アドセンスで稼げないブログ?稼ぐブログに作り替える方法

アドセンス・ASP
この記事は約7分で読めます。

Googleアドセンスは審査に通れば、意外と簡単にお金をかけずに運用ができるアフィリエイトです。

アドセンスで数十万円を稼ぐという方もいますが、初心者が実績を出すまでにはノウハウを習得するための時間がかかります。

アドセンスの仕組みはシンプルなだけに稼ぐのは簡単ではありません。

そこで、Googleアドセンスで稼げないブログを手直しして稼ぐブログにする方法を紹介したいと思います。

眠っている独自ドメインが復活して、稼ぎ始めるかもしれません。

これは、だれにでも当てはまる事ではないと思うので参考程度にしてください。

通常の手直しとは違うので同じことをして評価が下がってもいけません。

わたしのブログに関しては、こんな方法でも実際に収益が改善されたので今回記事にしました。

スポンサーリンク

アドセンスで稼げない的外れなブログ?

Googleアドセンスでお金を稼ぐには、「稼げるジャンルを狙う」ということが大前提ですよね。

自分では稼げると確信して作ったブログが、実は的はずれだったことはありませんか?

記事を投入してある程度出来上がってしまったブログ。

そのブログはいつまでたっても収益はもとよりPV数が上がらないのです。

つまりブログのテーマと内容が的外れで収益が殆ど上がらないブログを作ってしまったのです。

そのブログを手直して少しだけ収益を上げようと試みた話です。

その方法をお伝えしたいと思います。

アドセンスで稼げないブログは一度は通る道

ドメインを取得してGoogleアドセンスの審査が通っているだけでも価値あるブログなのです。

その稼げないブログを手直して、なんとか最低限の収益をあげてみようと頑張ってみたのです。

いろいろ考えて自分なりに設計し納得して作ったブログですが、アドセンスで全く収益がでないのです。

そのブログをよく観察すると、「ブティックで納豆を売っているようなブログ」になっていたのです!

特化ブログのつもりが、雑記ブログになっていたということです。

だから、まれにお客さんはやってきますが、モノ好きでないと記事は読まれないのです。

そんなジャンルを見に来る人はほとんどいないのです。

場違いなところに店を出して、さらに違うものを売っているのですから、だれも来ません。

稼げないブログを分析する

稼げないブログでも、なにか使えるコンテンツがあるかもしれません。

いままで書いた記事の中から使えそうな内容のものを探してみると、実はあります! 

少なくともブログでお金を稼ごうと努力したことは事実です。

その時に書いた記事にはその熱意がこもっていて、結構使えることがわかりました。問題はキーワードの使い方やコンテンツとテーマの食い違いだけなのです。

Googleアドセンスで収益を上げるためにブログは厳しい審査に通っているのです。

Googleアドセンスのポリシーに準拠しているのですから、たとえ稼げないブログでも自信をもっても良いのです!

そのブログを作り替えて、稼げるブログにしようと決意したのです。

PV数が少ないブログだからできるリライト

ある程度PV数が多いとブログの大きな変更は勇気がいります。まだPV数が少なく稼げないブログはもともと失敗作なのでいくら打撃を受けてもどこにも影響しないから、逆にチャンスなのです。

稼げないからといって休眠させる方もいますが、それでは書いてきた記事がもったいないのです。

もちろん、手直しリライトのために労力を費やすくらいなら、新しくブログを開設した方が速いというのがこの世界の鉄則ではあります。

しかし、そこは勉強になるのでチャレンジしてみたくなるところです。

まだ世間に認識されていないブログだから、変更による影響は最低限ですみますね! 

Google先生以外は、だれもまだ見ていないブログなのですから・・・

ブログは記事で成り立っているので、つまりコンテンツをリライトすればいいのです。

URLだけは変更すると面倒なので、URLを再利用してリライトしていきます。

ただし、アドセンスに申請したブログなので、大きな変更は申請と乖離(かけ離れる)するので注意しながら許容範囲でおこないました。

稼げないブログとドメインの将来性

せっかくお金を出して取得した独自ドメインは有効に使いましょう。

たとえ、ジャンルが多少違っても、コンテンツとドメインの関連性がでるようにリライトしました。リライトしても違和感が無いようにしていきました。

取得したドメインのパワーが弱くてもGoogleにはインデックスされているはずなので、今から変更しても、まったく最初から作るよりは少しは早く評価されると期待したのです。

