記事の検索順位が突然圏外に消えた!原因と対処方法

SEO対策
この記事は約4分で読めます。

Googleの検索結果からある日突然記事が圏外に消えてしまった場合の対処方法を紹介します。

この問題はブログを運営していると一度は遭遇する現象ですので、慌てずに対処しましょう。

スポンサーリンク

検索順位が突然圏外に消える?

日々投稿した記事が検索順位で何番目にあるかをチェックしていると、それまで検索結果に表示されていた記事が突然消えていることがあります。

何度探しても見つからないのです。

検索順位ツールを使って調べると「圏外」と表示されています。もう頭の中はパニック!

何度確認しても「圏外」の表示。

例えば午前中に10位以内にあった記事が、昼過ぎには「圏外」に消えていることもあります。

そこにはいくつかの原因がありますが、その中で最も可能性のある2つを紹介します。

2つの主な原因と対処方法

突然圏外に消える原因の中で良く該当する「Googleのアルゴリズムの変更」「ペナルティ」の2つについて対処方法を紹介します。

その一つは、Googleのアルゴリズムの更新が考えられます。

Googleのアルゴリズムの変更が考えられる場合

Googleのコアアップデートの様な大きな更新もあれは、日々の中でもユーザーにとって有益となれは更新が行われていると言われています。

このアルゴリズムの変更による順位の変更はどうしようも無いと言えます。しかし、対処方法が無いわけではありません。

方法としては、他の記事でも同様な変化が起きているかどうかをチェックします。もし、その記事だけの順位が圏外に飛んでいるならばその記事自体の問題とも考えらますが判断はできません。

対処としては、1日~1週間程度、検索順位の様子を観察することです。一時的な変更もありえるのです。

その場合は、半日程度でも戻ってくることがあります。長いと1週間程度の時もありますので慌てずに様子を見ていきます。

今まで圏外に消えた現象は,全て一時的なものでした。

Googleのペナルティの場合

ペナルティを確認することは難しいです。

ほとんど連絡が来ることは無いと思いますが、とりあえずGoogleサーチコンソールからペナルティが通知されているかどうかチェックしてみます。

何日経過しても順位が戻らない場合は「ペナルティ」を疑うことになります。

Googleからペナルティを受けていないか確認する方法ですが、Googleには公式の「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」があります。これに違反している場合にGoogleからペナルティが課せられ、順位が下げられたり、圏外に飛ばされたりするのです。

ペナルティを受ける原因として多いのが、質の低いコンテンツがサイト内に存在していることや関連性の質の低いリンクが大量に貼られていることが挙げられます。

どちらにしても、サイトがgoogleの示すガイドラインに沿って運営されていない可能性が高いわけですから、大幅な改善が必要です。

Googleペナルティとは、Googleが公式に発表している「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に違反したサイトに課せられるもので、一度受けるとどんな対策をしても復帰することは難しくなります。

しかし、ペナルティを受けることは多くは無いとおもわれます。

今回はサイトそのものではなく、1記事だけが圏外になるのですから。

対処方法の例

この様な事態を何度か経験したことから対処方法を紹介します。

但し、だれにでも該当するとは思いませんが、これで復帰したことは事実です。

初めに、該当する記事の内容を確認します。

もしGoogleの「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に抵触すると思われる部分があればリライトしておきます。

圏外に消えた記事のURLをGoogleサーチコンソールから「インデックスのリクエスト」をします。

その上で、しばらく時間をかけて検索すると、元の順位に戻っている場合がありました。

だたし、検索順位は多少下がっていましたが無事復活していました。

圏外に消えても慌てずに冷静に対象

検索順位が突然圏外に消えても慌てないことが大切です。

第一には、自然に復活することもあるので「しばらく待って様子を見る」ことだと思います。

今回は2つの方法が最も経験から多かった事例なので紹介しました。

但し、今回の対処方法についてはなんらエビデンスが証明できないのです。

試してみると、復活したということですから参考としてください。

↓どれか一つクリックいただけると、うれしいです。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村
SEO対策
スポンサーリンク
naoテック
タイトルとURLをコピーしました