アドセンス「追尾広告」の収益が増えない原因と解決方法

Googleアドセンスの「追尾広告」は収益が大きく増えないのはなぜでしょうか?

実は使い方次第で収益がかなり増えます。

今回はGoogleアドセンスの「追尾広告」で収益を上げる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Googleアドセンスの追尾広告とは?

今までは下記の通り追尾広告が一般には使用が許可されていませんでした。

ユーザーがページをスクロールしたりページ間を移動したりする際に、広告が「固定」位置または「フローティング」位置で表示されるような配置方法は禁止されています。

飲用:以前のGoogleのポリシーの一説「広告の不自然なアピール」

ところが2019年7月に上記の表記が削除されて全ユーザーに開放されています。

追尾広告はブログのサイドバーに設定しておくと、記事を下の方にスクロールしても広告は最後までサイドバーに表示されてついてきます。

つまりユーザーは記事を読んでいるあいだ「追尾広告」を横目に見ることになります。

そのため、広告効果が期待される広告ユニットです。

そのため、広告効果が期待される広告ユニットです。

Googleアドセンス「追尾広告」で収益が増えない原因

追尾広告で収益が増えない原因を説明します。

【ユーザーにとって追尾広告がジャマだから】

理由はユーザーにとってジャマだからです。

使い方で多い例は「サイドバー」に配置していて、300×600程度の大きな広告を貼っているのをよく見かけます。とても邪魔に感じることもあります。

■【主流のスマホでは表示されないから】

追尾広告はサイドバーに配置して使うことが一般的です。記事を最後までスクロールして読んでも広告がヨコで追いかけてくるのですが、スマホでは見えません。

その結果、追尾広告がクリックされないので収益が増えないということです。

Googleアドセンス「追尾広告」の配置と使い方

どんなブログにでも追尾広告を配置すれば収益が上がるのかと言えばそうとも言えません。

例えば、ぼくが運営している6つのブログのなかで追尾広告で収益の高いジャンルがあります。

対象層はデスクトップ利用者

それは雑記記事を集めた雑記ブログで対象はシニアの方々です。

このジャンルは逆に追尾広告が好評のようでデータ分析ではクリック率が高いのです。

シニアの方が使っているのプラットフォームは圧倒的にデスクトップのパソコンです。

デスクトップなら広い画面に様々な広告が表示されるから関心がたかくなるようです。

ゆっくり読むコンテンツのサイト

Googleアドセンスの特長ですが、調べものなどデスクでゆっくり読むコンテンツのサイトで追尾広告は効果を上げます。

さらに、広告のクリック単価は高く3桁になることも少なくありません。

シニアの方の得意分野で投資や金融、保険や年金関連の広告はどんどんクリックして頂けるので、収益はアップ傾向が続いています。

一方スマホのサイトでは効果はありません。スマホではサイドバーは表示されないので追尾広告は使いません。

Googleアドセンス「追尾広告」の効果

実際に雑記ブログでの配置では、アクティブビュー視認可能率がアップがしておりクリック率の増加は大きく RPMも向上しています。

とくにテキスト量の多い記事ではスクロールするため、追尾広告はどこまでも追いかけてくるので後からクリックできるというメリットがあります。

対象層を間違えると逆効果

追尾広告はシニアのみなさんには好評です。

理由は、記事の前の方に戻って広告をクリックする手間が省けるからです。

記事の途中でクリックしたい広告を押してしまうと記事に戻るのが面倒なので途中では広告をクリックしません。

最後まで追いかけてくる追尾広告か、本文末のディスプレー広告が人気です。

収益ではシニア向け雑記ブログでは記事下と追尾広告が収益を上げています。

追尾広告を簡単に設定できるWordPressテーマ

追尾広告を簡単に設定できるテーマで無料の「Cocoon」があります。

2022年9月にエックスサーバーと提携したことで、エックスサーバーでは無料で簡単にインストールできます。もちろんCocoonの公式サイトからもダウンロードできます。

公式サイト ➡  エックスサーバー  Cocoon

まとめ

Googleアドセンスの「追尾広告」の特長と効果を解説しました。

追尾広告は対象層によっては抜群の効果を上げます。

タイトルとURLをコピーしました