Googleアップデート2021年『1月8日』の影響とその後

SEO対策
この記事は約2分で読めます。

ブログを運営していて最も収益に影響を及ぼす原因のひとつに、Googleアップデートの存在があります。

それまで順調に上昇を続けてきたブログが突然順位を落とすことになるからです。

今まで何度もその悲劇や幸運を味わってきましたが、昨年2020年12月4日のGoogleコアアップデートは、寿命が縮むような影響をブログに与えました。

今回、2021年1月8日にも見てすぐわかるような影響が出ました。

初心者が見てもわかるような変化なので紹介します。

スポンサーリンク

Googleアップデート2020年12月4日

この日には大々的なコアアップデートが行われました。

その結果、ぼくのブログの一つが大きくアクセスを落とすことになったのです。

その時のグラフです。概要だけですが紹介します。

12月4日に順位が下落しそれまでのアクセス数からかなり下がりました。

その結果、アドセンスの収益もガクンとダウンしてしまい、ショックでしばらくは茫然としました。

しかし、Googleアップデートは繰り返されていくので、しっかりとコンテンツを書いて投稿していけば必ず復活する日がくることを信じでいました。

Googleアップデート2021年1月8日の影響

グラフから分かる通り12月4日のGoogleコアアップデートで落ち込んだブログは、地底を這いずり回りながら時を経過していきました。

そして、大晦日をまたいで1月に入ると、正月にブログ記事がヒットし一瞬アクセス上昇となりました。

そのままもとに落ち込んでしまう予想でした。

その後、1月のGoogleアップデートとしては影響が大きいと言われた1月8日の情報を得てブログの状況を確認しました。

振り返ってみると、1月8日に元に落ち込みそうだったブログはV字回復して上昇に転じてなんとか順位を維持するようになりアクセス数も上昇しました。

結果はクリック数もアップしてアドセンスへの影響も戻り始めました。

コアアップデート後は復帰まで長い

Googleコアアップデートで12月4日に大打撃を受けたブログは、2021年1月に入りなんとか持ち直す傾向になりました。

しかし、その道のりは長いようです。

その間にユーザーに有益なコンテンツにいつも以上に絞りこんで投稿を続けています。

基本は有益なコンテンツを書くこと

やはり基本はユーザーにとって有益なコンテンツを提供することです。

その結果、ブログが評価を受けることでこのような難局も乗り越えることができると思います。

SEOに関するスキルアップと同時に、コンテンツを書く基本を忘れてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました