検索順位が下がる!「コアアルゴリズムアップデート」3つの重要な対処方法。

この記事は約3分で読めます。

先般行われたGoogleのココアルゴリズムアップデートは、6月に引き続き7月2日に行われました。

7月2日のコアアルゴリズムアップデートの記事で説明したように、様々な影響が発生します。

アップデートが実施されると、検索順位が不安定になります。

アルゴリズムアップデートで検索順位が下がったら、どのような対処方法があるのでしょうか?

この記事では、アップデート後の3つの重要な対処方法について紹介します。

検索順位アップを目指すページ構成のチェック方法を知ることができます。

スポンサーリンク

コアアップデート後、1~2週間は観察に徹する

過去の事例を見てみると、2週間ほどは不安定な時期を迎えます。

今回は7月2日から実施されたので、おそらく7月17(土)あたりまでは、検索順位が上下を繰り返す不安定になることが予測されます。

現在は、いかがでしょうか?

アップデートの特徴としては、一度下がった順位が、もとに戻るケースもあります。

そのため、最初に順位が下がったからと決めつけないで、しばらくは観察することが大事です。

大切なことは、順位が下がっても焦らずのデータを注視していきましょう。

対処方法1:コンテンツの質を高める

対処方法の一つ目は、定番中の定番「コンテンツの質を高める」ことです。

Googleがずっと継続しているのは「ユーザーファースト」の方針でしたね。

そのポイントは次の項目です。

・ユーザーが満足度の高いコンテンツか?
・ユーザーが求めている内容か?
・ユーザーが使いやすいサイトか?

これら3つのポイントは、サイトが評価されるための重要な基準です。

コンテンツの質が高まると、アップデートがあっても安定した順位を保つことができます。

対処方法2:専門性・権威・信頼のチェック

Googleが最も重要視している基準があります。

それは「E-A-T」という項目です。

Eは「Expertise」で、専門性があること。
Aは「Authoritativeness」で権威性があること。
Tは「TrustWorthiness」で信頼性があること。

投稿した記事は、専門性が網羅されているか、どのような根拠があり、だれが書いたのか、信頼ができる内容なのかが、しっかりと書かれていることが評価の基準となります。

「E-A-T」がしっかりと記述されているかどうか、チェックしましょう。

過去に投稿した記事の内容が古くなっていたら、最新の情報にリライトすることも重要です。

記事は常に最新の内容で書かれていることが重要となります。

Googleのガイドライン「Google General Guidelines」

対処方法3:サイトがスマホ対応になっているか?

現在はスマホと浸かっているユーザーがとても多くなっています。

Googleは、スマホに対応しているサイトを評価します。

大切なことは、スマホに対応したページ構成になっていることがポイントです。

スマホに対応していない記事は、検索順位が低下することになります。

スマホ対応になっているかどうかは、以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

ここまで「検索順位が下がる!『コアアルゴリズムアップデート』3つの重要な対処方法。」について紹介しました。

Googleの方針に沿ったページ構成になっているかどうか、専門性・権威性・信頼性がしっかりと書かれているか、チェックしてみましょう。

ユーザーにとって、魅力的なページを作るための参考にしてみてください。


タイトルとURLをコピーしました