アドセンスの記事が1,700本に!ブログ記事が資産に?

この記事は約4分で読めます。

ブログは趣味で始める場合が多いのではないでしょうか?

趣味のブログはとても楽しく参考になります。

同じ仲間が出来て時にはダイレクトに会って情報交換することもあり興味はつきません。

また、日々の日記を綴ったブログでは、人の生き方や面白いチャレンジなど、読んでいてとても参考になります。

一方、読んでもつまらない記事があるのですが、その情報が欲しい人には宝のような内容が詰まっていることがあります。

なんで、この記事がこんなにアクセスが多いのだろう?

記事のキーワードも設定していないのですが、多くの方が閲覧しにくる記事も存在します。

スポンサーリンク

1,700本の記事のジャンルは様々

とうとう丸2年間で1,700記事に到達しました。

1記事1,500字としても1,700本なら合計255万字にもなります。

400字原稿用紙に隙間なく書いて約5,600枚。

よくこんなにも書いたなと我ながら感心しています。

実際には1,000字~6,000字の範囲で書いているので、まあ平均すると1,500字程度でしょうか。

雑記ブログや趣味のブログ、技術ブログや年齢に特化したブログなどを作ってきました。

ノウハウ物の記事もあれば、日記形式で自由にかいたもの、エッセーで綴ったブログなど様々です。

ブログ記事でアクセスが集まっている記事のジャンルは多岐にわたり、これだというジャンルはありません。

PV数が多い記事だと1日に1,000PV位もありますが、ほんの数記事で、大半は1日50PV もあれば大成功です。初心者にとってですが・・・

アクセスの多い記事には2つの特徴

アクセスの多い記事を1,700本から選んで分析してみました。

すると以外なことが分かってきました。

賞味期限のある記事

日記形式の記事には「賞味期限」があるということです。

日記でとても面白い記事を投稿しているブログはリピーターが多く、1記事投稿すると一気に100PVほどに上昇して「人気あるな・・・」などとウキウキしたものです。

その記事のPV数を追いかけると、わずか3~5日です~っと消滅します。

つまり、賞味期限が5日程度の記事なのです。

PVは少ないがロングテールな記事

一方、うだつが上がらない記事があるのですが、何年たっても同じ程度のPV数で続いているのです。

1日のPV数がいい時で30PV、平均は1日10PV前後です。

こんな記事が30本以上あるブログをもっています。

単純計算だと、1記事1日10PVとして、1年で3,650PVとなります。

この記事が30本なら、1年で約10万PVにもなります。

アナリティクスで分析してみると約140,000PVあるのです。このブログが平均して収益を上げています。

一方、面白い記事を書いているブログは、記事1つ1つはPVが瞬間的におおいのですが、説明したとおり瞬間風速的で、その後はほぼゼロで誰も検索はしません。

資産を生む記事

説明した通り、将来にわたって資産価値を持つ記事はロングテールな記事です。

ポツポツをアクセスがあり、マラソンのように止まらないアクセスです。

この様な記事の特徴は「時期にも時代にも関係ない記事」でした。

例えば「昔ながらの梅干しに作り方」などは延々とアクセスが続いていて途切れません。

アドセンスの広告をクリックしてくれる記事として大変重要な位置を占めてきました。

長くアドセンスで収益を上げるなら、資産価値もあるロングテールな記事を書いていくことです。

Googleアドセンスは記事を読んでくれる読者がいてこそ成り立つ収益モデルです。物販アフィリエイトでは販売を目的にした記事で構成していきますから、極端には1PVでもそれを読んでくれた読者1人が購入に結びつけは手数料が入ります。つまりPV数は多い方が良いのは当たり前ですが、それにこだわって多く集めることに労力を費やすことはないのです。ただし、記事の内容はたえず商品情報が古くならないようにアップデートが必要です。

アドセンスで収益を上げるには読まれる記事でありPV数を多く集める必要があります。記事に表示された広告をクリックしてくれないと収益にはならないからです。

1つ1つの記事のPV数が少なくても、記事があつまればブログ全体でPV数がアップしていきます。少ないPV数でも多くの記事が集まれば全体としてPV数は増加します。効率的な記事は、時間が経過しても古くならない放置型の記事を書くことです。多数の記事のメンテナンスが不要となり効率的に収益が持続して増えていきます。

つまりいつでも読まれる記事の書き方が大切になってきます。ライティングスキルと定番の「キーワードの選び方」をマスターすることがアドセンスの収益をアップするコツとも言えます。

チェックしたい参考書沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉 (日本語)「Amazon」

タイトルとURLをコピーしました