アドセンスで全然稼げないブログとは?原因と対策のコツ

アドセンス・ASP
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
ブログで稼ごうと頑張ってアドセンスの審査を通り、いよいよ記事をかきはじめたのですが、なかなか稼ぐことができません。
他の記事を見ると、1カ月で50,000PVを稼いだとか、3カ月で5万円稼いだという記事が結構あります。なにが原因なのか教えてほしい。

このような悩み向けの内容です。

記事の流れ

はじめにブログで稼げるようになるまでどれくらいの期間がかかるのかを説明し、次に稼ぐための方法を紹介しつつ、最後に稼げないブログをどう改善すればいいのかを説明していきますので参考にしてくださいね。

その1:ブログが稼ぐまでの期間
その2:稼ぐためのぐログの構造
その3:ブログの改善方法

わたしは4つのブログを運営していますが、いまだにどうすれば稼げるブログになるのか日々試行錯誤しながら成果を上げる努力をしています。

スポンサーリンク

その1:ブログが稼ぐまでの期間

ネット上には様々な体験談があって、どれもその通りだと思うのですが、中には「そんなに簡単に稼げないよ!」という記事まであります。

短期間で大きく稼いだ実績は、これから始める初心者にとっては魅力なので目標にな貼ります。でも現実はそう簡単ではありません。

わたしも「1カ月で50,000PVを稼いだ」とか、「3カ月で5万円稼いだ」という記事を読んだことがあります。まじめてアフィリエイトを始めるビギナーはその期間で実現することは無理だと言えます。

それだけの実績を上げるには、初心者ではなくプロに近いスキルがないと現実的ではありません。

4つのブログで様々なスキルを導入しアドセンスで1年半かかって初めて1ヶ月1万円、良い月で3万円まで到達するのが精一杯です。記事数は1,200本位書いての話です。

理由はブログの土記事ドメインが急には成長しないからです。少なくとも1年以上は必要です。

その2:稼ぐためのぐログの構造

初心者がブログを最初に作って、それが稼ぐというラッキーなことが起これば本当にラッキーです。ブログを最初に作って書いた記事は、ほとんど稼ぐ記事のライティングをは言えません。

日々記事を書いて300記事あたりになったころ、ようやくどう書いたらいいのかが見えてくるのです。

わたしも収益を上げる記事がようやく書けるようになるまで2年近くかかりました。400字の原稿焼死で7500枚程度は書き続けてきました。当然、ライティングのスキルを学びながらです。

ブログが稼ぐための条件

(1)稼ぐ分野でブログの仕組みを作る
(2)稼ぐためのライティングのスキル
(3)SEOの基本的スキル

ただブログを作っても稼ぐことはできません。稼ぐブログには稼ぐための仕組みを用意することです。そのノウハウは様々ですが、いくつかあります。

アドセンスで稼ぐなら、PV数を集めるためのブログに徹することだし、アフィリエイトではPV数を集める記事とキラー記事の連携で収益を上げていきます。

この辺のスキルは、ブログを立上げて進めて行く中で見に付いてきます。初めからはよほど能力が備わっていないと無理です。

その3:ブログの改善方法

今作って運用しているブログで稼げないとします。そのブログを稼げるように改善する方法を紹介します。

なぜこの方法を了解するかというと、この方法で月に5000円まで稼ぐ実績が出来たからです。アドセンスで稼ぐにはリライトを死ながらブログの改善を続けることです。

それが無理なら新しく作ることも早道です。

(1)記事の書き方

日記的な記事は稼げません。稼げたとしても短期間でおわりです。ブログ記事がお金を稼ぐには長い期間にわたりアクセスが続く事を意味します。

なので時間がたってもすたれない記事の内容にすることです。季節やトレンドに関係無い内容が向いています。

(2)対象の絞り方

そのブログや記事を読む対象の人をしっかりとイメージすることです。誰に向かって書いた記事なのかがあやふやだと、読むほうもミスマッチをおこします。

それ以前に記事のタイトルと内容が一致しないと検索結果が上位にきませんので対象者を決めてそれにマッチした内容で書く事です。

(3)ユーザーの知りたいこと

最も重要な事は、ユーザーの悩みにしっかりと対応することです。何を悩んでいてどんなことを期待するのかを明確にすると、記事の検索にも効果が出てきます。

この事がしっかりするとGoogleの評価も上がり、記事の検索順位がアップしてPV数が増加て、その結果アドセンスで稼ぐことに繋がるのです。

アドセンスで稼げないブログ

アドセンスで稼ぐことはだんだん難しくなってきました。クリック単価が低くなっていることも影響しているこの頃です。

それだけに内容がしっかりとしたライティングで作る事です。

それから記事の内容は当然ユーザーメインに役に立つ内容にするのですが、もう一つ重要なことがあります。

それは「信頼性」「エビデンス」「権威性」が抑えてあるかという事です。

だれが書いたかということです。その信頼性をどの様に証明していくかが求められています。

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました