ブログを書き続ける方法とは?2,500記事書いて分かったこと

ブログを開設していよいよ記事を投稿すると、必ず直面する問題が出てきます。

それは、「どうしたらブログを書き続けられるのか?」という問題です。

今回は、ブログを書き続けるための5つの方法を紹介します。

ぼくは現在もブログの記事を書き続けていてすでに2,500記事を超えています。

途中で記事を書くのをやめようかと思った体験も交えて説明します。

スポンサーリンク

ブログを書き続けるのは難しい?

ブログを開設したはじめのころは、夢もありブログの記事をどんどん投稿していくと思います。

でも人は自分の経験を題材にすると、100記事も書けばネタは底をついてきます。

そしてブログの記事を書くための「ネタ」探しをするのですが、これもまたカベにぶち当たります。

たんに自分の日記を書くなら、毎日好きなように記事を書くことができます。

でもそのうちに内容が同じようなものになり、ブログはあまり読まれないものになっていきます。

自分の記録だけならそれもありですが、ブログはみんなにひとりでも多くお方に読んでもらいとのではないでしょうか?

そのためにブログを書き続けるのは結構辛いものがあるのです。

ではどうしたらブログを書き続けることができるのでしょうか?

ブログを書き続けるためには?

ぼくがちょうどブログの記事で行き詰った時が記事数150本あたりです。

それまでの趣味のノウハウを書き尽くしてしまい、ネタが無くなったというのが本音です。

本当にブログを書き続けるためには「ネタ探し」だけが問題なのでしょうか?

実は2,500記事を超えてもまだいまだにブログを書き続けています。

その為にぼくが行っている方法が5つあります。

ブログを書き続ける5つの方法

ブログを書き続ける方法を5つ紹介します。

  1. ブログに向かう時間を決める
  2. どんなにネタがなくても記事を書く
  3. ネタを見つけるコツがある
  4. ネタがない時はリライトする
  5. 人のためになるネタをメインにする

ここにあげた5つの方法は実際に僕が現在も実践している方法です。

この方法でブログを書き続けることができます。

5つの方法を詳しく説明します。

ブログに向かう時間を決める

1日にブログに向かう時間を決めて習慣にします。

理由は、ブログに向かう習慣を身につくと記事を書くことが楽しみになるから。

やはり義務感で書いているとつまらないのです。

習慣とはすごい効果のあるもので、続けることを実践すると楽しみに変わってきます。

  • 朝5時~6時はブログのネタを考えるためPCに向かう
  • 夜8時~11時はブログの記事を書く

仕事をしながらブログを続けるならこんな時間帯を自分で見つけて習慣をつくることです。

どんなにネタがなくても記事を書く

ブログの記事は書けば書くほどライティングスキルが向上します。

はじめは500字程度でも書くのが大変です。しかし1年も書き続けると2,000字程度は朝飯前になります。

そして3年にもなると5,000字~10,000字程度は1日の記事として書けるようになります。

これはぼくが今も2,500記事を超えてもブログを書き続けている経験です。

ネタがない時は日記でもいいのでとにかく手を止めないで書き続ける努力が必要です。

その時は日記の記事であんまり価値がないとおもっても、1年後にそのことがネタとして使えることも十分にあります。

その時の日記が実は事例としてのちのノウハウ記事に利用できるメリットがあるのです。記録としてぜひ書き残しておくといいです。

ネタを見つけるコツがある

ブログを書き続けるための「ネタ探し」にはコツがあります。

人に読まれる記事のネタの探し方は次の方法です。

人が読みたい記事のほとんどは、いろんな問題を解決する方法、悩みを解決する方法、探し物を見つける方法、などです。

そのために検索する時に使ったキーワードを調べて、それをもとに記事をかくことです。

その数は無数にちかくあるから、記事を書くネタも無数にあるのです。

自分のブログに会ったネタをキーワードツールで探すことがブログを書き続けるコツです。

ネタがない時はリライトする

それでも疲れていた新たな記事を書く元気がない時もあります。

そんな時は、過去に書いた記事をリライトすることです。

どんな記事でも完成した100%満足できるコンテンツはそう簡単には作れません。

なにがしかの修正が必要なのです。

一度書いた記事をリライトする時間を充てることで、疲れていてもはじめから記事を書くより楽にブログを書き続けることに繋がります。

検索順位チェックツールGRC

さらにGoogleの評価もあがるので一石二鳥の効果が期待できます。

*順位をしらべるには「検索順位チェックツールGRC 」が便利です。

人のためになるネタをメインにする

キーワードツールで見つけたキーワードは、どれも人が知りたい事ばかりです。

つまり人が知りたいことの「宝石箱」のようなものです。

ここで密方人のためになるネタを書くことでブログを永遠に書き続けることが可能となります。

ぼくが2,500記事を書いた背景には、キーワードツールの存在が90%ほど占めています。

いまだにネタがきれることはありません。

まもなく2,800記事を超えそうです。

それでもまだネタはたっぷりのこっていますので、日々記事を書くのが楽しみになっています。

タイトルとURLをコピーしました