技術ブログの「収益構造」意外な特徴とは?

技術ブログでアドセンスを配置しても収益はでない。そんな定説があり、もっともなことかもしれません。しかし、意外な収益を生んでいるのです。

技術ブログにアドセンスは向かない?

Web関連のアフィリエイトで収益を上げる場合、特にGoogleアドセンスの広告を貼っても、クリックしないから収益を望んでも儲からないというのが定説です。

その通りで、だれも広告をクリックしてくれません。いくらPV数が増加しても広告をクリックしてくれないのです。

初心者向けの記事ではクリックされるかと期待しているのですが、同様にクリックされないのです。

その大きな理由は?

なぜクリックされないのか?

その理由は、様々な本や記事で紹介されているのでご存じの方も多いと思います。Googleアドセンスの収益構造や広告の仕組みが分かっているから、あえて広告をクリックしてまで情報を得ようとは思っていないからです。

たまにクリックされることがあります。その時は驚きの単価となっていて、相当高い広告をクリックして下さったと感謝しています。

その広告は単価が高い分野で間違いないのです。IT系のプログラム関連の広告か、ネット金融関連の広告か、不動産や保険関連の投資の広告が表示されたのかもしれません。

いずれにしても、普段はクリックされない高い内容の広告ですね。きっと・・

技術ブログと旅のブログの違いです。

クリックされないから、アドセンスをやめるかと思っていたのです。技術ブログで稼ごうとは思っていなかったのですが、アドセンスに審査が通ったので始めたら、やはり収益を上げたくなったのです。

殆どクリックされないのですから、モチベーションも下がります。これだけ苦労して作り込んだ記事なのに広告はクリックされません。

ユーザーにとって広告は必要の無い情報であり別物なのです。

一方、旅のブログでは温泉旅行の軽いノリの記事が、ポチポチとクリックされるのです。

価値のある技術記事と温泉の旅の記事との乖離を肌で感じたのです。市場と対象者が違うのですから仕方がありませんね!

では、本当に収益が出ていないのか?

最近成長し始めた技術ブログに異変が起きてきました。

確かにクリックされないのですが、収益は旅行ブログに近いところまで来ているのです。

それもPV数が旅行ブログの1/10程なのです。驚きました。

一時的かと様子を見ているのですが、毎日継続して収益を出し始めたのです。

クリックされなくても、表示されただけで収益が発生する広告が表示されているようなのです。

ここから勝手な推測です。

最近のGoogleアドセンスのAIは高度になっています。記事コンテンツの内容を精査して評価する能力が半端ないところまで進化いていると聞いたことがあります。

とすれば、ここからが仮定の話です。

技術ブログの内容は、高度でありとても特化しています。特にプログラミングやOS系、ネット・サーバー系ともなれば、一般の趣味の範囲とは違い高度な内容です。

しかし、市場はブログ人口からみると、そんなに大きな市場ではありません。

つまり、高度な記事内容を評価したAIは、その技術ブログが高度でありながら広告がクリックされない事実を把握しているという仮定です。

ならば、広告クライアントとすれば高度なユーザーにリーチしない手はないので、クリックされなくても広告効果を上げる方法を取っているのではないかと感じるのです。インプレッション広告です。

通常インプレッション単価は最低限の通貨単価ですよね。それが驚くべき数字になっているのです。

技術ブログはクリックされないから、収益があがらないという定説を打ち破る実績が出ているのです。

ノンクリックで高い収益率を誇っている

新しい時代を肌で感じます。つい最近までは、技術ブログは儲からないと言われていただけに、Web広告の世界の進歩を感じました。

本当に有益なコンテンツならPV数に関係なく、広告クリックでもなく、広告収益が出るような仕組みをとり、高度な広告でインプレッション単価の高い広告で、クライアントとパートナーとユーザーを繋ぐことを始めたのではないかと思えるほどなのです。

今後の取組について

技術ブログのコンテンツレベルをさらにアップして、この先どの様な効果と収益に繋がっていくのかを観察していきたいと思います。

なので、このまま技術ブログでアドセンスを継続することにしました。

nao(NAOテック)