アドセンスで全然稼げないブログとは?

ブログで稼ごうと頑張ってアドセンスの審査を通り、いよいよ記事をかきはじめたのですが、なかなか稼ぐことができません。

他の記事を見ると、1カ月で50,000PVを稼いだとか、3カ月で5万円稼いだという記事が結構あります。なにが原因なのでしょうか?

そもそもそのブログの分野は?

そのブログを調べたのです。すると、日記の様な、あるいは若き高校生が対象の様であり、高齢者の年金まである。

相当広いレンジのブログです。読者層は、記事の分野からして若い女性になるようです。作った本人は、30~40代のサラリーマンを意識したブログでした。結構ずれがあるのです。すみませんが、そう思えるのです。

狙った対象と内容があっているのか?

女子高校生が勉強の意味としても、これから先の年金問題や生活設計、子育てと共働きの記事内容を読むことは、まれではないかと想定します。

その記事とタイトルがちょっと違うのではなか?と思う内容で埋め尽くされているのです。

高校生対象としては、書き方がお父様の様だし、お父様向けであればもっとその年代にあった内容でないと、ついて行けないし・・・

まずは、読者をもう一度じっくりと検討した。

ニキビの話題から入って、中頃に子育ての家事を題材にして、最後の閉めは生活設計と老後の資金の心配解消ですから、ライフタイムな記事で勉強にはなりますが、たぶんクリックされないのでしょう。

ようは、微妙に40代~60代にからむ記事を掲載したいことが判明しました。ニキビが気になる高校生ではありませんね~

記事のリライトを進めながら、その年代に相応しい表現方法やタイトルのつけ方を再検討しました。

しかし、その前にどの様なワードで検索されるのでしょうか?

読者層を40~50代に設定する。

記事の題材に関するキーワードを調査すると、現在検索されているキーワードが見えてきました。それを使うことにしたのです。

そして1500字程の記事を投稿しました。たんにそれだけです。

結果は数日後4ページ目に表示されてました。

まあ、SEOとかGoogleの評価とか大事なことは沢山ありますが、まずは読むのは人であり、生きている生身の人間なのです。

多少Google先生のお気に召さなくとも、訪問者がクリックしてくれるような記事であればいいと思うのです。

検索結果が1ページ目に表示されるのが目標です。でも。それだけの変更で記事が検索結果の4ページ目にくるのであれば効果はあったと思います。記事の書き方の見直しも重要な作業です。

アドセンスの収益が増えない?

ブログのPVが増えなければ当然収益が出ないので、当たり前のことですね。この様にして、記事を改善しながら様子を見ています。

PV数の変化

ほんとうにキーワードをはずすと、どんなに良い記事内容でもクリックまでに到達しないのですね。明らかになりました。

アナリティクスで調べると、それまでのPV数の曲線と比較すると、リライト、記事の書き方、タイトルの決め方を改善したことの結果として、PV数に変化が起きてきました。

また、大きな変化には至っていませんが、これからどうなるか観察しています。

ブログの基本をしっかりとおさえたい。

何を書くのか。誰にどの様に表現するのか。そのためのキーワード選定と記事タイトルの設定、文章の構成などの基本をしっかりと学ぶことが重要ですね。

nao(NAOテック)