月千円のアドセンス収益を5千円にアップする堅実な方法

アドセンス・ASP
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

アドセンスの審査に合格してから月千円までの道のりは大変な物でしたね!

アドセンスは実はここからが本番です。プロや半ば会社でアドセンスで収益を上げている方は月20万円とか200万円とか稼いでます。

それはプロ集団なので初心者はまずは月5千円を目指しましょう。理由は実現できるからです。月5千円を稼ぐと年間6万円になります。

するとレンタルサーバーやドメイン代は十分に賄えて、つぎのブログへの投資ができるからです。月に5千円稼ぐことができるには記事数はブログ1つで400本でも難しいかもしれません。

しかし、ブログは選んだジャンルでも相当な差が出ますのでそこは始める方の「チャンスをつかむ運」のようなものが初心者時代には多分に含まれています。

ブログを2つ3つと経験して行くうちに、その「感」は実態のある経験値となり、予測可能なノウハウへと確実に成長していきますので安心してついてきてください。

スポンサーリンク

アドセンスの1,000円時代を卒業する

毎日毎日ブログのPV数を眺めながら、アドセンスのホーム画面の青色に輝く「推定収益」の欄を1日に何回も何回も見て数円の数字が数十円になった時の嬉しさは半端ないのです。

給料をもらって働いていた時のおそらく数百万円にひってきする実感ではないでしょうか。この収益が月に1000円に到達するには3か月かかります。

そして3000円になるのは恐らく半年から8か月は十分にかかるのです。アドセンスの場合簡単には収益はアップしません。短期間で収益をアップしているブログはプロ集団で複数人数で一気に記事数を作りあげてトップ記事をノウハウを基に何本も作り上げるととともに独自ドメインももしかしてすでに評価のある中古ドメインを利用している可能性もあるので素人には無理といえます。

しかし、月1000円は確実に記事を書いてさえいればだれでも到達する収益ですからまずはその段階をクリアすることです。時間と記事書きの毎日が続きます。

ほとんどの方はここで脱落することになります。

アドセンスの収益が5千円に達する時

おそらく早くても1年はかかります。普通にトライして1年半から2年を見た方がよさそうです。とは言っても半端ない努力が必要ですから覚悟して臨みましょう。あきらめてはいけません。

その理由は、月千円から5千円までの期間に書いた記事数や、毎日のぞいていたアドセンスの青色の目に焼き付いて離れない管理画面を通り越してこそ実現する金額だからです。

5千円の壁と呼んでいますが、この壁が今回の記事の内容です。5千円を収益の目標としてさらにアドセンスを研究していきます。

アドセンスが1000円は例えると小舟がまだ港を出たばかりの段階で、5千円はいろいろ港から外海に出ていく時です。また、へんな事例ですみません。でも参考に読んでください。

わたしはボートを持っていて海によく出ます。ボートが港に中にいる時は波も静かで安全です。そこからいよいよ堤防で囲まれた安全は湾から外海に出ていくのです。

この時はワクワクするのですが、湾内から外海に出る時は波が大きくなります。そしてこの波を超えてさらに沖に出ると居たいと静かでさらに遠くまでボートを走らせることが出来ます。この時と同じでボートが湾内にいる時が1000円、湾から外海に出た時が5000円なのです。

アドセンスで月5千円になる時、収益の増減は激しいものです。安定するにはまだまだなのです。しかし、この増減を乗り越えて進んで行くと、そこは万単位の大海原になっていくのです。さらに収益を伸ばすことが出来るようになります。そこからはスピードが速くなっていくので、第二の脱落地点をクリアしないとそこまで来た努力がもったいないのです。

アドセンスで収益を5千円にアップする方法

月千円の収益を出した方は、ある程度記事の書き方を練習できたのではないでようか?

