「Google Discoverの仕組み」SEOと効果的な記事の書き方

従来のGoogle Feed は2018年9月から Google Discover(ディスカバー)へと名称が変更されています。

最近、スマホに表示されて、これはいったいなんだろう?と思った方も多いのではないでしょうか。その仕組みとSEOへの影響、それに伴う記事の書き方等を説明します。(ざいぶろ情報部)

Google Discoverの仕組み

Googleアプリを開き、右にスワイプすると、スマホの下の方に「Discover」と表示されます。

そこには、おすすめの記事が表示されます。今までの自分の経験値からふさわしい記事がピックアップされます。

さらに、最新情報、検索、最近、その他 が表示されます。

特に、その他には「パーソナル検索」、「Discoverのカスタマイズ」の設定項目があります。

Discoverはどうなっているのか?

いままでは Google で情報を調べる時に「検索キーワード」を入力する必要がありました。

キーワード不要の情報配信

しかし、Google Discover はキーワード入力不要で、Googleアプリを開いたタイミングで、最新のAIは私たちが興味を持つ、役に立つ可能性が高い情報を個人ごとに配信する仕組みとなっています。

皆さんが、スマホやPCで検索したり閲覧したブラウザの閲覧履歴、ウェブとアプリのアクティビティ、位置情報等の様々な情報をAIが機械学習して、ふさわしいコンテンツを返してくるのです。

エバーグリーンコンテンツも表示

特徴は最新情報ばかりではなく2018年9月から、 エバーグリーンコンテンツ(evergreen content、公開後から長期間に渡り色あせることなく役立つコンテンツのこと) も表示されるようにアップデートされています。

重要なことは、長期間にわたって役に立つコンテンツは、表示されるというのです。この事は、長期間収益を上げる効果的な記事がマッチする、Googleアドセンスの収益にも関連してきます。

さらにすごいのは、トピックレイヤーというAI技術のひとつですが、人がある事について学んでいくと、当然、同じ言葉でも内容が変わってきます。

個々のユーザーの知識レベルにあった情報を表示。トピックレイヤーのすごさ。

例えば、釣りに初めて行く人が「釣りの道具」の情報が欲しいときには、釣竿と糸と針と餌の初心者用のグッズを返してきます。しかし、上級者に「釣りに道具」という情報を返すには、「どんなリールか」「どんな魚井対応する竿か」「針の種類と型番」などを推測して、そのレベルを返すのです。

同じ言葉でも、Discover はこうした技能や専門知識のレベルを見極めて関連性が高い役に立つコンテンツを推測して表示します。

SEOへの対応は変わるのか?

結果から言えば、今まで通り「ユーザーが求める質の高い役に立つコンテンツを提供する」ということに変わりは無いようです。

キーワード検索のように最新の今欲しい情報を表示させるのではなく、興味や関心を表示するものを推測して表示させるので、現状のSEOに対する影響は無いと思われます。

ただし、従来の小手先のSEO対策は、徐々に通じなくなっていることは事実です。

質が高くユーザーの検索意図の概要を理解した記事

ユーザーが欲している問題の解決にそって、どんな結果が欲しいのかを察した記事が有効だともいわれています。

いずれにしても現状において、AIが高度な判断が可能となった今、質の高いコンテンツを書いていけば、SEO対策の一つとしても問題ないと言えます。

まとめ

GoogleのAIを使った検索技術は、ユーザーが本当に欲しい情報を提供しようと考えています。今迄のユーザーの行動からワード以上に概念を推察して、相手のレベルに応じた結果を推測して返してくるように進化しています。

ますます、ブログの記事を書く私たちのコンテンツは、さらなる内容と質の良さが求められていくのでしょう。

nao(NAOテック)