アドセンスの残高に「データを取得できませんでした。カードを更新してください。」の対処方法

アドセンス・ASP
この記事は約2分で読めます。

googleアドセンスの管理画面で「残高」のところに「データを取得できませんでした。カードを更新してください」と表示されています。

これはいったいどうしたのでしょうか?

ちょっと焦ってしましますね。

対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンスの残高にカードを更新する指示が?

これは、びっくりしてしまします。

気が動転してしまうので、落ち着いてから処理を始めましょう。

よくある勘違いですが、クレジットカードと銀行口座の登録を混同してしまうことです。

アドセンスに登録している振込用の銀行口座と引落用クレジットカードを勘違いすることです。

めったにないことですが、焦ると勘違いするのです。

勘違いの原因は、次のようなことです。

例えばレンタルサーバーの利用料金引き落としで登録しているクレジットカードの期限が切れると引き落としされません。そのためクレジットカードの登録情報を更新することがあります。

これと、今回Googleアドセンスのアナウンスの「データを取得できませんでした。カードを更新してください」と勘違いしてしまうミスがあるので注意しましょう。

あくまでも、振り込み先口座に関することです。

振込先の登録データが取得できないということです。クレジットカードではありません。

対処方法で最初にやってみること

どこにも更新方法の説明がないのです。

そこで、ぼくは試しに恐る恐る更新マークをクリックしてみました。

クリックしても、元通り表示されません。どこかが変になってしまったかも知れません・・・

問題は、それでも表示が改善しないのでどうするかです。

次にやる対処方法

次はアドセンスのホーム画面が表示されているブラウザーの表示を更新してみることです。

ブラウザーの更新をクリックしてみてください。

すると、表示が元通りになりました。

この方法は正式な方法かどうかは定かではありませんが、改善しました。

他の事例を調べてみると、ほぼこの対処方法で解決しているようです。

この様な事態は、たまに発生するようです。

おわりに

結果としては、とても対処方法と呼べるものではありませんが、実際に直面するとかなり焦ります。

なにしろ収益が振り込まれない可能性と、新たに面倒な銀行振込口座の再登録が発生するかもしれないからです。

その他に残高がゼロになることも時々発生するのです。システム上、月の変わり目などで起きます。収益の処理のためで、数日後には解消します。

タイトルとURLをコピーしました