ブログで読者に最初に読まれる記事タイトルの書き方

トピックス
この記事は約3分で読めます。

ブログの記事で読まれるタイトルの書き方を紹介します。

タイトルひとつで検索結果がクリックされるかどうか影響がでます。

効果的にクリックされる記事のタイトルの設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

読まれる記事はタイトルで決まる

記事のタイトルは自分の好きなように書けるため、読者を考えずに書いてしまうことがあります。

自由に書いた記事のタイトルは自分では面白いと思っても、読者にはどうでもいいことがあります。

記事を1500本超書いてきましたが、いまでも記事のタイトルは見直しをすることが多いです。

記事のタイトルがいまいちだと記事内容が良くても読まれません。

理由は、読者は初めに記事のタイトルだけでその記事を読んでいるからです。

タイトルから記事全体像を想像してしまうのです。

記事の第一印象は80%と言ってもいいほど、記事の講読率を左右します。

スポンサーリンク

記事の内容を表すタイトル

記事の内容が記事タイトルに反映していないと、効果が無いと言いました。

具体的には、記事が検索されてディスプレイに表示されます。

表示されるのは「タイトル」「メタディスクリプション」ですね。

この2つの要素で読者に記事を読んでもらえるかどうかがほぼ決まります。

ようは、クリック率が上がるかどうかです。

なのでタイトルには、的確な内容を短い言葉で伝えることが大切になってきます。

記事のタイトルの書き方

記事のタイトルに書き方を紹介します。

この方法はわたしが使っている方法なのであくまでも参考ということで紹介します。

必要なのは「5W1H」が的確に入っているかです。

記事のタイトルには、When:いつ、Where:どこで、Who:だれが、What:なにを、Why:なぜ、How:どのようにして、という要素ができれば全てはいっていることです。

例えばこの記事のタイトルで説明します。

この記事のタイトルは「ブログで読者に最初に読まれる記事タイトルの書き方」です。

ブログで(Where)、読者に(Who)、最初に(When)、読まれる記事(Why)、タイトルの(What)、書き方(How)となります。

さらに、記事のタイトルにはキーワード「読まれる記事」「タイトル」が入っています。

そのキーワードは、SEO対策で最初のH2見出し「読まれる記事タイトルで決まる」に2つ入っています。

こんな書き方をしています。

この様な記事のタイトルを書いてクリックされる効果をアップします。

おわりに

ブログの記事で読まれるタイトルの書き方を紹介しました。

タイトルひとつで検索結果とクリックに影響がでます。

効果的にクリックされる記事のタイトルの設定方法で記事の評価をアップしましょう。

タイトルとURLをコピーしました