「当ブログではアフィリエイト広告を利用しています」

【SEO】検索順位を上げたい方へ!検索意図とキーワードの使い方

「何としても検索順位を上げたい!」

そんなあなたのために、キーワードの速攻的な使い方を解説します。

Googleサーチコンソールさえ登録していれば、あとは簡単なリライト・追記で順位が上がる可能性があります。

検索意図をサーチコンソールのデーターから抽出する方法を紹介します。

「PR」

検索順位と検索意図の関係

この記事を読んでくださっているあなたは、もうかなりブログを書いているのではと思います。

でも、あと一息で検索順位が10位以内に入るのですが、なかなか難しいという局面にぶつかっていると推測。

そこで、リライトの提案なのですが、これが的をはずすとリライトした結果が逆効果になることもあります。

そもそもリライトはなんのためにするのでしょうか?

それは、あくまでもユーザーの検索意図にコンテンツが的確にマッチングされているかどうかです。それが少しでも外れていると、検索順位は上がりません。

記事のタイトルと記事内容、H2見出し等が重要な要素を持っています。

では、どのように検索意図を調べたらいいのでしょうか?

検索意図を調べるコツ!

そもそも投稿した記事がどのようなキーワードで検索されているのかをデーターで調べることになります。ここを、自分の感覚や推測でキーワードを選んでリライトしても、それは外れる可能性があります。

あくまでも、実在のデーターから確認しなければなりません。その方法は、いつも利用しているGoogleサーチコンソールを使います。

次の通りに対象記事に対してユーザーはどんな検索意図でクリックしたのかを調べます。

(1)サーチコンソールから「検索パフォーマンス」をクリック。

(2)「+新規」をクリック。

(3)「ページ」をクリック。

(4)対象記事のURLを入力して「適用」をクリック。

(5)クエリと掲載順位をチェック!

この段階で対象記事がどんなクエリ(キーワード)で検索されているかが分かります。

さらに、そのクエリは検索順位が何番目なのかもチェックできます。

このデータを使って、記事のリライトをしていきます。

では、どのようにリライトするのでしょうか?

記事の検索順位を上げる方法

記事の検索順位を上げるために使うデータは2つ、「クエリ」「検索順位」です。

つまり、あなたの書いた記事はこれらのクエリによって検索されています。このクエリを使ってリライトしていきます。

(1)検索順位が上位のクエリを選ぶ

サーチコンソールのクエリは実際にユーザーが該当記事を検索するために選んだキーワードです。なのでとっても重要です。

しかも、検索順位が上位にあります。これはさらにすごいですよね!

クエリは1位から9位までの中から選びます。無い時は、いちばん上位のクエリを選びます。

ではどのクエリを選んだらいいのでしょうか?

その答えは、「記事のタイトル」「H2見出し」に含まれていないクエリです。

つまり、まだ使われていないクエリを探すのです。

見つかったら、そのクエリで次の様に追記・リライトをしていきます。

(2)リライト・追記の方法

記事のタイトルをリライトしたいところですが、たぶん「危険」です。

理由は、すでにその記事のタイトルには内部リンクや外部リンクが張られている可能性が高いからです。そのタイトルを変更すると内部・外部リンクに影響を与えるため、検索順位が一時的かあるいはずっと下落するリスクがあります。

なので、見つかったクエリを使って「H2見出し」を追記する方法を取ります。

見つかったクエリを含むH2見出しを追記し、そこに選んだクエリを元に記事を書いていきます。

実は、これだけで検索順位が少なくともアップするはずです。理由は、実際にユーザーが検索したクエリであり、その検索順位が1桁台の高いレベルだから、Googleも評価していると推測できるからです。

そのクエリが含まれることで、ユーザーの検索意図が記事に反映されるためです。一歩コンテンツの質が向上するというわけです。

(3)リスキーなリライトの方法

この方法はまさに記事のタイトルをリライトする方法です。成功するか失敗するかは、なんの保証もありません。すみません。

ぼくは4位の記事のタイトルを変更して失敗したことがあります。また、逆に大成功を収めた記事もあります。

使われていないキーワードを記事のタイトルに加える方法です。これは、自己責任でチャレンジするしかありません。

万が一失敗したら、もとに戻すことです。約1カ月で戻ることがあります。その時の記事です。

検索順位はいつ上がる?

これは様々なので何とも言えません。ぼくの例では、つい最近、約1週間ほどで検索順位11位から8位にアップした記事がありました。

一度リライト(追記)したら最低でも2週間は様子をチェックすることだと考えます。この間に変化がないからと、さらにリライトをするとマイナスの影響がでることも考えられます。

効果が見えるまで待ち遠しいですが、そこは我慢して待ちましょう。

記事の検索順位チェックについて

記事の検索順位を日々監視できるツールがあります。GRCです。これはPC版とスマホ版があります。フリー版では両方が使えますが登録できる記事は10本まで。

実際には多数の記事を監視するには有料版がおすすめです。この記事のように、日々投稿した記事を追跡することは、アドセンスばかりかアフィリエイトでも収益を上げるためには必須です。

おすすめのツールです。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

検索順位をアップするには検索意図をしっかりと把握することが必要です。Googleサーチコンソールを利用すれば、投稿した記事の検索クエリでまだ使われていないキーワードを探して、見出しを追記し記事を書けば検索順位がアップする可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました