【Google2020年12月4日開始】コアアルゴリズムアップデートの影響

SEO対策
この記事は約4分で読めます。

年4~5回ほどあるGoogleのアルゴリズムアップデートです。

今回2020年12月4日(日本時間未明)の発表は、2020年5月4日のコアアルゴリズムアップデート以来となり、久しぶりに影響が出るのではないかと想定しています。

現状でどのような影響が出ているのか紹介します。

スポンサーリンク

Googleコアアルゴリズムアップデートのアナウンス

Googleのツイッターでは2020年12月3日付で以下のようにアナウンスしています。

翻訳はGoogleで行いました。

本日遅く、年に数回行うように、幅広いコアアルゴリズムの更新をリリースします。これは2020年12月のコアアップデートと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは、以前に説明したとおりです。詳細については、このブログ投稿を参照してください:https://t.co/e5ZQUAlt0G

Googleのコアアルゴリズムアップデートは、日本時間2020年12月4日から順次1~2週間かけてロールアウトしていくと思われます。(ロールアウトとは新しいサービスを公表して運用を開始すること)

Googleコアアルゴリズムアップデートの影響

毎回Googleのアルゴリズムアップデートが行われる度に影響があります。

ブログ記事がGoogleで検索されるて表示される順位が大きく変動するからです。

今まであるキーワードで3位に表示されていた記事は、コアアルゴリズムアップデートがあると大きく下落するか、そのまま影響を受けないか、或いは大きく順位を上げりなどの影響が強く出ることがあります。

今回のGoogleコアアルゴリズムアップデートでは、やはり12月4日を境に影響がみられました。

記事の検索順位の変動

運用しているブログの状況を調べてみると次のような影響が出ました。

大きく順位を上げている記事があります。趣味関連の記事で今までは下位にあったのが上位へとアップしたことで、アドセスの収益が12月4日以降上昇傾向にあります。わずかな日程の中なので、何とも言えませんが明らかに増加しています。

順位が変わらなかった記事もあります。記事の分野はアウトドア関連の記事で従来より検索が多く上位にあった記事です。この記事は細かく使い方や独自の方法を紹介しているものです。

一方、大きく順位を落とした記事があります。雑記記事です。

2020年12月4日(日本時間)の翌日12月5日に急激な順位の下落がありました。

Bingの検索では影響はありませんので、Googleコアアルゴリズムアップデートの影響となります。

当然Yahooでも影響を受けることになります。

この記事はアフィリエイトで書いた記事です。この辺の内容がGoogleの検索意図の評価にマッチしていないのかもしれません。

Googleアップデートへの対応

今回のアルゴリズムアップデートでも前回と同様に対処方法は変わりません。

ユーザーにとって有益なコンテンツであることと、検索意図にマッチしていること、それに大事なことは記事の信頼性が確保されていることが重要です。

今回下落した記事の見直しとリライトも含め、今後2週間程度を目途にデータを見ながら対応していきたいと考えています。

おわりに

今までも何回となくGoogleコアアルゴリズムアップデートの影響を乗り越えてきました。

今回も大きな変動があり記事を再度見直すきっかけになるので、ブログの評価をアップするチャンスでもあります。

タイトルとURLをコピーしました