/メモリ10コア/16GB、36ヵ月契約 月額料金3,960円

全プランで共通するサービス。

  • 初期費用無料
  • 独自ドメイン永久無料特典
  • 独自ドメイン1年無料特典
  • 無料独自SSL
  • 転送容量が無制限
  • マルチドメイン無制限
  • サブドメイン無制限
  • メールアカウント無制限
  • サブFTPアカウントの追加が無制限
  • 24時間365日のサポート

次にエックスサーバー各プランの月額料金をまとめました。

1.スタンダード

スタンダードの月額料金体系は次の通りです。

3ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金1,320円 ■独自ドメイン1つ無料

6ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金1,210円(月額110円割引) ■独自ドメイン1つ無料

12ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金1,100円(月額220円割引) ■独自ドメイン1つ無料

24ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金1,045円(月額275円割引) ■独自ドメイン1つ無料

36ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金990円(月額330円割引) ■独自ドメイン1つ無料

●Xserver公式サイト エックスサーバー

2.プレミアム

プレミアムの月額料金体系は次の通りです。

3ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金2,640円 ■独自ドメイン1つ無料

6ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金2,420円(月額220円割引) ■独自ドメイン1つ無料

12ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金2,200円(月額440円割引) ■独自ドメイン1つ無料

24ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金2,090円(月額550円割引) ■独自ドメイン1つ無料

36ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金1,980円(月額660円割引) ■独自ドメイン1つ無料

●Xserver公式サイト エックスサーバー

3.ビジネス

ビジネスの月額料金体系は次の通り

3ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金5,280円 ■独自ドメイン1つ無料

6ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金4,840円(月額440円割引) ■独自ドメイン1つ無料

12ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金4,400円(月額880円割引) ■独自ドメイン1つ無料

24ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金4,180円(月額1,100円割引) ■独自ドメイン1つ無料

36ヵ月

■初期費用 無料 ■月額料金3,960円(月額1,320円割引) ■独自ドメイン1つ無料

●Xserver公式サイト エックスサーバー

法人・企業向け「Xserverビジネス」

法人や企業に特化したレンタルサーバーが「Xserverビジネス」です。

プランは3つあります。

  • スタンダード
    初期費用16,500円、月額料金3,762円、ディスクスペース(SSD)NVMe 300GB
  • プレミアム
    初期費用16,500円、月額料金7,524円、ディスクスペース(SSD)NVMe 400GB
  • エンタープライズ
    初期費用16,500円、月額料金11,286円、ディスクスペース(SSD)NVMe 500GB

●公式サイト Xserverビジネス

企業向けレンタルサーバーの特典

企業向けレンタルサーバーの特典は以下の通りです。

  • 無料のホームページ制作サービス
  • 各種サーバー設定の無料代行
  • ずっと無料の独自ドメインプレゼント
  • WAF(Webアプリケーションファイアウォール)設定機能を無料
  • Web改ざん検知:Webサイト上の脅威を365日自動診断
  • 自動バックアップ:サーバー上のデータを自動バックアップする機能を標準で搭載

この他に「専用サーバー」のプランもあります。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

●公式サイト Xserverビジネス

エックスサーバーの設定代行サービス料金(オプション)

エックスサーバーにはオプションで下記の設定代行サービスが用意されています。

エックスサーバーのエンジニアスタッフが作業を代行してくれます。

エンジニアスタッフが作業を代行する「設定代行サービス」

  • まとめて初期設定:33,000円
  • WordPress/EC-CUBE/Pukiwikiのインストール:5,500円
  • メールアドレス作成:5,500円
  • 独自ドメイン設定:5,500円
  • サブドメイン設定:5,500円
  • サーバーのデータ削除:11,000円
  • サーバー移転:33,000円

●Xserver公式サイト エックスサーバー

設定代行サービスは、ビジネスプランのみ毎月3回までは無料

設定代行サービスは、ビジネスプランのみ毎月3回までは無料で利用できます。

※毎月の無料回数は繰り越されず、月ごとにリセットされます。

エックスサーバーのドメイン取得

エックスサーバーを契約すると、無料で利用できる独自ドメインが1つもらえます。

また、これとは別に独自ドメイン1つ契約すると1年間無料で使えます。

ただし、ドメインは決められ種類から選びます。

使えるドメインは変更することがあるのでその都度確認してください。

●Xserver公式サイト エックスサーバー

エックスサーバーの月額料金でよくある質問

エックスサーバーの月額料金に関連する質問をまとめました。

エックスサーバーの最短利用期間はどれくらいですか?

初回は3ヶ月以上の契約する必要があります。

なお、2回目以降の「更新時」に限り、クレジットカード、または翌月後払い(コンビニ・銀行)での1ヶ月自動更新設定(1カ月ごとの支払い)が可能です。

無料お試し期間はありますか?

10日間無料でエックスサーバーのお試し利用ができます。

なお、お試し期間中はメールアカウントの作成や追加FTPアカウントの作成は行えません。

エックスサーバーの契約途中でプランの変更はできますか?

契約途中でプランの変更は可能です。

Xserverアカウント内からプランの変更を行うことができます。

「エックスサーバー契約管理ページ」→「プラン変更」から可能です。

月額料金はいつから支払いますか?

月額料金はエックスサーバー申し込み日の翌月1日から起算されます。

(例)1/15利用開始 → 2/1が料金の起算日

月額料金内で操作についてサポートは受けられますか?

メール、電話、チャットでのサポートが受けられます。

メールでの問い合わせ

  • 24時間365日受け付け
  • 返答メールは、お問い合わせから24時間以内に返信

電話での問い合わせ

  • 平日10:00~18:00まで可能
  • 契約中の方:06-6147-2580
  • 新規ご契約相談:0120-183-002

チャットで問い合わせ

  • 平日10:00~18:00まで可能

解約方法はどのようにしますか?

Xserverアカウント内から行います。

「エックスサーバー契約管理」ページ →「契約情報」メニューから解約。

対象のサービスの利用期限日までに解約申請を行うことができます。

解約手続きをしても利用期限日までは利用することができます。

●Xserver公式サイト エックスサーバー

エックスサーバーの関連記事

エックスサーバーからWordPressテーマ「Cocoon(コクーン)」を簡単にインストール出来るようになりました。

参考に手順を紹介します。

●Xserver公式サイト エックスサーバー

タイトルとURLをコピーしました