【AdSenseアカウントでの広告配信を制限・・】の原因と対処方法

AdSense無効クリック対策
この記事は約6分で読めます。

ブログに表示されていたAdSense広告が突然表示されなくなることがあります。

ブログにAdSense広告を配置していると、初心者が一度は体験する問題かもしれません。

それまで順調に表示されていたAdSenseの自動広告や広告ユニットの広告が表示されない問題です。

そのまま問題が解消されないとAdSenseの収益もストップしてしまいます。

その問題を「無効なトラフックの問題」といいアAdSense広告配信が制限されます。

問題のポイントと対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

AdSense広告の配信が制限される問題とは?

AdSenseの広告配信が制限される原因は「無効なトラフックの問題」が発生した時が該当します。

実際には広告配信が制限されるというよりストップしてしまいます。

AdSense アカウントで無効なトラフィックが検出されると、Google ではこの事態を受けてサイトに配信していた広告配信を制限します。

その結果、AdSenseの広告がサイトに表示されなくなるという問題です。

無効なトラフックの問題とは?

では「無効なトラフックの問題」とは、どんな問題なのでしょうか?

Google AdSenseでは「無効なトラフック」を次のように定義しています。

無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

引用:Googleヘルプ 無効なトラフィックの定義

例えはブログを作ってAdSenseの広告を配置して収益を上げていたとします。

広告主やブログの管理者の「収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッション」のことだと説明しています。

その行為には2つの要素があり、作為的な場合と偶発的な場合があると説明しています。

(1)収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッション
(2)偶発的なクリックも含む

注意が必要なのは、自分で知らずに広告をクリックしてしまったり、知っていてもたまたまクリックしてしまうことも含まれています。

AdSense広告は自分でも取り扱いに注意が必要です。決してどんな広告なのか見てみようをクリックしたりしてはいけません。また間違ってクリックしたら該当するということです。

Google AdSenseでは、無効なトラフィックの例について具体的に説明しています。

その内容を引用します。

・サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
・1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
・サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
・自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

引用:Googleヘルプ 無効なトラフィックの定義

Google AdSenseの広告は、あくまでも純粋な興味をもったユーザーによるクリックであることが必要なのです。

また知らない内に第三者がAdSenseの広告に対して無効なトラフィックを発生している可能性も否定はできません。

しかしどのような理由であっても、サイトの運営者は自身に責任において「無効なトラフック」を発生させないような管理をすることだと説明しています。

次のようにまとめてみました。

・どのような原因であっても無効なトラフィックの問題はサイト運営者の責任となる。
・無効なトラフックが発生しないようにサイト運営者が管理する必要性がある。

無効なトラフィックを管理する必要性

無効なトラフィックを発生させないようにサイト運営者は管理をする必要があります。

第三者が無効なトラフィックを発生させていたとしても、やはりサイト運営者の管理責任ということになります。

なので無効なトラフィックの発生を常時監視している対処が必要となります。

では、どのような方法で無効なトラフィックを管理したらいいのでしょうか?

無効なトラフィックを管理する方法

実際にサイトのGoogleアドセンスの広告に無効なトラフィックが発生するのを管理する対策を紹介します。

1.AdSenseとアナリティクスの連携
2.プラグイン「AICP」の導入と設定

1.AdSenseとアナリティクスの連携

Google AdSenseとGoogleアナリティクスを連携します。

連携することでどこで無効なトラフィックが発生してのか、どの位発生しているのかを確認することができます。

また、監視することが可能となります。

これから設定をする場合は以下の記事を参考にしてください。

➡ アドセンスとアナリティクスを連携するメリットと方法

2.プラグイン「AICP」の導入と設定

無効なトラフィックの原因である「無効なクリック」が発生しないように対処することが必要です。

そのためには、プラグイン「AdSense Invalid Click Protector(AICP)」をインストールしコードを追加設定することで不正クリックを常時監視・自動ブロックすることが可能となります。

まだの方は以下の記事を参考に設定してください。

➡ 無効クリック対策プラグインが機能してない?必要な追加設定

無効なトラフィックが発生した場合の対処方法

万が一無効がトラフィックが発生した場合にはどのように対処するかを紹介します。

AdSenseの広告の表示が止まり、Google AdSenseからメールで通知が来ます。

その時点では無効なトラフィックの発生を監視したり、無効なトラフィックをブロックする対策をしていない場合が多いのでその方法を紹介します。

対策は決して難しいものではありませんので、手順を追って進めれば可能です。

以下の記事を参考にしてください。

➡ アドセンス『無効なトラフィックの問題』の対処方法

ブログにAdSense広告が再び配信されるとき

無効なトラフックの問題が発生したことでAdSense広告の配信が制限された場合にAdSense広告が表示されなくなります。

無効なトラフィックが原因で「AdSense広告の配信が制限されている」場合では、一般的にAdSenseのアカウントが停止していないことが多いので、AdSenseのホーム画面からポリシーセンターをクリックして、対処方法を速やかに行うことが大切です。

この場合は、対処後に大体1カ月前後でAdSense広告配信が再開されることが一般的です。

通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、それ以上となる場合もあります。

引用:Google AdSense チームより一部引用

AdSense広告を表示させるためには、常時無効なトラフィックの発生をブロックして監視することが最低条件として必要になります。

早めの対策と対処をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました