ブログ記事は何時ごろ投稿する?読まれる時間帯はいつ?

この記事は約7分で読めます。

ブログ記事は何時ごろ投稿するのが読まれるのでしょうか?

こんな疑問がありませんか?

実は、ブログ記事は読者が閲覧しているプラットフォーム(デスクトップ、ハイエンドモバイルデバイス、タブレット)の種類と、ブログのジャンルによってベストな読者の時間があります。

この記事では

  • 記事が読まれる時間帯には条件がある?
  • 読者が使っているプラットフォームとは?
  • ブログのジャンルと読者層とアクセス時間
  • 記事の効果的な投稿時間は何時?

について説明します。

グッと記事のアクセスがアップすることがありますよ!

スポンサーリンク

記事が読まれる時間帯には条件がある?

せっかく苦労して書いたブログ記事なら、なんとか読んで欲しいですよね!

ブログ記事が読者に読まれるには、どんな条件があるのでしょうか?

ぼくはジャンルの違う、読者年齢層の違う、ジャンルの違う、プラットフォームの違う、そんなブログを4つ運営しています。

記事数は現在、4つのブログで合計2,150本です。これらの記事がそれぞれの条件で読まれる時間に違いがあることを体感しています。

本来は数字やグラフで数値化してご紹介するのがエビデンスの点から必要なのですが、今回は人間の肌感覚で書いてみました。

もちろん、Googleアナリティクス、Googleサーチコンソール、GoogleAdSenseの管理データを分析すると時間帯などすぐに分かりますよ!

だた、そのデータはそのブログ固有のものなので汎用性となる自信がありません。

しかし、人間の行動からみた読者のアクセスとなると、見ている方々のイメージが湧いてきて、まさにピッタリとマッチしてきます。

記事は本来Googleが読むのではなく、人間が読むのですから、人間の肌感覚も効果的な指標になると思っています。

その肌感覚での読まれる記事の時間帯のポイントは次の3つが挙げられます。

  1. 読者の年齢層による時間帯
  2. 読者の使っているプラットフォームによる時間帯
  3. 記事のジャンルによる時間帯

(1)読者の年齢層による時間帯

読者が投稿した記事を見る時間帯は、読者の年齢層によって大きく変わってきます。

若い年代の読者の閲覧時間帯

若い年代になればなるほど、閲覧の時間帯は夜中の方にシフトしていきます。読者は学校に通学していたり友人との夜の付き合いがあったり、或いはお仕事が多忙で帰宅が遅いなどの、若い方特有の時間帯です。

お仕事をしている読者は、通勤時間帯の午前7時から9時、午後5時から午後9時の時間帯に電車の中で閲覧していると思われます。

また、昼休みの11時半から午後1時頃の昼の休憩時間帯にも記事を見ていると思われます。

年齢が高い読者の閲覧時間帯

高齢の読者になればなるほど、閲覧時間帯は早朝から正午の時間帯が多く、21時頃のニュースが終わったころに若干のピークが来ます。

高齢の読者は、ニュースを見終わったらPCに向かってネットサーフィンをしていると思われます。

年齢が高くなると夜が苦手になるため、早朝から午前型が多くしめてきます。かといって夜が少ないかといえばそうではありません。

夜は夕食が終わり定番のニュース番組が終わる9時~10時台の時間帯にピークを迎えます。

子育て主婦層の読者の閲覧時間帯

お子さんを育てている忙しいママさんたちの読者層は、家事の合間にネット記事を閲覧していることが多いです。実際、赤ちゃんのミルクの記事は、午前10時~お昼前の「ホッとした時間帯」が多いです。

子供から手が離れた主婦の皆さんは、お仕事の合間や、夜の家事が終わった時間帯に記事にアクセスする頻度が高くなっていることが分かります。

(2)読者プラットフォームにる時間帯

読者が記事を閲覧するのに使っている情報機器「プラットフォーム」の種類によって時間帯が変わってきます。

プラットフォームとは、「パソコン」「スマホ」「タブレット」などのデバイスをさします。

パソコンを使っている読者の時間帯

パソコンを使っている読者には、2つの分類があります。

一つは「技術系の読者」でもう一つは「高齢者の読者」です。

技術系読者はパソコンが多い

技術系の読者の方は、モニターが大きくないと作業になりませんね。こちらのウィンドウを開きながら、別のウィンドウで作業をしたりします。記事を検索して調べものがあったら、その記事を閲覧しながら別のウィンドウで設定をしたりします。

さらに、ブロガーやサイト運営者もパソコンを使っています。サイトを構築したり記事を書くにはどうしてもノートパソコン程度、或いはデスクトップパソコンのキーボードが必要です。

つまり、記事を書くのにはおおきなモニターが必要になるので、必然的に使っているのがパソコンとなります。

高齢者もパソコンが多い

高齢者の読者になると圧倒的にパソコンから記事を閲覧しています。Googleで検索することもある一方で、最初からパソコンにインストールされている検索エンジン「Bing」を使って記事を検索している読者もかなり多いです。

高齢者の読者がなぜパソコンを使うかという理由は「老眼」です。スマホのような小さな画面では、記事が読みにくく見えないのです。

なので大画面で字を大きくして記事を見ている読者が多いと感じています。データーからも見えています。

スマホを使っている読者の時間帯

スマホを使っている読者層は、圧倒的に若い読者層です。

通勤時帯に電車の中で記事を読んだり、調べものをしたりするのに使っていることが伺えます。

中には、スマホで空き時間にブログ記事を書いている方もいますし、サーバー管理画面を見ながらチェックしている方もいます。そ読者の方はあくまでもサブにスマホを使っています。

一番多いのは若い方の読者で趣味や旅行、生活情報等をえるため、またはゲーム等で使う方も少なくありません。

(3)記事のジャンルによる時間帯

記事がどんなジャンルに入るのかによっても閲覧時間帯が変わってきます。

アウトドア系は夕方から夜中にピークを迎えます。ファミリーでのキャンプやソロキャンプ、或いは釣り、登山、車旅、スポーツなどの情報検索をしています。その時間帯はやはり夕方から夜中に集中しています。あくまでもぼくのサイトの事例ですが・・・

健康維持、ウォーキング、ダイエットなどの健康に関する記事は、午前中からアクセスが集まってきます。健康を気にかける高齢者、ダイエットに関心がある方などは、午前、午後、夜の早い時間帯にアクセスが集まっているようです。

一方、技術系ブログの記事(当ブログも該当)では、主に朝型と午後9時以降にピークを迎えます。夜のピークは仕事との関連で遅くなると思うのですが、午前2時頃のアクセスは前日からの流れで閲覧しているのだと感じます。

記事の効果的な投稿時間は何時?

ブログの記事を投稿するのに最も適切で効果のある時間帯は次の通りです。

閲覧者の多い時間帯の約1~2時間前に投稿することがおすすめです。

もちろん通常のGoogleのインデックスによる検索では、時間帯を指定して投稿しても意味はありません。いつインデックスされるか分からないからです。

ご存じの通り、記事を投稿してもGoogleにはすぐにインデックスされません。

では、なぜ閲覧者の多い時間帯の前に合わせて投稿するのでしょうか?

それには2つの理由があります。

ブログには必ず少なくと、ブックマークをして読んでくれている読者が付くものです。その方々が楽しみにしている時間帯でもあるからです。

もう一つは、にほんブログ村のようにブログのコミュニティがあり、そこの読者が記事を閲覧する時間帯があるからです。

この2つの読者は、固定の読者なのでGoogleやYahooやBingにインデックスされていなくても、直接記事の閲覧にやってきてくれます。そのための投稿時間なのです。

ブログの固定読者が多くの割合を占めてくると、Googleに頼らなくてもPV数はかなりアップしてきます。記事の投稿時間は読者へのサービスなのです。

まとめ

ここまで、ブログ記事が閲覧される時間帯について説明してきました。

内容をまとめると次の通りです。

  • 記事が読まれる時間帯には、年齢層、プラットフォーム、興味の条件がある。
  • 読者が使っているプラットフォーム「パソコン」「スマホ」による時間帯がある。
  • ブログのジャンルと読者層「若い層」「主婦層」「高齢者層」とアクセス時間・
  • 記事の効果的な投稿時間は、読者が閲覧する2時間前

これが全て正しいというワケではありませんが、人間の肌感覚で効果的だった記事の効果的な投稿時間帯です。

ご自分のブログの特徴を分析して、記事を投稿すればさらにPV数がアップしていきますよ!

がんばってチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました