アドセンス収益アップ!記事の文字数はどれくらい?

この記事は約2分で読めます。

Googleアドセンスで収益をアップするには、様々な方法があります。

その中で重要なポイントは2つあります。

・PV数をアップする
・ユーザー目線の読みやすい記事を書く

一つは、PV数を上げることです。

もう一つは読みやすい記事で文字数が少ない記事です。

気になるのは、「文字数が少ない記事だとGoogleの評価が低くなる」とう固定観念なのでは?

評価アップのために、やたらと文字数を多くして、膨らませているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

アドセンスでPV数をアップするには?

アドセンスで収益を上げるために大切なことは、PV数をアップすることです。

これがなかなか成功しないのです。

そこで使える手段は、リピーターを増やすながら徐々にPV数を上げる方法です。

リピーターは、そのサイトに魅力があれば、検索をせずにまた記事を読みに来てくれます。

このリピーターを増やすことで、1人が複数回記事を読んでくれるだけもでPV数はアップします。

何度も訪問してくれる記事を書くことです。

アドセンスは再訪者は、あまり広告をクリックしないと言われてきましたが、それは昔のことです。

広告はユーザーが興味のある内容を配信するので、リピータ-でも興味があればクリックしてくれます。

アドセンスで大切な記事の文字数?

今までのセオリーでは、文字数が多ければコンテンツ量も豊富だからGoogleの評価がアップすると言われてきました。

でも、まだそんなことが通用するのでしょうか?

ニュース配信記事を見ると、スクープ記事は短い文章で簡潔に内容を知らせてくれます。

ユーザーに読む時間を無駄にさせないで、短時間で内容を的確につたえる文字数でよいのです。

おそらく500~1000字あたりで、書くのもありですね。

そんな文字数で大丈夫・・・?

時代はスマホで閲覧するのがメイン

今の時代はデスクに座ってたっぷり時間を取り、5000字~10,000字ある記事を読める人は、リタイアした人か、あるいは時間がある人だと思われます。

ほとんどの人は多忙で、電車の中や立ったままで多くの情報を得ているのではないでしょうか。

それに合わせると約2~3分で読める記事が人気ではないかと想像しています。

ちなみにこの記事は、1,000字で2分で読める内容で作ってみました。

目まぐるしく移り変わる時代にアドセンスで収益を上げるには、市場を見ながらユーザーのニーズに合わせた記事を書く必要があるように思えます。

タイトルとURLをコピーしました