タイトルの付け方、記事はだれの為に書くのか、読み手の悩み解決を手助けする内容ことGoogle検索でヒットする記事であること、SEOのノウハウなどがある程度高まった証拠が月千円なのです。月千円は初期段階の卒業証書なのです。

月1000円を5千円にするには約1年を予定します。その方が気が楽で途中であきらめないで済むからです。

アドセンスの収益アップの5つの方法

アドセンスで収益をアップする方法は、人それぞれでどれとして同じ条件でアップすることはないのです。それぞれサイトの構造もコンテンツもジャンルも違うので当然なことです。だからマネをしても全く収益にはなりませんが、参考にはなります。

なのでお伝えしたいのはあくまでも自分のサイトは自分しかノウハウを作れないということです。

(1)キーワードの選択

永遠のテーマです。様々なキーワードツールがあります。5千円を狙うならシンプルなツールですから使う安くおすすめです。もちろん無料で使えます。

GoogleKeyword

KyewordTool

この2つで十分にキーワードを探し当てることが出来ます。もっと他にありますが初心者にはこの2つを利用してキーワードと派生するワード、どの位市場があるのかなど十分い知ることができます。実際に使ってみるとわかります。

(2)記事の書き方とコンテンツ量

月千円時代の記事は文字数が1500字程度が平均ではありませんか?画像を多用していたりと初期の記事に多い特徴です。

月5千円にするためには記事を検索で上位にする必要があります。

コンテンツ量は最低でも2500字辺りをねらい、4000字から5000字をたまに入れる位に増やしていきましょう。それと信頼性「エビデンス」を徹底して付加します。

記事の信頼性を上げることです。記事のコンテンツ内容も重要なのですが、記事をだれが書いたのかも重要なのです。信頼のない記事は順位が上がりません。

とはいえわたしたちは医者でもなければ弁護士や会計士でもありません。だから肩書では信頼性を担保できません。

そこで利用できるのは、国の機関を引用することです。高清労働省のデータを利用したりすれば、クレジットが入り信頼性が補償されます。

国の機関はほぼデータやコンテンツがだれにでも解放されているので、引用も楽であり信頼が抜群なのです。

(3)記事のタイトルと内部SEO

この辺は小手先のワザです。記事のタイトルでPV数がアップするからです。同じことを言っていても表現ひとつで結果がでてしまします。

記事のタイトルの付け方は五万と記事が紹介されてて、どれも本当なので参考にすると知識がつきます。

その上で紹介すると、人間の心理を慎重に分析して記事のタイトルとつけることと、どんなワードで読者は検索しているかを組み合わせて記事のタイトルを決定します。

もう一つあります。

記事のタイトルで使ったキーワードを本文内のH2見出しにちょっと含ませることです。

サイト内の同類の記事については内部リンクをはります。テキストリンクで張らないと効果は半減します。決して「>>>こちら」のようなリンクは効果が少ないので「効果的な内部リンクを参照」などと具体的な説明でそこにもキーワードがはいっていることです。

(4)内部リンクを貼る

クローラーというロボットがブログサイトのコンテンツを見回っています。記事に内部リンクを貼っておくと、ロボットはそのリンクをだどっていきます。なのでロボットには記事を見つけやすくする手助けをすることになり、コンテンツの評価も早くなり船体としてサイト評価がアップにつながります。

(5)コンテンツの質

先にも書きましたが、2500字を基準にしたらよいと思います。それ以上多くすると、この記事の様に時間のある方に読んで頂くことを目的として書くことになります。

2500字程度だと少なくも無く知腰深い感じでユーザビリティがよくGoogleの評価としてはコンテンツ量のは最低必要なところではないかと思います。

アドセンスの収益アップは努力です

アドセンスの収益を千円から5千円にアップする方法を紹介しました。

努力も理にかなった炉力をしないと無駄働きになる蚊もしれません。

でも、無駄という体験が記事を作り同じような体験をしている方のためになる時が来ます。無駄なものはないので、どんどんチャレンジしてください。そのことが蓄積されて5千円の壁をサッと通り過ぎていることと覆います。

早くお伝えしたかったので一気にかきました。誤字脱字がたくさんあると思いますが、ご了承くださいね^^

5千円の壁を乗り越えるノウハウは後々かならず収益アップで使いますので大切です。あきらめずに経験を積んで下さい。

タイトルとURLをコピーしました