記事タイトルの変更は検索順位が下がる?上がる?大幅に変更した事例

検索順位が10位以内の記事タイトルを変更したくなる時があります。

でも、もしタイトルを変更して検索順位が下がったら収益も下がります。

でも、変更したらもっと検索順位が上がる可能性もあります。

なので、記事タイトルを変更したくてもリスクを伴うので勇気がないのが本音ではないでしょうか?

この記事では記事タイトルの変更による検索順位がどう変わるのかを解説したいと思ます。

スポンサーリンク

記事タイトルを変更する目的は?

ブログ記事のタイトルを変更する目的は、投稿した記事があと一歩で検索順位が10位以内に入るとか、収益をもっと上げたいなどが本音ではないでしょうか?

ぼくもその目的でいろいろ記事タイトルを変更してきた時期があります。

しかし、記事タイトルの変更はSEOだけのためではありません。

第一の目的は、読者が検索して記事のタイトルを見て記事を読んだ時に満足できるタイトルにすること。

つまり、読者の知りたいことが的確に書かれていること、さらに記事内容がその検索意図にマッチしていることです。

SEOには2つの種類がある

記事タイトルを変更する時に、最も重視するのはSEO対策を行うことですね。

キーワードを左詰めで書くとか、キーワードを1つだけ入れるとか・・・

しかし、Googleの評価基準はブラックボックスだから、だれも明確に知ることはできません。

つまり、ネット上の様々な対処方法を参考にして勇気をもって実際にテストしてみて、そこから判断するしか手はありません。

あるいは自分で独自の予測を立ててテストすることだと思います。

実際にサイト構築の専門会社では、テストサイトで検索順位1位~3位の記事を使って、フルリライト、タイトルの変更など様々にテストして順位にどんな影響があるかデータを集めていると言っていました。

SEOには2種類あります。

検索エンジンに対するSEO対策、そして人間に対するSEO対策です。

検索エンジンに対するSEOは、アルゴリズムを変えることができない以上、Googleの検索エンジンで分かっているSEOは外せません。必須なのです。

も一つの人間に対するSEOは次に重要な項目です。

いくらGoogleの検索エンジンに効果的なSEO対策しても、その結果人間には奇妙に映るのではクリックされません。

ぼくの記事はそんな感じでした。

なのでGoogle対応に加え、人間へのSEO対策として記事タイトルの変更、本文のフルリライトなどを行ってみたのです。

記事タイトルを変更するのにはリスクを伴わないと言えばウソになります。

ぼくが投稿して3年目で複合2キーワードで検索順位8位の記事でテストしてみました。

まず行ったのはタイトルの変更タイトル変更を繰り返す、そしてコンテンツのフルリライト

これだけの変更をしてみました。以下に事例を乗せました。

上位記事のタイトルを大幅に変更した事例

8位の記事のタイトルを2年ぶりに変更してみました。検索されているメインのキーワードは残し、その他は変更しました。

一時的に順位が下がる影響はありましたが、その後、もとの順位に戻っています。

次にある程度安定してから、今度はキーワード1つを残して検索意図を変えるというを変更してみました。その結果、検索意図がずれるため8位~12位を変動していた記事は、それまでの検索キーワードでは30位まで落ちました。

しかし、新しく取り入れたキーワードを使うと11位でヒットしています。この場合、記事もリライトしています。

上位記事のタイトルを頻繁に変更した事例

もう一つの事例は、記事のタイトルを必要があって週1回程度くりかえし変更した事例です。

この場合、全面変更ではなくマイナーチェンジでタイトルを変更しました。

頻繁にタイトルを変更するとペナルティがあるという意見もあるのですが、ぼくのテストではありませんでした。

上位記事を全部リライトした影響の事例

検索上位の記事が古くなったので、全面的にリライトすることにしました。

この場合はちょっと不安でした。すべて書き直したら順位を下げる可能性が大きいからです。

とは言えその記事を捨てるつもりで勇気をもって全面的にリライトしました。

もちろんタイトル、H2見出し、コンテンツをリライトしました。

だたし、記事を書いた当初の検索意図は崩しません。検索意図にマッチさせるため、記事全体の流れを変え、文章は全部リライトしました。

しかし、結果としては問題はありませんでした。一時的に順位を2桁下げることはあっても、その後、上位に戻ってきます。

コンテンツは新しい方がGoogleは高く評価するのでしょう。

古くなるにつれ検索順位を落としていきます。

GRCで記事ごとに検索順位を日々監視
GRCで記事ごとに検索順位を日々監視

上位記事でも年数回リライトすると順位を保つことができます。

ブログ記事の変更についての考察

ぼくの場合は上位に検索されても収益の上がらない記事だったので、思い切ってリライトすることができました。

そこから得たのは、読者(ユーザー)の検索意図がしっかり繁栄されるように記事をリライトすることは重要であり、決して順位を下げるものではないという体験です。

とは言っても不安な方は、少しずつ変更を加えてみたらいいと思います。

もし順位を大きく下げてしまって、いつまでもそのままなら、WordPressのリビジョン機能を使って、変更前に戻せばいいと思ます。

この場合はすぐには戻りませんが、ぼくがテストした記事では戻ってきました。こんな感じです。

GRCで記事の検索順位の変動を日々監視
GRCで記事の検索順位の変動を日々監視

失敗すると貴重なノウハウが手に入る!

だれしも失敗はしたくありません。

しかし、いろいろ考えた結果、記事のタイトルや本文を変更するのですから、やらないで悩むより、失敗しても勇気をもってやってみる方をぼくは選びました。

失敗をいろいろする中で、ここまでやっても大丈夫、この方が効果がある、など様々なノウハウが手に入るからです。

ぼくは今日も上位記事のリライトと記事のタイトルの微調整をしました。

読者のみなさんが見やすく読みやすく内容が検索意図と違わず、しかもGoogle検索エンジンに効果的なリライトなら勇気をもってどんどん行うつもりです。

記事の順位変動を監視するには「GRC」は必須です。

検索順位を記事ごとに日々チェックできるので、是非「GRC」は使いたいものです。

コンテンツ制作会社のプロも使っていて重宝していると絶賛しています。

10記事を追跡できる「無料版」が手に入るのでチェックしてみてください。

GRCの無料ダウンロードページはこちら

収益をワンラックアップするときは、GRCの料金は安いので有料版がおすすめ。有料版は同公式ページの左サイドメニュー「ライセンス購入」から申し込めます。

タイトルとURLをコピーしました