「アドセンスは稼げない?」ブログ収益が減少する理由

だんだんアドセンスの収益が減少してきて、これはもうだめか?ということに直面するものです。

そこには、ある原因が影響しているかもしれません。

調子よくスタートしたアドセンス。でも日に日に収益が減少して行き、PV数すら落ちてきてどうにもならなくなる時があります。

PV数の減少や増加を気にすることは無い

突然ですが、アドセンスで収益を上げる場合にPV数をあんまり気にすることはありません。

そんな無責任な事をいっているのはだれ?

通常はアドセンスはPV数に依存しているから、PV数が下がると収益も落ち込むのです。

PV数が落ちていき、そしてそれに伴って収益もじり貧になっていく

こんな時もあります。つい最近、同様な変化が起きました。

以前は、こんな時には対策をしてきましたが、それが逆に墓穴を掘る場合があったのです。

じり貧になってくると、どうしてもブログをチューニングしたり、アドセンスの広告配置を変更したり、コードを貼り直したりしてしまうものです。

ブログをチューニングしたり、アドセンスの自動広告を調整したり・・・

この調整をすることは重要な事だと考えます。しかし、調整した結果が効果として現れるまでには、時間がかかります。

「今、直したから明日には効果が出るな・・」などと考えたりするのですが、一向に改善せずに逆に悪化して行くのです。

この繰り返しで、どんどんじり貧のスパイラルにはまってしまうのです。

その原因とは?

Google側のちょっとした変更で検索順位が変動したり、季節や月が替わる時など、様々が要因が複雑に絡み合って、現在のじり貧が生じているのです。

明確な原因を追究して、改善したことはかなり少ないのです。素人なので無理もない話ですが。

一般的に公表されている対処方法は、概ね実践してみました。どの方法もその通りなのですが、効果はイマイチなのです。

しばらくほっぽって置くと、変化が起きることがある

初心者が解析できるほど、検査エンジンのAIは甘くは無いのです。

なので、しばらく我慢して様子を見る事をおすすめします。

途中で対策をとったがために、後々のブログに大きな影響を与えてしまった経験があります。

少なくとも半月、長い目で見て1カ月、そして年間の動きを見るくらいの大きな視点で観察するのが、リスクを抑えることに繋がるようです。

急いてはことを仕損じる!

あるブログのログを1年間取ってみたら、あの時のじり貧は誤差程度であり、全体としては大きく増えていたなんてことは、よくあります。

じっくりと変化を見据えて、じり貧の時は内容のすぐれたコンテンツを量産して投稿することに限ります。

じり貧の原因は、それまでの結果なので、これから先への投資をした方が成果は出るのです。

ついでに、過去記事の全く読まれていないものをリライトして復活させるのも同時に行って行きましょう。

その結果はいずれやってきます。

nao(NAOテック)