「日記・雑記・特化」どのブログが稼げるのか?簡単に解説します!

この記事は約4分で読めます。

ブログは大きく分類すると「日記ブログ」「雑記ブログ」「特化ブログ」があります。

いったい、どのブログが稼げるのでしょうか?

これからブログを作ろうと考えている方が、どう選んだらいいのか簡単に説明します。

また、「ブログを作ったけど稼げない?」
そんなブログを稼げるようにする方法もあわせて紹介します。

ぼくは、これら3種類のブログを運営しているので、その実績もふまえて説明しますね!

スポンサーリンク

「日記ブログ」「雑記ブログ」「特化ブログ」とは?

「日記ブログ」「雑記ブログ」「特化ブログ」ってどんなブログなのでしょうか?

ネット上には、これらのブログの説明がたくさんありますので、
すでに知識をもっているのではないでしょうか?

「日記ブログ」の特徴

日記ブログは、日々の出来事や自分が感じたことなどを書いているブログです。

「にほんブログ村」をのぞくと、多くの日記ブログが並んでいますよ。

読んでいて楽しい内容で、時にはおなかを抱えて笑い転げてしまうほど面白記事もあります。

思わず、登録してしまいます。

日記ブログは、主に「自分のこと」を書くブログです。

「雑記ブログ」の特徴

雑記ブログは、例えば「ウォーキング」「料理」「旅行」などの様々なジャンルが混在するブログです。

各ジャンルは、料理のレシピを紹介したり、効果的なウォーキングの方法を説明したり、旅行の楽しみ方を紹介するなど、読者が知りたいことを読者のために書いているブログです。

専門ショップが集まったデパートの売り場のようなブログですが、
基本は、読者のための内容です。

「特化ブログ」の特徴

特化ブログは、例えば「旅行」だけを専門に扱ったブログです。

旅行先、旅行の持ち物、旅行の料金、海外旅行、国内旅行・・・

旅行に関することだけを書いているブログです。
「旅行について知りたいなら、このブログを見よう!」という読者が集まってくるのが特徴です。

お店なら「お菓子の専門店」のようなブログです。

3つのブログは、実は2種類?

「日記ブログ」「雑記ブログ」「特化ブログ」は、実は気が付いて方もいると思います。

大きく2つに分かれます。

・自分のことを書くブログ:日記ブログ
・読者のために書くブログ:雑記ブログ、特化ブログ

このように、「自分のことを書いている」のか「読者のために書いているのか、なのです。

結論から説明すると、自分のために書いたブログは稼げません。

稼げるブログは「読者の知りたい事を書いたブログ」になります。

雑記ブログと特化ブログは稼げます!

つまり、読者が解決したいことや、知りたい事を書いている「雑記ブログ」「特化ブログ」は稼げるブログになります。

よくいわれていることに、「雑記ブログは稼げない」「特化ブログは稼げる」ということは一概には言えません。

事実、ぼくが運営している「雑記ブログ」と「特化ブログ」は、それぞれ収益を補いながら両方とも稼いでいます。

ブログの目的が「読者のため書いてるブログなら確実に稼げます。

特化ブログは、1つのジャンルを専門に書いたブログ
特化ブログは、1つのジャンルを専門に書いたブログ

初めてのブログは、どっちがいい?

そもそもブログで稼ぐには、記事数と時間がかかります。

つまり、「長続きするブログ」を作ることが大事になってきます。

途中でやめてしまうと、せっかく力をつけてきたブログがそこでストップしてしまします。

大半の方は、ここでやめてしまうのです。

わずかの方だけが、やめずに書き続けて、ようやく稼ぐブログになっていきます。

ぼくの「特化ブログ」などは、
作ってから1年半が経過したころから、急激に収益を上げてきました。

1年や2年は、はっきりいって収益は無いと覚悟をきめることです。

必ず、稼げる時がやってきます。

長続きするブログから始めよう!

雑記ブログと特化ブログのどちらを選んでも、問題はないです。

でも、初めてブログを作って稼ぐなら、「雑記ブログ」から始めることをおすすめします。

理由は、特化ブログは「絞り込んだ専門的な内容」だけを書いていくので、
それ相応の専門知識の幅の広さが求められるからです。

雑記ブログなら、書けるジャンルが複数あるので楽なのです。

今日は料理で明日はウォーキングを書こうなどと、
ある程度幅があるので長続きできます。

雑記ブログで稼げない方

すでに雑記ブログを書いているのに稼げないという方がいます。

基本に戻って記事の内容が、読者のためになっているのかどうかチェックしましょう。

リライトすることで、復活する記事もたくさんあります。

ぼくが書いた記事で最初圏外でしたが、
1年後にリライトしてからアフィリエイトで稼ぎ始めた記事もあります。

1記事で年間10万円程度稼いでくれます。

それでも稼げない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました