【2019年版】初心者がアドセンス広告の貼り方で収入を上げる方法

Googleアドセンスの審査を通過した皆さまおめでとうございます。これからアドセンスに審査を申請するかたは合格後に速やかに収入を得る為の準備として是非お読みください。効果的に収入を上げるアソセンス広告の貼り方をご説明いたします 。

アドセンス合格したあなたが最初にすること

この記事を読んでいるあなたは、きっとアドセンスの審査を通過して間もない方か、あるいはアドセンス広告の貼り方が分からず思うように収入が得られない方ではないかと思います。

でもこの記事を読めば大丈夫です。アドセンスの広告の貼り方を学んで1日数円~数十円の収益を脱出して1日に収益3ケタをまずはクリアしましょう。

実は1日に3ケタの収入を得ることは初心者にとってとても高いハードルなのです。

アドセンス広告の全体の仕組み

アドセンスの審査をリクエストする時にご自分のブログの「head」タグの間に指定のコードを貼り付けた事を思い出してください。

あのコードは、アドセンスの審査合格後に有効となってブログにアドセンスからの広告を流し込むように書かれたプログラムなのです。

つまりアドセンスの審査に合格すると数時間後から、ブログに貼ったコードが動き始めてブログにアドセンス広告が表示されるようになります。

なにも設定をしないと「自動広告」が働き始めます。Googleアドセンスが一番良いと判断した場所に大きさも種類も自動で表示されるのです。初心者は設定しなくてもいいのです。

管理画面の自動広告を確認すると画像の様に4つの広告のスイッチがオン(青く)なっていれは、自動広告が働き始めることになります。

もちろんこのスイッチをオフにすると、自動広告は止まります。

この切り替えがブログに反映されるまでは、時間がかかる場合があります。私の経験で一番長かったのは「ディスプレー広告」の切り替えで48時間後に切り替わった経験があります。

自動広告を使わない場合は「手動広告」で設定します。

自分の好きな場所に広告を貼ることが出来ます。自動広告では、どこに広告が表示されるかはアドセンス側のAIが決めますので、ブログのタイトル下などにデカデカと表示されて邪魔になることもあります。下がその例です。

自動広告の「ディスプレー広告」をオンにすると、こんな感じで表示されることもあります。読者にとても邪魔になるのです。

さすがにこれはストップしました。自動広告の「ディスプレー広告」をオフにしてから表示が止まるまで48時間かかりました。

これを避けるために「手動広告」で広告を貼る方法があります。広告ユニットを使って広告をブログ内の好きな場所に配置する貼り方です。

広告ユニットにも自動広告と同じように「ディスプレー広告」、「インフィード広告」、「記事内広告」、「関連コンテンツ」、それと自動広告には無かった「リンク広告」の5種類から選んでブログに貼ることができます。

自動広告か手動広告か?

始めに「自動広告」とはどんなものかを体験することをおすすめします。自動広告の設定のままで1~2週間くらい様子を観察します。

自動広告は、どこにどんな広告が表示されるのかを実際に自分の目で確かめるのです。理由は、表示したい場所としたくない場所がハッキリ確認できて広告の貼り方が分かるからです。それから対策を考えて手動広告を導入しても遅くはありません。

効果的な手動広告の貼り方

ブログの種類やデザイン、ジャンルによって自動広告がいいのか手動広告で自分が貼るのがいいのかが分かれます。

4種類ブログを運営していますが、趣味系、実用系、ノウハウ系、IT系等ではそれぞれ特徴があります。現在のところでは収益が良いのはそれぞれの特徴を生かした貼り方を手動で行った方が効果が数倍上がっています。

自動広告に慣れてきたら、手動広告に切り替えて広告の貼り方を比較してみる事をおすすめします。後々の収益への貴重なデータとなります。

広告の貼り方と位置

アドセンス広告の手動での貼り方は、ブログそれぞれでの個性があり一様に決めつけはできません。

私のブログでは、一般的に効果が望めないと言われている「大きな広告」が収益性の高いと言われている「関連コンテンツ」をはるかにしのぐ収益を上げています。

一般的には、いろいろな記事で紹介されている効果的なアドセンス広告の張り方と場所を調べて試行錯誤するのが良いと思います。

記事に書かれた貼り方で、アドセンス広告を配置したところ私のブログにはマッチしなかったため逆に自動広告より収益が下がった経験があります。

あくまでも記事の貼り方は参考として、自分で試行錯誤して発見することが重要です

広告を貼るプラグイン

手動広告で配置する場合は、便利なプラグインを利用します。

■ AdSense Integration WP QUADS

はじめたばかりの頃は、かんたんに配置できるプラグイン「AdSense Integration WP QUADS」で広告を貼る事をおすすめします。とても簡単で、シンプルで間違わないからです。

WP QUADS の使い方>>>こちら


■ Ad Inserter

慣れてくるとさらに細かく貼り方を指定できるプラグイン「Ad Inserter」を使います。

これはページごとに広告の貼り方を変えたり、記事の上から●●%位の場所で、H2見出しの上に表示する等の細かな広告の貼り方を指定できるプラグインです。

・Ad Inserter の使い方>>>こちら


広告の貼り方のおさらい

アドセンスの広告には自動広告と手動広告があります。手間いらずの自動広告はアドセンスの説明ではブログに一番効果的な場所に効果的なサイズで効果的な広告を表しさせて収益を上げる事を目的として開発されています。今後開発がさらに進むとさらに効果がアップされると思います。

現状では、アドセンス広告は手動広告による貼り方のほうが収益は上がっております。

ただし、2019年7月9日から読者が不快に感じる様な広告の貼り方ですとフィルターで広告表示されない様にシステムが制御する方式が取入れらました。

アドセンスを使ってブログで収益を上げるには、今後ますますユーザーが快適であり、ユーザーが役に立つコンテンツを優先にした広告の貼り方が重要となっていくものと思われます。

是非、内容のあるコンテンツを投稿して収益をアップしましょう。

■アドセンス広告「効果的な貼り方」クリック数が倍増>>>こちら

Nao(NAOテック)