新たにブログを作りこむ感じで、徐々に時間をかけて手直しを進めます。

結果、稼げないブログが稼ぐようになった

稼げないブログのテーマは、「パパが家事に参加する内容」に目を向けたブログです。

掃除、洗濯、料理、子育て、お風呂、家計などを網羅して、お父さんとお母さんが協力していくコンテンツなのです。

立ち上げた当時は、周りの誰しもがコンテンツの方向性が面白いと言ってくれたのです。

しかし、どんどん記事を書いていくうちに、いつの間にか雑記ブログになっていました。

その上、ブログの名称は「パパ家事・・・」です。

どう間違えたか「パパ家事」を「パパ活」と見間違えて誤解が広がりました。

友人がブログ記事をみて、「おまえ、すごいこと始めたな~」と言われたので、誤解に気が付いたのです。

パパ活と間違えられたのです。

しかし、救われたのはドメイン名が無機質な名称だったことです。

このことは全体の方向性を変えるリライトにはラッキーでした。

ブログのタイトル「パパ家事・・・」を変更するとGoogleの評価を落とすかも知れないのでそのまま使うことにしたのです。

稼げないブログの何を変えたか?

ブログの見栄え(デザイン)とカテゴリーを大きく変更したのです。

ブログのタイトルはSEOにも影響するのですが、いまさら変更するのはやめました。

ブログ名を目立たなくしてキャッチフレーズを活用しました。

つまりトップページのブログ名を小さく表示させて、逆にキャッチフレーズを大きく表示して見え方のイメージチェンジをはかりました。

WordPressのテーマをダイナミックに変更する

そのためには、Wordpressのテーマをまるごと別のテーマに変更して、ユーザーへの見え方を根底からデザインし直しました。

変更した結果、まるで別物のブログになったようです。

訪問したユーザーの回遊率もアップ、滞在時間を稼ぐ工夫をしたり、記事と記事の内部リンクを張り巡らせてコンテンツの強化を図りました。

カテゴリーを作りなおす

もう一つは、カテゴリーを少しずつ時間をかけて変更しました。

記事のURL(パーマリンク)にカテゴリー名は入れてないので影響は最小限となります。

もし、記事のURLにカテゴリーが入っていて、カテゴリーを変更したら、それまでの記事は「どこにいちゃったの?」とWebの海原から消えてしまします。

ブログをカテゴリーで見せる

元になるのが家事のブログなので、なるべく家事とイメージが離れすぎないカテゴリーにします。

キーワードで検索ボリュームのあるワードから選んでカテゴリー名を作り直しました。

一気にカテゴリーを変更するとSEOに影響するので、少しずつ行っていきます。

数年前にカテゴリーを一気に変更したために、PV数が一時激減し、戻るのに3カ月かかった経験があるので慎重に注意しながら変更を進めました。

ブログのテーマ「パパ家事・・・」とは少し縁のないカテゴリーだとしても、記事の内容の質をアップして何とかテキストコンテンツでアピールを図る改造をしました。

ブログのカテゴリー変更と記事のリライトの結果は?

記事の内容は、アクセス市場の大きいジャンルの中で書けるようになりました。

新しいカテゴリーに変更するには約1カ月をかけました。

新しいカテゴリーのジャンルは、雑記ブログとして出直すためのすそ野を広げることができました。

記事が単体で収益を上げるには、その記事が自動的に稼げるようにデザインやコンテンツ内容をリライトすることです。

この作業を1本ごとに確認しながら気長に修正しました。

そしてカテゴリーが関連性のあるコンテンツで埋まるようにしました。

そんな努力もあり、徐々にPV数が増加していきました。

記事の中には月間300PVから月間1200PV を超えるまでに成長したものもあり、ブログ全体のPV数をアップするのに貢献しています。

その結果、アドセンスの収益が月数百円から月4桁に成長しました。

1年半が経過してアドセンスのクリック率はアップし、クリック単価も3桁の日が出るようになりました。

まとめ

読みにくい記事を、ここまで読んでいただきありがとうございました。

時間がかかるものの、リライトとブログの設計を見直すことでアドセンスの収益を改善することができました。

稼げないブログでもなんとか稼げるブログになりました。

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました