雑記ブログでもアドセスで高い収益を稼ぐ方法

アドセンス
この記事は約4分で読めます。

雑記ブログではなかなか稼げないのは明確な原因があります。

その解決策をしっかりと行えば、
雑記ブログでもアドセンスで
クリック単価の高い収益を得ること
が出来ます。

そのための方法を説明します。

雑記ブログの特徴

初心者にとって雑記ブログは
始めやすいジャンルです。

ブログタイトルも「〇〇さんのブログ」でもOKで、
健康関連、ダイエット、日記、旅行等
バラエティに富んだ内容となります。

それはブログのジャンルを決めないので
自由にどんな記事でも書ける良さがあるからです。

つまり、記事のネタに困ることは
そんなには無いのです。

雑記ブログの訪問者

では、雑記ブログにはどの様な人が
訪問してくるのでしょうか?

ジャンルが広いので多方面からやってきます。

中には、「ちょっとのぞいてみよう
興味本位で立寄る人もいるでしょう。

あるいは、「知りたいことがわかればそれでいい」
その記事だけ読んで
帰ってしまう人もいますね。

さらに、ジャンルが広いために
専門性がないので本当に何か買いたい場合は
そのジャンルに特化したブログへ
行ってしまうかもしれません。

つまり、初心者が作った雑記ブログは読み物であり
その記事を読んで
「なにか購入しよう」という訪問者はごく少ないのです。

特化ブロブで例えば1日に100PVあると
月に4,000円前後の収益があるとします。

ところが雑記ブログだと1日100PVあっても
月1,000円にもならない
という報告も聞いています。

雑記ブログは訪問客の購買意欲が少ない

このように
雑記ブログの訪問者は何か買おう
という強い目的があまりない層
やってきます。

その種類のブログに果たして
Googleアドセンスは
広告を表示させるでしょうか?

広告を配信しても買わない客が多ければ
広告の配信でクリック単価の低い表示がなされるのです。

もし、読者が記事を読んで
商品や情報を知ることでにメリットがあるのなら
購買につながる「見込み客」となります。

つまり、広告も多く表示され
クリック単価が高くなるのです。

これが、特化ブログでは
クリック単価が高くなる要素なのです。

アドセンスの広告配信の原点

ブログの目的が明確で、
よく読まれる記事が多く
訪問者の多いブログには広告を出したくなります。

アドセンスはどんなキーワードで
ユーザーが検索するか分析しましす。

その結果、購買につながるキーワードで検索され、
それが目的と一致するブログ記事であれば広告を配信します。

明確なら広告単価を高くしてでも
クリックしてもらいたいですよね。

単純ですが、
買ってもらえる記事で内容が明確ならば
クリック単価の高い広告を配信
してくれます。

事実、私の雑記ブログではシニア向けに
「保険の記事」を書いて投稿すると
1クリック当たり3桁の収益がでます。

ただし、雑記ブログなので
特化ブログの様に保険を求める読者が
多く集まるわけではないのです。

なのでPV数を多く稼がないと
特化ブログの様な高単価クリックは
たまにしか発生しないのです。

見込み客を呼び込む記事

ここまででお分かりになったと思いますが、
雑記ブログでもクリック単価の高い収益を
得ることはできるのです。

つまり「見込み客」を呼び込む記事を作ることなのです。

日記を書いても来ません。
自分のポリシーを書いても来ません。

読者が「見込み客」で埋まるようになるためには
「見込み客を呼ぶ記事」にすることです。

収益化する記事とは

収益化する記事は
クリック単価が高い広告が
表示されるような記事ですね。

そこには
「ものを買ってもらう」「なにかに申し込んでもらう」
という目的で収益を生むための記事を作ることです。

ASPのアフィリエイトとアドセンスは
広告収益方法がちがいますが、
読者に取っては同じなのです。

雑記ブログの記事を
そのように作り込むことで
必ず収益は上がってきます。

私事ですが、
雑記ブログの収益を上げようとして
投稿した記事をリライトしたのです。

20記事程リライトしていると
Googleサーチコンソールの平均順位とCTRの値が
改善してくるのが
実感として見えてきました。

その結果、収益が好転して
雑記ブログでも特化ブログには到底及びませんが
収益が出るようになりました。

参考図書(Amazon)
元Google AdSense担当が教える
本当に稼げるGoogle AdSense
収益・集客が1.5倍UPするプロの技60

まとめ

雑記ブログのPV数をアップする方法は
たくさんノウハウが見つかると思います。

集まったPV数の訪問者にコミットする記事を
良質のコンテンツで作れば
クリック単価の高い収益が得られることが
分かったと思います。

記事の書き方を変えて新たな収益構造を求めてください。

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました