アドセンスのクリック単価が低くなる意外な原因?改善可能です

アドセンス・ASP
この記事は約3分で読めます。

アドセンスのクリック単価が1桁と低かったり、急にクリック単価が下がったりします。

その原因が通常原因としている記事のジャンルやトレンド、SEOにもありますが、その他の意外なことが原因であることを参考に紹介します。

スポンサーリンク

アドセンスのクリック単価が一桁下がる?

アドセンスのクリック単価が低い原因と言われているのが、トレンド記事や芸能記事関連です。

理由は、実質的なユーザーにとってオリジナルな情報が無い場合が多いからです。トレンド記事や芸能記事を扱う場合は、ニュースサイトの記事を引用したりするので、ほとんどが自分でゼロから書いた記事ではないことです。

さて、このような原因は数多く紹介されていますが、もう一つ隠された原因があります。

それは、広告主がアドセンスのクリック単価の裏側に存在していることです。

クリック単価が下がる意外な原因

アドセンスを通してネット広告を運用している広告主は、広告を出して収益が上げることが第一の目的です。

つまり、あなたのブログに広告が表示され、それがクリックされることで、広告主のサイトに移動して購入されることで広告主の収入が発生する仕組みですね。

広告主は、どのサイトからクリックされて自分の商品が購入されたのかデータを見ることができます。

つまり、あなたのサイトに出した広告がよくクリックされて広告主のサイトにやってきて商品が売れる頻度が高ければ、クリック単価をもっと上げてきます。

クリック単価を上げることで他の広告主にあなたのサイトを取られたくないので頑張ってくれるのです。

逆に、あなたのサイトに出した広告からの購買率が低いと、クリック単価を下げてきます。さらにあなたのサイトに広告配信することを拒否することもあるといいます。

つまり広告のクリック単価が低い要因の一つとして、あなたのサイトに出した広告からの購買率が低いことです。

広告主は購買率の高いサイトを指定してクリック単価を上げることがあり、逆もあるということです。

アドセンスのクリック単価をアップする対処方法

アドセンスのクリック単価を上げる方法として万能な方法ではありませんが、確実にクリック単価はアップします。

ユーザーが欲しいものを探していて、あなたのサイトの記事を読んたことでとても有益な情報をえることができることです。

これらのユーザーは質が高く購買意欲も高いため広告主にとっては売り上げたアップするとてもほしい顧客です。

これらの記事、あるいはサイトには顧客が欲しい情報が的確にあり、またアドセスがわの広告主も広告がマッチングされて表示されるから相乗効果が見込めることだと考えます。

そため広告単価を上げてでも広告をあなたのサイトに表示させたいということになるからです。

おわりに

アドセンスのクリック単価が下がったり激減する原因の一つを紹介しました。

クリック単価は意外にも広告主が求めている質の高いユーザーをあなたのサイトから広告主に送客してくるかという効果に比例していると思われます。

是非、質の高いオリジナルな記事をgoogleアドセンスは求めているようです。

タイトルとURLをコピーしました