早起きは老化現象か?4時起きブログ書きの場合

「早起きは三文の徳」と言われてきた諺には、大きな効果と深い意味があったのです。調べてみました。

年をとると朝早くなるのです。そして、「年取ったな~」と思いながら4時からブログを書いているのです。

自然界では早朝がポイントです。

調べて見ると、海のプランクトンは日が出る前に活性化します。実はプランクトンからして早起きなのです。

そして魚は朝日が昇る直前に活性化したプランクトンを食べるので、朝の時合があり良く釣れるのです。

なので、漁師さんは早朝に船を出します。

一方、農家では美味しい野菜は早朝の「朝取り」が良いことを知っています。

人間の体は朝型にプログラムされている。

体内時計を調べてみました。人間は体のリズムを体内時計が管理しています。

もっと詳しく言うと人類のDNAは早朝から体が働くようにプログラムされているのです。

体内時計は、ホルモンを制御しています。

人間の体内時計は、2つのホルモンを制御しています。

その、ホルモンとは「アドレナリン」「コルチコイド」です。

アドレナリンでやる気とアイデアアップ!

アドレナリンは「よしやるぞ!」のやる気をコントロールします。困難に立ち向かう時に分泌されます。

コルチコイドは、アドレナリンを全身にくまなく行きわたらせる仕事をします。

夜明け頃から働きはじめ、午前7時がピークです。

この2つのホルモンは、夜明けごろから午前7時にピークを迎えるようにプログラムされているのです。

朝4時に起きる事で早めに体のアイドリングを開始して、難問題解決やアイデアを生み出すホルモンのピークを迎える午前7時に時間を合わせるのです。

午前7時前後はベストな時間帯。

朝のニュース等の重要な内容は、このベストな時間帯の前後を狙って放送されています。

次に訪れるのは午前11時前後と午後3時前後です。この時間帯って、TVのワイドナショーが多いような気がします。

人間の体は不思議な体内時計を持っているのです。

ビジネスの成功者はみんな朝型でした。

政界では早朝勉強会の歴史は長く、毎日行われています。

ソフトバンクの孫さん、楽天の三木谷さんを代表とするビジネスの成功者は全員朝型です。

「ブレックファーストミーティング」モーニングコーヒーで考える。

海外でもトップクラスのビジネスマンは、コーヒーを飲みながら「ブレックファーストミーティング」を行うなど早朝に商談をするのは当たり前なのです。「パワーブレックファースト」とも言われています。

早朝にはビジネスを成功へ導くチャンスが潜んでいるのですね。

まとめ

あ早起きは老化であっても、とてもよいことが分かりました。

早朝の4時からブログの記事をかいていましたが、普通で良かったと思いました。

なお(シニアブロガー)