にほんブログ村とgoogleアドセンスの関係

ブログの始め方
この記事は約4分で読めます。

ブログコミュニティーで有名な「にほんブログ村」とgoogleアドセンスの関係について紹介します。

にほんブログ村には、たくさんのコミュニティーがあり参加カテゴリーに登録して参加します。

一方、googleアドセンスはオーガニックなgoogleやYahoo、Bing等からの流入の効果を期待します。

2つのフィールドにはそれぞれの特徴があり、その活用の仕方でアドセンスの収益がアップすることにもつながります。

スポンサーリンク

にほんブログ村とアドセスの関係

にほんブログ村とアドセスは居心地が全く違います。

にほんブログ村では、同じ趣味や嗜好のブロガーさんと交流が発生します。

記事を読んでくださる情報が肌で感じるところが素晴らしく居心地がよいのです。記事を投稿するとすぐに読者のかたからアクセスがあり、顔の見えるお付き合いになります。

一方、googleアドセンスではアクセスしていただくのですがブロガーさんの顔はある意味、想像で描いた方々で見えません。

これらの大きな違いがにほんブログ村とgoogleアドセンスにはあります。

記事の書き方が全く違うアプローチになるのです。

にほんブログ村は、ブログリピーターや読者向けなので日記形式やある時はFacebook風な感じでわりとカジュアルな書き方になります。

それに比べ、googleアドセンスでは見えない相手に向かって記事を書くので、ある種新聞記事の様でありエビデンス(証拠)や記事の信頼性が重要です。

だれが書いたのかというエビデンス(信頼性)がもっともGoogleから評価されるのです。

にほんブログ村の参加メリット

にほんブログ村にgoogleアドセンスで書いた記事を投稿すると、異様な感じになります。

顔なじみの飲み会の中に、一人お酒を飲まない哲学者が紛れ込んだようで似合わないのです。

「きょうのご飯は最高だった!」という記事の仲間のコミュニティに「効果的な収益を稼ぐ方法」という記事はなじまないし入りにくいのです。

では、にほんブログ村に登録して参加する意味はなんでしょうか?

それは、すぐ記事を見てくれる読者の方がいて即反応という形で記事を評価してくれることです。

例えば、お弁当を作るコミュニティに集まる方々のプロファイルに合わせた記事を書く練習です。

新聞記事ではなくFacebookや日記的な書き方のスタイルで、どれだけ有益にかけるかというライティングを審査してくれることです。

そんの反応は、OUTの数字として登録したブログにほうもんしてくれるかどうかです。

これが少ないと、まだまだ、このジャンルにはなじんでいないことになります。

つまり、その程度のライティングならばgoogleアドセンスで「喜ばれるお弁当を作るコツ!」などの記事を書いても読者の心をつかむことは遠いことになります。

いかに、にほんブログ村の読者の方々の心をつかむかを練習させてもらうばとして、評価してもらう場としてもメリットがあります。

にほんブログ村がアドセスに与える影響

にほんブログ村の読者は、あえて必要があって検索をしてるわけではありません。

投稿された記事が興味あるかどうかです。

なので、記事を投下して面白く読んでもらえればそれで完結するのです。

あえてアドセンスの広告に興味があるわけではないし、それを望んでいるのでもないのですから。

では、どんな影響をアドセスにあたえるのかです。

それは、アクセス数がアップしてアドセンスブログの評価が上がることです。

Googleのインデックスをリクエストするか或いはXMLサイトマップで検索エンジンに気が付いてもらうかしてアクセスが出てくるまでには少なくとも3カ月はかかります。

しかし、にほんブログ村の読者のクリックは数分後に出てきます。

このスピード感を何者よりも強い効果をもっているのです。

にほんブログ村参加とアドセスの収益

にほんブログ村でアドセンスの収益効果を上げるには、記事の書き方を根底から変えることです。

アドセンスや物販アフィリエイトの書き方ではなく、コミュニティ的なライティングです。

そこには「共感」と「感動」が欲しいのです。

共感していただくと読者になって登録してくれます。

なので、お友達に紹介する感じの記事になり、それはアドセンスもASPアフィリエイトでも抜群の収益を生んでくれます。

にほんブログ村とアドセスの相互利用

にほんブログ村とgoogleアドセンスの相互関係をどれだけ研究するかで効果は激変します。

にほんブログ村には顔がみえる読者のみなさんがいます。

だから、マナーを重視してこそアドセス記事も理解してもらえるのです。

私の記事はにほんブログ村に登録して3カ月は無反応でした。つまり、コミュニティとして受け入れてもらえない期間です。

でも、にほんブログ村の読者の皆さんに有益な記事を100本程度書いたときから、受け入れてもらえるようになり、最近では1記事を投稿すると多くの方々がブログまで訪問してくれます。

さらに読者登録も増えてきます。

おわりに

ブログコミュニティーで有名な「にほんブログ村」とgoogleアドセンスの関係について紹介しました。

趣旨の違うにほんブログ村とgoogleアドセンスをどのように付合っていけば効果的かを体験から書きました。参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました