アドセンス収益アップ!『自動広告』と『手動広告』の効果的な使い方

アドセンス・ASP
この記事は約3分で読めます。

アドセンスの自動広告と手動広告を使って収益をアップする方法を紹介します。

手動広告だけの場合と自動広告だけの場合もあわせて効果を説明します。自動広告と手動広告の使い方を変えるだけで収益が変わってきます。

以下の3つのポイントで説明します。

その1:手動広告だけの場合
その2:自動広告だけの場合
その3:手動広告と自動広告の併用の場合
スポンサーリンク

その1:手動広告だけの場合

手動広告だけを使う場合のメリットがあります。

メリット

それは自分が広告を表示したい場所に配置できることです。効果のありそうな記事の場所を見つけたりサイドバーや記事下などに自由に配置できることです。

デメリット

全てのパージに広告コードを手動で配置するので手間と管理が大きな負担となります。さらに効果も自分でデータをアドセスの情報から分析していく事になります。

時に記事が長くなると途中の記事内に広告を配置するのですが試行錯誤で効果をみたりするのでコードを配置しなおしたりする手間が負担となります。

広告配置用のプラグイン「Ad Inserter」等を使って配置の省力化を図ることになります。

その2:自動広告だけの場合

ブログに自動広告のコードを一つ貼るだけという楽な方法です。

メリット

全てを自動広告に任せるため、指定の場所に自動広告のコードを貼るだけで完了します。細かい設定は運用しながら調整するとして手動広告だけの様に手間はかかりません。

最大のメリットはGoogleのAIがブログの広告配置の効果を収集して機械学習をします。その上で一番効果のある広告の配置を提案して表示してくれるので人間がやるよりずっと早いのです。

但し効果的なデータが取れるまで時間が数か月単位でかかるようなので、待つことができればいいでしょう。気が短いと途中で手動広告に切り替えてしまう人もいます。

デメリット

広告配置を全て自動広告に任せるため、どこの部分に広告が表示されるか分かりません。

その為意図しないところにデカデカと広告が表示されるなどデザインを無視した広告配置になることもあります。

再診の自動広告では、あらかじめどこに広告が表示されるかプレビュー画面で確認できます。その段階で不要なら表示させないことができる様になりました。

ではどの様にするのが良いのかを説明します。

アドセンスの自動広告だけでは難しい

Googleの「ベストプラクティス」によるアドバイスでは、自動広告だけで収益を上げるのは難しいとのことです。


引用:アドセンスからのアドバイス

効果的を上げるには、手動広告と自動広告を上手に使うことだと説明しています。その手順を紹介します。

その3:手動広告と自動広告の併用の場合

自動広告を効果的に使うため手動広告を取入れて配置します。

(1)手動広告を配置する

まず手動広告で効果が見込める場所に広告ユニットを配置します。ブログの効果的な場所を見つけて広告を手動で配置します。

この場合、そのブログの特性からどこが効果的で配置するのに良い場所なのかは試行錯誤して決めることになります。

SEOに効果的な場所

Googleでは広告配置でSEOに効果的な場所がある説明しています。ブログが検索されて最初にディスプレイに表示された時に、手動で配置した広告が見える様にすることです。

それから、すこしスクロールした時にさらに広告が見える様にすることを提案しています。

(2)自動広告をオンにする

そこに自動広告をオンにして作動させます。

Googleではこの様に手動広告と自動広告を併用する事が収益をアップにつながるとアドバイスしています。

まとめ

自動広告と手動広告を併用して収益を上げる方法を説明しました。

ケースバイケースなので、やはり自分で試行錯誤しながら調整するのが収益につながるようです。

何年もデータを取りながら効果的な場所を見つける方もいます。

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました