『独自ドメイン』ブログ初心者が失敗しない決め方

ブログの始め方
この記事は約6分で読めます。

独自ドメインの名前の効果的な決め方とドメインの取得方法を紹介します。ドメインは一生使うので最初が肝心です。決め方を知らないで決めてしまうと後々に後悔します。

どの様にドメインを決めるのかを以下のポイントに沿って紹介します。

その1:ドメインの仕組み
その2:ドメイン名の決め方
その3:ドメインの取得方法

ドメイン名は一度決めたら変更が出来ないだけに慎重になります。ドメイン名の効果的な決め方を解説します。

スポンサーリンク

その1:ドメインの仕組み

ドメインはネット上の世界でたった一つの住所です。途中でサーバーを変更してもその住所(ドメイン)は変わらないのです。

https://●●●.■■■/ の「 ●●●.■■■ 」がネット上の住所名です。

●●●.■■■の名まえがドメイン名なのです。規則に従って自由に決めることが出来るのです。

ブログはドメインがないと作れません。

レンタルサーバーを借りてもドメインが無いとブログを作ることはできません。

ドメイン名はレンタルサーバーとは関係なく決める事ができます。サーバーを借りる前に決めておく事をおすすめします。

その2:ドメイン名の決め方

トップレベルドメインを決める

トップドレベルメインと聞いて難しく感じますがわかると簡単です。

ではトップレベルドメインを説明します。

https://●●●.■■■/の中の、「■■■」の部分をトップレベルドメインと呼びます。

すでに名称と種類が決まっています。

「com」「net」「org」「biz」「info」「jp」「site」・・・様々です。

初心者は無難な「.com」「.net」から選ぶ

結果的にはどのドメインでもSEOに影響はないというのが一般的な見解です。

.infoは迷惑メール・スパムメール等が多いため、あまりお勧めしません。

はじめて取得する場合は「com」、「net」をおすすめします。

一番人気は「.com」です。

国や地域といった地理的な制限なしにどこからでも登録、利用できる種類の一つで人気があるからです。

個人のブログで多く使われていて、ジャンルに関係なく使えるのも魅力です。「.jp」は3000円前後と値段が高いです。

値段は年間1,000円前後から数万円と高いドメインもあります。注意が必要なのは、初年度の価格が300円と安価でも翌年の更新から1,200円等に変わる場合がありますので確認しましょう

トップレベルドメイン(gTLD)の種類

gTLD(generic Top Level Domain)とは

gTLDとは一番右端にある、.com .net .org .biz .info のことです。国際的にだれでも使えるドメインで「generic Top Level Domain」の略称す。

.jpは、ccTLD(カントリー・コード・トップレベル・ドメイン)で日本国内に住所のある場合使えます)

新いしgTLD

JPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)によると新しいgTLD(一般・トップ・レベル・ドメン)1,500種類程度が導入される見込みと伝えています。

新しいgTLDには、「.tokyo」「.videos」「.web」「yokohama」「kyoto」等が登録されていています。今後、選択が広がっていきます。

ドメイン名をきめる

自分で自由に決めることができる部分です。

https://●●●.■■■/ の「●●●」の部分がドメインです。

ドメイン「●●●」の決め方で以下の3つの注意点を説明します。

(1)ブログの内容にマッチした名前
(2)出来るだけ短く覚えやすい名前
(3)ハイフンの影響

(1)ブログの内容にマッチした名前

ドメイン名とブログの内容が一致していた方がGoogleの評価が上がります。

名前の付け方は5つのポイントがあります。

1.サイト名・コンテンツにマッチした名称
2.サイトのジャンルに関連した名前
3.特化したコンテンツの名前
3.自分のニックネームにする(ジャンルに関係なくなる)

サイトがこれから目指す方向がしっかりと定まっていないと、後々ドメイン名と内容がミスマッチを起こしてしまいます。

結果、サイトの訪問者は違和感を覚える事にもなります。例えば極端な例で、robot関連名のサイトが化粧品を紹介していたら・・・

(2)出来るだけ短く覚えやすい名前

出来るだけ短い方が覚えやすいですし、入力する場合も簡単です。閲覧対象者が日本国内の場合は、日本語名をローマ字にする方が分かりやすいですね。

10文字以下で検討するのが目安です。8文字以下が良いという意見もあります。

(3)ハイフンの影響

「-」ハイフンがSEOに対策に影響はしません。ハイフンを入れると分かりやすくなる場合もあります。

海外ではハイフンは使わない方が価値があるようで良いようですが、ブログの主な対称は日本国内ですのでつけても影響は無いです。


その3:ドメインの取得方法

ドメインを使うにはドメインの専門会社に申請して取得します。年間使用料が発生します。(サーバーとセットで1つ無料というサービスもあります)

ドメイン専門会社で取得する

ドメイン専門会社には有名な「お名前.com」、「ムームードメイン」、「エックスドメイン」等があります。各ドメイン業者のサイトから簡単に登録・取得ができます。

まずは希望のドメインが採れるかどうかをドメイン会社のサイトから検索して調べる事ができます。

多くのブロガーが選んでいるのは、以下の2社が多いようです。どちらを選んでも間違いありません。

■お名前.com

お名前.comは一番人気のドメイン取得サービスです。ドメインの種類も500以上あり、レンタルサーバーのサービスとセットで進める事も可能です。

【公式サイト】お名前.com

■ムームードメイン

定評があり選んで間違いのないドメインサービス会社です。

【公式サイト】ムームードメイン

■エックスサーバー + エックスドメイン

エックスサーバー契約と一緒にドメインを取得できます。面倒なネームサーバーの設定は不要です。キャンペーン中はドメイン1個が無料です。

【公式サイト】エックスサーバー

私の場合はエックスサーバーを契約する時にグループのエックスドメインが1個サービスしてくれました。ネームサーバーの設定も処理してくれますので初心者には安心で便利です。

お得なレンタルサーバーと独自ドメインのセット取得方法です。

■ブログ初心者が悩む『独自ドメインとレンタルサーバー』のセット申込

■ブログ初心者が迷う『レンタルサーバー』エックスサーバーとmixhostのどちら?

まとめ

ドメインの失敗しない決め方を紹介しました。一生使う名前なのでしっかり考えて決めましょう。

Nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました