IT業界への転職『未経験で30才前後』その可能性とは?

人材不足と言われているIT業界に、30才前後の未経験者が転職できるのでしょうか?

20才前半からIT業界で働いて来た人と、IT系が未経験で30才の人とは約10年近くのスキルの差があります。

このスキル・年齢差を受け入れつつ、IT業界に転職するには具体的に何をすればいいのかを解説します。

IT業界は慢性的な人材不足が続いています。

IT業界で30年間に渡り、IT系技術者の教育と職業教育を担当してきました。

当時からIT業界の人材不足は慢性的でした。その基本的な構造は今でも変わりはありません。

ある予測では、2030年には59~79万人の人材不足となる数字が出されています。業界では、若いITエンジニアが欲しいことは間違いありません。

IT業界はIT技術ばかりが仕事ではない

IT業界への転職といえば、プログラミング系、ネットワーク系、Web系、情報ビジネス系等の求人が多いと思われがちです。

もちろんプログラムが書けると重宝されますし、ネットワークやサーバー構築ができると即戦力として採用される確率も高くなります。

もし、あなたがソフト開発系でプログラムを仕事のベースとして転職する場合は、その道を学ぶことになります。

では、IT業界の仕事はそればかりでしょうか?

情報教育現場にいた経験から言うと、企業が求めている人材は、様々な職種で募集しているということです。

会社には、ソフト開発部門、マシン運用部門、データ処理部門、営業部門、人事・総務・経理部門などがあります。

なので、中には転職者を必要としている部門や職種があるのです。転職者の前職の経歴が重要なのです。

30才は立派な大人で社会性がある

私が担当していたIT業界の企業でも、30才を過ぎた方を採用したケースを結構みてきました。

その方をAさんとしましょう。

Aさんは35才。IT系のスキルは全くなし。PCでネット検索や事務所類をワードで入力したりするくらいです。

前職が一般会社の飛び込み営業でした。あまりにも厳しい環境で転職をしてきたのです。転職先は、IT業界の「e-ラーニング専門会社」が採用しました。

採用の理由は、前職の営業の経験だったのです。

転職後には、30才を過ぎていながらも社内研修を受けてIT系のスキルを広く学び、顧客と社内ソフト開発部門の橋渡しをするフィールドエンジニアとして活躍しています。

企業が欲しいのはコミュニケーション能力

Aさんの場合、前職が飛び込み営業という過酷な仕事だったのが経験としてみとめられ、どんな人とも話せるコミュニケーション能力を買われたのです。

IT業界で最も欲しい能力がまさに「コミュニケーション能力」なのです。

もし、あなたが30才を過ぎていたらこのコミュニケーション能力が武器となることをお伝えしたかったのです。理由は、年を重ねないと育たないからです。

小手先のスキルをにわかに身に着けるより、あなたの持っている能力を生かした方が転職は可能性を倍増させます。

技術があっても採用されないケースもある

何社面接試験を受けても落ちてしまう優秀なプログラマがおりました。そんなケースも極端な話ですが経験してきました。

企業が見ているのは、今のスキルではなく、これから5年後10年後の伸びしろです。

いまプログラムを組むのが上手でも、50才も60才になってもプログラムを組むのですか?ということです。

その年になった時に、どれだけプロジェクトを回していけるかを見ているのです。

でなければ、使い捨て的なプログラマでおわってしまいます。

どう立ち向かうかが勝負を分ける

30才を過ぎて転職に成功した方たちの共通点は、自己分析とコミュニケーション能力を磨いて、あきらめないで立ち向かったことです。

そして、自分の希望にマッチした企業の人事担当者と巡りあったことにあります。

具体的な方法とは?

ITスキルを磨くのであれば、確実に言えるのはスクールで自己投資してプログラミングをマスターすることです。言語は1つで十分です。

人間の頭脳は、使えば使うほど成長して行くものです。30才はまだ若いのです。50才を過ぎて英会話を学びペラペラと話せる様になったので、自信をもって言えます(笑)

JavaやC、C++をマスターしましょう。

基本的なプログラミングは3カ月もあれば理解できるものです。

ネットワーク系ならば、JavaとUNIX、サーバー系あたりの概要を知っておきたいとことです。

営業系ならIT系の概要をしっかりとつかみましょう。

ソフト系営業ならば、プログラミングは経験程度で、むしろIT系の仕組みを知ることです。

理由は、営業先の担当者とのミーティング等で専門用語が飛び交うからです。概要を広く浅くでも知っていることで製品の説明が相手に分かりやすくできる様になり全ての営業に繋がります。

まとめ

IT業界には様々な職種があります。

30才までの経験が生かせる企業や職場が現実に存在しています。

もちろん、プログラミングを教えるスクールでスキルアップするのは遠回りなようでも転職にはプラスになります。

まずは、IT業界が実際どうなっているのかをしっかりと把握してみることです。

その上で転職エージェントや転職フェア等を利用して情報を具体的に得れば、今後の道筋が見えてきます。

30才過ぎてIT業界に転職した方を見てきました。

転職の実現は可能です。

nao(NAOテック)