アドセンス『Smart Pricing』による収益の変化を推察

アドセンス・ASP
この記事は約3分で読めます。

googleアドセンスはいつも同じようにクリック単価が同じではないことはわかるのですが、高くなる時とかなり低くなる時があり、コンテンツの質に原因があるようです。クリック単価と収益の変化について考察してみました。

スポンサーリンク

アドセンスのSmart Pricingによる入札単価

アドセンスにより自分のサイトに広告が表示されてクリックされると私たちサイト運営者には収益が発生します。一方、クリックされた広告の広告主はビジネス成果につながることになります。

その成果とは、製品の購入だったり定期購読だったり広告主が収益を上げる目的となるものです。Googleでは次のように広告について説明しています。

AdSense のサイトに入札すると成果が上がることを広告主に確信していただけるように、Google ではクリックが広告主のビジネス上の成果につながる可能性を確認しています。その広告のクリックがビジネス上の成果につながる可能性が低いとシステムで判断された場合、広告主の上限入札単価が引き下げられることがあります。

引用:AdSenseヘルプ「AdSense での入札について」

ここで重要なのは、広告がクリックされても広告主のビジネス成果になる可能性が低いとシステムが判断すると、広告主の広告入札単価の上限が引き下げられるというものです。広告主が上限単価を100円で入札して広告が表示されても、Googleのシステムがこのコンテンツを評価すると100円ではなく50円だと、例えば単価を自動的に引き下げるということです。

これはわたしたちにはどうすることも出来ません。だたし、表示される広告を想像することは可能です。想像した広告をイメージして記事に反映することもありかもしれません。

アドセンスと質の高いコンテンツとクリック単価

アドセンスのシステムが広告主にとって高い単価で入札してもビジネスチャンスがあると判定されると単価は引き上げられると推測します。

そのためには何をすればいいのか。例えば、個人が日記をつけて食べた夕食がおいしかったという記事があったとします。もう一つは、同じく夕食を食べたのですが、その作り方や調味料、あるいは盛られた皿の種類、あるいは一緒に飲んだ飲料などが詳しく書いてありユーザーが是非食べて見たいという購買につながる記事。

この二つの記事に「新しい調味料」をPRしようとする広告主がお金をかけて入札して広告を出すとしたらどちらを選ぶでしょうか。もちろん後者の方を選びます。

理由はそれを検索して読むユーザーが「新しい調味料」の広告をクリックする可能性が高いからです。そして購買されるビジネスチャンスが高くなるので、クリック単価も高くなるようにシステムが自動調整するという仕組みだと解釈しています。解釈が間違っていたらすみません。

現実に記事を投稿するとその傾向わかる

実際に2種類rの記事を作って投稿してみると、データが取れると思います。もちろん季節性やトレンドなどの影響もあるので一概にはいえません。

エビセンスを重視して書いた質の高い記事を集めたブログ、あるいは読者層が広いブログではクリック単価が高い傾向にあります。

一方、趣味で好きなことを書いているブログは人気で検索するユーザーが多くPV数は3倍あります。

この2つのブログでは質の高いブログの方がクリック単価は約5倍近くの差が出ます。これはまさに広告主のビジネスチャンスを読みながら作る記事であることから双方の利益が出ると確信したGoogleのシステムが判断して単価を上げていると思われます。

おわりに

googleアドセンスはいつも同じようにクリック単価が同じではない要因は、コンテンツの種類に原因があるようです。アドセンスのSmart Pricingによる収益の変化について紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました