苦手な人でも簡単にできる「Wordfence」の設定方法

ブログの始め方
この記事は約4分で読めます。

WordPressブログのセキュリティ対策では、プラグイン「Wordfence」が有名で多くの方が利用しています。

しかし、全て英語で書かれたプラグインなので、苦手な人でも簡単に設定することが出来る方法を紹介します。

スポンサーリンク

「Wordfence」の特徴

セキュリティ対策のプラグイン「Wordfence 」は、次の機能があります。

  • ファイアウォール
  • ウイルススキャン
  • IPブロック
  • ライブトラフィック
  • ログインの安全性の確保

難しそうな機能がそろっていますが、簡単にまとめると一般的なサイトへの攻撃をはじめ、WordPress内部への攻撃、テーマやプラグインへの攻撃など高度な攻撃を防いでくれるプラグインです。

有料版と無料版がありますが、無料版でも十分なセキュリティ対策が可能です。

今回は無料版のプラグイン「Wordfence」を設定したいと思います。

「Wordfence」のダウンロード

WordPressのダッシュボードのプラグインから「Wordfence」をインストールし有効化をクリックします。

プラグイン「Wordfence」を有効化します。

Wordfenceを使用するための設定を行います。

有効化すると、下記の表示になります

(1)連絡用、メーリングリスト用等に使うメールアドレスを①に入力します。

(2)セキュリティに関するメールを受け取る場合は②「YES」にチェックを入れます。

(3)プライバシーポリシー等を承諾するので③にチェックを入れます。

(4)最後に④の「CONTINUE」をクリックします。

次に、有料版への加入表示が出ます。

ここでは、有料版はいらないので「No Thanks」をクリックします。

ここまでで、「Wordfence」のインストールは終了します。

WordfenceのDashboard(ダッシュボード)から設定します。

WordPressのダッシュボードに「Wordfence」が追加されましたのでクリックします。

さらに「Wordfence」メニューの「Dashboard」をクリックします。

すると下の表示がでます。ここはダッシュボードの説明なので✖印をクリックして飛ばします。

ダッシュボードの説明

すると、「Wordfence」のダッシュボードの上に表示が出ます。

ここでは、Firewallのファイルを最適化する設定を行います。更新する設定を行います。

「CLIC HERE TO CONFIGURE」をクリックします。

「.HTACCESS」ファイルの最適化をします。

次に以下の画面が表示されます。

ここでは、ファイアーウォールの「.HTACCESS」ファイルを更新(最適化)するのですが、万が一失敗したときのためにファイルをダウンロードして保管しておきます。

通常のダウンロードと同じ手順です。

「DOWNLOAD .HTACCESS」をクリックしてファイルをダウンロードします。

ファイル名は現在のサイトURLが入った名称で作成されますので、どこか分かる場所に保存してください。

それが終わると次は「CONTINUE」をクリックします。

「DOWNLOAD .HTACCESS」のダウンロード

ここでインストールと設定は終わります。

成功すると以下の表示になります。

インストール成功の写真

無料版の「Wordfence」のインストールはこれで終了しました。

特に他の詳細設定をせずにデフォルトのままで、制度の高いセキュリティ対策利用は可能です。

その他、以下のメッセージが残っていると思います。自動アップデートを希望するかですが、必要に応じて選択してください。

私は、テストもあるので「YES」にしました。

しかし、さらに詳細は設定をされる場合は、「Wordfence」のダッシュボードから各項目を読んで行ってください。

早速注意の各種メールが来ました

最初に入力したメールアドレスに、様々なメールが来ました。すべて英文なので訳して読みます。

その中で「プラグイン」の注意をしてきました。すでにアップデートが3年もされていないので大丈夫か?というチェックが早速はいりました。

今のところ古いプラグインで6個が指摘されました。

その他に、有料版への案内など、いろいろ届いています。

おわりに

セキュリティ対策プラグイン「Wordfence」のインストールから設定までを説明しました。

以前の説明記事を読むと、途中でメールが来て確認をするようですが、今回2019年12月段階ではそのステップはありませんでした。

これで様々な攻撃からサイトを守ることが出来るようになりました。

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました