2020年アドセンスの審査「フリー画像」使用の条件とは?

アドセンス
この記事は約2分で読めます。

Googleアドセンスの審査への
様々な憶測が実態とズレ始めています。

今回はアイキャッチや記事内で
フリー画像を使って記事を書いた場合に、
アドセンスの審査に通るのか?

2020年1月22日に合格したブログの
実例でご紹介いたします。

スポンサーリンク

アドセンスの審査でフリー画像の使用

当ブログをご覧いただくとアイキャッチ画像は
フリーの人物やPCのイメージ画像です。

このブログでアドセンスに申請した2019年6月には
イメージ画像やフリーの画像は審査に通らないと
言われていました。

しかし、結果として
今回2020年1月21日に申請したブログでは
フリーのアイキャッチ画像で審査に出しましたが
無事通過いたしました。

ユーザーファーストの記事

Googleアドセンスの方針は、
ユーザー(読者)にとって分かりやすく
メリットのあるコンテンツを推奨しております。

記事の内容をユーザーが分かりやすく
理解するためにイメージできる工夫をすることは
大切だと考えます。

あくまでもGoogleアドセンスの審査基準が
分からないので推測ですが、
ユーザーにとって記事を理解するために
利用価値のあるイメージ画像なら
審査に通ると確信いたしました。

26記事中9記事でフリー画像9枚使用

今回Googleアドセンスの審査に依頼したブログでは
26記事中9記事のアイキャッチ画像が
フリーのイメージ画像でした。

その画像は、記事の内容を的確にイメージできる
特徴のある画像を使いました。

イメージ画像を自作する時間

もし、自分でその画像を作るには
撮影から画像処理をして
トリミングをするまでには相当な時間を要します。

コンテンツにかける時間を十分に

その無駄な時間を
フリーの画像が代行できれば、
その分記事の内容をグレードアップする
時間に使えます。

Googleのコンテンツに対する厳密な内容の審査が
相当に進んでいると感じます。

12時間で審査結果が分かる

1年前に初めて審査に出したブログは1回目不合格で
2回目に合格しました。

それにかかった時間は約1カ月です。

その後2つ目は14日間、3つ目は3時間でした。

今回のブログは午後4時近くに審査に出して
翌朝3時には審査結果がメールで来ました。

審査にかかる時間はこの1年間で相当早くなっています。
それだけ審査用のAIのレベルも高くなっているのではないかと
推測しています。

なお(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました