Googleアナリティクスの参照元『responsinator.com』の影響とWebサービス

SEO対策
この記事は約2分で読めます。

Googleアナリティクスでデータをチェックしていると
参照サイトに「responsinator.com」を参照していることがあります。

参照サイトに表示されていることは
これはリファラースパムの可能性もあるので
一応対処をしました。
(途中に処理方法を書きました)

スパム表示の問題は別として、
このサイトはどの様なサイトなのかを紹介します。

スポンサーリンク

「responsinator.com」のサイト

Googleアナリティクスの集客の参照サイトに表示されてので
参考にキャプチャーを置きました。

Googleアナリティクス
「responsinator.com」は、Webサービスを行っているサイトです。

そのサービス内容は、
自分が作成したレスポンシブのサイトやブログが
どの様に見えているかを確認することができる
Webサービスサイトとなっています。

サイト http://www.responsinator.com

サイトにアクセスして調べたいURLを入れると
さまざまなサイズで表示されるので
自分のサイトがどうなっているのか確認ができる内容です。

そもそもレスポンシブデザインは
Googleが推奨するものです。

PCからスマホやタブレット等に移行している
ことにサイトも併せて行こうということです。

サイトがモバイルフレンドリーに
対応していることが確認できるサービスなのです。

リファラースパム処理

記事数のアクセスが月に1件程度のサイトが
1記事投稿する旅に突然10~15件のアクセスになったら
変ですよね。

どこからアクセスしているかを調べると
リファラースパムの疑いのあるので対処しておきます。
オーディエンスの言語は「en-us」で、
地域は「not-set」なので明らかにリファラースパムですね。

Googleアナリティクスの設定から「ビューの設定」で
以下の画僧の「ボットのフィルタリング」にチェックを入れておきます。

これでボットによるスパムは表示されなくなりました。

次は、フィルタリングでスパムの潜んでいる国「en-us」を
除外します。

この方法は以下の記事を参考にしてくださいね。

まとめ

Googleアナリティクスの
参照元『responsinator.com』のWebサービスを説明しました。

ついでにリファラースパムの対策についても
ご紹介いたしましたので参考にしてください。

どれかクリックいたたけると嬉しいです^^
にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ
SEO対策
スポンサーリンク
naoテック
タイトルとURLをコピーしました