ブログの過去記事をリライトすれば収益アップ!簡単な3つの方法

コンテンツ
この記事は約5分で読めます。

ブログで過去に書いた記事をリライトしてGoogleやYahooの検索結果で上位に表示させる方法を紹介します。

簡単に3つのポイントを改善すると数日で検索順位がアップします。50位以下の検索順位を上位にアップさせる方法です。

その①:リライトする過去記事の選び方
その②:リライトする3つのポイント
その③:リライトで広告収益があがる
スポンサーリンク

その①:リライトする過去記事の選び方

ブログができたばかりで記事数が20から50本程度ではあまりリライトの効果は見込めません。理由はブログの評価がまだ低いからです。

この時点では、記事数を100記事以上にボリュームを持たせる努力が必要な段階です。
リライトするのは最低でも100記事を超えたあたりで過去記事を見直すのです。

100記事超えたら始めましょう。

100記事とよく言われますが、1記事1500文字なら100記事で150000文字となりますから、このボリューム位から徐々にブログは評価が目に見えてくる頃です。

なので、100記事あたりから開始することです。過去記事を見直すとその未熟さに気付くと思います。

50位前後の記事がリライトにはおもしろい

Googleサーチコンソールで記事の平均順を見ると70位以下がかなりあるのではないでしょうか。初心者で立ち上げるとだいたいそんな順位が一般的です。

そのなかから50位前後の記事を選んでリライトすると成功した場合は10位以内にアップしますし、この後説明しますが記事のタイトルをリライトするだけでも20~30位はアップするものです。

面白い位アップしますのでトライしてみましょう。

その②:リライトする3つのポイント

リライトとは記事や記事のタイトルも含めて書き換えることとして説明します。

理由は記事の内容と記事のタイトルが連動するからです。

記事のタイトルと記事の内容がかけはならていると、それだけで検索順位は下がります。さらに記事の複数のキーワードが含まれていると検索順位がさがります。

さらにコンテンツ量が多いほど良いという理論は成り立たないこともあります。
リライトの3つのポイント

(1)記事とタイトルの決め方
(2)記事とタイトルのキーワード
(3)記事のコンテンツ量

(1)記事とタイトルの決め方

記事の内容とタイトルが一致していないと検索順位は上がりません。

たとえばタイトルが「リンゴの皮を簡単にむく方法」とします。ところが記事を読んでいくと「皮をむく方法」にプラスして「リンゴの産地と味」等をサービスでかき込むと順位が下がります。

記事の分割もありです。

この場合は、記事を2つに分けます。「皮にむき方」と「りんごの産地」などに分割することです。

理由は1記事に1キーワードを設定することがセオリーなのです。この簡単な手法だけで1日で順位がアップしたグラフです。Googleと当然ですがYahooでもアップしています。

記事を2分割した事例
記事を2分割した例

(2)記事とタイトルのキーワード

(1)で書いた通り記事とタイトルには1つのキーワードを含めてシンプルにすることです。過去記事ではまだ記事の書き方が慣れていなかったために書く内容のポイントが複数にまたがり、さらにタイトルと内容がずれたりすることが分かります。

なので過去記事は苦労して情報を調べた割には検索順位がアップしないとうことが多いのです。

先ほどの事例だと「リンゴの簡単な皮のむきかた」で記事内容には皮のむき方だけを書くようにします。

1記事のキーワードは1つがセオリー

さらに、記事の最初の見出し(h2)には、タイトルで使ったキーワードを1つ入れておくことです。

その位置はなるべく前の方に書きます。理由はロボットが見つけやすいようにするためです。

(3)記事のコンテンツ量

これは誤解している方が多いので書きました。記事のコンテンツ量は1000文字よりも3000文字、3000文字よりも5000文字の方が評価がアップして検索順位に寄与すると考えている方が多いのではないでしょうか。

たしかに読者に濃い目のテキスト情報を沢山入れ込むことはそれなりの効果はあります。

コンテンツ量を増やすだけでは順位がアップしない

問題は、量を増やすことを目的として記事を書くと不自然な文書校正になりかえって検索順位を落とすことになります。

テーマにたいして内容が2つ3つとキーワードが増えたり、違う種類の内容が紛れ込んだりすると検索順位が下がります。

そこは、8000文字で作った記事でもコンテンツを分割して内部リンクを貼り1記事3000文字程度にして的確な読者の要求にマッチした内容なら確実に少ないコンテンツ量でも上位に表示されるようになります。

その③:リライトで広告収益があがる

記事をライトして成功した経験は多数あります。私は1年半で1000記事を超え文字数は200万字(400字原稿用紙で5000枚)を超えるまでになりました。

最初は50位レベルの記事を少なくとも20位以内にアップさせる。

その間に様々な手法をネット上から学びましたが、どの方法も間違いではありません。

一気に1位にアップさせるにはそれなりのSEOのスキルが必要です.

ここでは初心者が少なくとも20位以内に、できれば10位以内にアップさせてGoogleアドセンス等で広告収入をアップさせることを目的にしています。

リライトすることがやる気をおこさせます。

200記事を超えたブログはGoogleアドセンスで1日の収益が10円前後だったのが、リライトを繰り返す中で大きく収益を上げるようになりました。

リライト期間はおよそ3か月を掛けて行いました。雑記ブログなので特化ブログとは違いジャンルが広いので、収益を上げるまでまで時間がかかります。

しかし、いったんリライトにより評価がアップすると一気にPV数がアップして期待する収益まで早いのです。

タイトルとURLをコピーしました