簡単に解決!「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」3つの原因と対処方法

この記事は約5分で読めます。

Google Search Consoleからエラー通知メールが届いた?

カバレッジの問題「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」・・・

これは、何のことなのか、意味不明であせってしまいます!

このような問題に直面することがありますよね?

この記事では

  • カバレッジの問題とは?
  • 「送信されたURLにnoindexタグが追加」の意味
  • エラーが起きる3つの原因と対処方法
  • 問題修正の合格までの時間

を紹介いたします。

初心者でも簡単に修正できますので、ご安心ください!

スポンサーリンク

カバレッジの問題とは?

「カバレッジ」の問題が新たに検出されましたという件名のメールの意味は次の通りです。

GoogleのWebサイトを巡回しているロボットが、WebサイトをGoogleにインデックス(登録)する時にエラーがあることを「カバレッジの問題」といいます。

エラーが検出されるとメールが届き「エラーがありますよ!」と教えてくれます。

今回のエラーの内容は「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」です。

次に、この問題の意味と3つの原因を説明します。

「 送信されたURLにnoindexタグが追加」の意味

あなたのWebサイトからGoogleのロボット向けに特別に書かれたサイトマップがあります。

ロボット(クローラー)向けに送信された「XMLサイトマップ」には、サイトに含まれる様々なURLが書いてあります。

このURLが「送信されたURL」の意味です。

ロボットはURL発見してGoogleのデータベースにインデックス(登録)します。

何かの原因でURLがGoogleにインデックスされないと、ユーザーが検索しても結果に表示されません。

そのエラーの原因のひとつが「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」なのです。

つぎに「noindexタグが追加」の意味を説明します。

「noindexタグが追加されている」の意味

noindexタグは、URLをロボットにインデックス(登録)してほしくない時に記載します。

noindexタグをXMLサイトマップに記載すると、Googleの検索結果に表示されなくなります。

今回の問題は、インデックスしてほしいのに「noindexタグが追加されている」ため、インデックスされないことです。

つまり、インデックスされなかった記事(URL)をインデックスさせる方法です。

エラーが起きる3つの原因と対処方法

(1) プラグイン「Google XML Sitemaps」 が原因の場合

プラグイン「Google XML Sitemaps」にnoindexタグを設定していることが原因の場合があります。

この場合、Googleサーチコンソールからメールで通知されます。

「Google XML Sitemaps」プラグインが初期設定のままだと、送信されたURLにnoindexタグが追加されているのでエラーが発生ます。

■WordPressの「ダッシュボード」➡「設定」➡「XML-Sitemap」から設定画面を表示

「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックをはずす。

Google XML Sitemaps  設定画面

これでエラーが解消されることがあります。

(2) プラグイン「 All In One SEO」が原因の場合

WordPressの SEO対策 プラグイン「All In One SEO 」 (旧名:All in One SEO Pack)」の設定ミスの場合、エラーになることがあります。

この設定が間違っているとエラーになる場合があります。

このプラグインの説明は分量が多くなるので、ここでは飛ばします。

(3)WordPressのテーマが影響している場合

WordPressのテーマの設定が影響する場合があります。

無料のテーマで有名なCocoonの場合を事例に説明します。

テーマ「Cocoon」には、SEOが設定できる機能があります。

■Cocoonの 設定画面➡タブ「SEO」を開くと次の画面が表示されます。

「カテゴリページをnoindexとする」の、チェックをはずします。

エラーが解消する場合があります。

ぼくは、一時的にカテゴリーページをnoindexにしたため、Googleサーチコンソールからエラーメールが届きました。

ここまで説明した内容で、修正をしました。

「修正を検証」をリクエスト

修正したらGoogle Search Consoleに検証をリクエストします。

Googleが修正の検証を始めるとメールで通知が届きます。

検証のリクエストに対する返信メール
検証のリクエストに対する返信メール

検証が終了するまで、待ちましょう。

修正処理をしても、まだ問題が解決しない場合は、次のメールが届きます。

問題がまだ解決していない時のメール
問題がまだ解決していない時のメール

さらに、チェックして問題を見つけ出して、再度検証のリクエストを出します。

問題が解決すると、次のようなメールが届きます。

問題解決したときに届いたメール
問題解決したときに届いたメール

問題修正の合格までの時間

最初に問題を修正してGoogleサーチコンソールからリクエストすると、約1週間で結果が来ます。

ぼくのように、カテゴリーページを全て「noindex」にして、カテゴリーを書き換えたり複雑な変更をしたことで、30個のエラー通知が来ました。

30個の場合、リクエストしてから修正されるまで約3カ月かかっています。

気長に結果を待つこともありますので、じっくりと処理しましょう!

まとめ

ここまで、簡単に解決!「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」3つの原因と対処方法について紹介しました。

チェックポイントをまとめると、

  • プラグイン「Google XML Sitemaps」をチェック
  • プラグイン「 All In One SEO」のチェック
  • WordPressのテーマをチェック

することで、解消できますのでチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました